受け口は歯の向きと関係があるの?

歯の生える向きや位置などによって受け口になってしまうことがあります


受け口は遺伝の場合も多いですが、歯の生える向きや最初に生えてきた前歯の位置などによって受け口となることがあります。

歯並びを悪くしてしまうような習慣や癖があれば、たとえ生えてきた歯並びが受け口でなくても、その後受け口になってしまうこともあります。

受け口は施術をすることで治すことができますが、受け口の原因となってしまうような習慣や癖を改善していくことも大切です。

遺伝や習慣が原因で歯の向きが乱れてしまうことがあります

受け口の原因はいくつか考えられます。

遺伝的要因

顔が親に似るように、顎の形や大きさも遺伝します。

特に顎先など下顎は遺伝しやすい傾向にあると言われています。

最初に生える前歯の位置

永久歯はだいたい6歳に生えてきますが、その際に何らかの原因により上下の前歯の位置が反対になってしまうことがあります。

するとその歯を基準として噛み合わせが反対のまま成長してしまいます。

歯の生える向き

受け口は顎の成長がアンバランスなことが原因の場合も多いのですが、歯の生える向きや方向などによっても受け口となってしまうことがあります。

上の歯が内向きに、下の歯が外向きになっている場合などは、受け口になってしまうことが多いです。

歯に力がかかる習慣や癖

「歯並びが決まるのは子供のうちだけ」だと思っている方が多いですが、実は大人になってからでも移動するため歯並びは変化します。

歯はわずかな力でもかかり続ければ動いていくため、歯を押してしまうような習慣や癖がある場合は歯並びが悪化することがあります。

次のような習慣や癖がある人は、できるだけすぐに改善していきましょう。

  • 口呼吸
  • 頬杖をつく
  • うつぶせ寝
  • いつも同じ方向を下にして寝る
  • 舌で前歯を押す癖

受け口は奥歯に負担がかかり、将来すり減りやすくなってしまいます


受け口は見た目が悪いだけでなく、虫歯や歯周病にかかるリスクを高めたり、サ行やラ行の発音がしにくかったりとデメリットが多いです。

また、通常前歯は食べ物を噛み切る役割をしていますが、受け口は前歯の噛み合わせが正常と反対になっているため、食べ物をうまく噛み切ることができません。

奥歯でうまくすり潰すことができるのであれば、食べ物をしっかりと噛み砕くことは可能ですが、中度~重度の受け口の場合は奥歯の歯並びや噛み合わせも悪いことが多いです。

そのため、食べ物をしっかりと噛み砕かないまま飲み込んでしまうことが多く、噛み合わせが正常の人に比べて胃に負担がかかりやすく消化不良にもなりやすいと言われています。

前歯の機能が悪いために奥歯に負担がかかりやすいため、加齢に伴い奥歯のすり減りが通常よりも早くなってしまいがちです。

受け口は歯を失いやすい歯並びと言えるでしょう。

さらにこのような噛み合わせは顎関節に負担がかかりやすく、顎の痛みや顎関節症にもつながりやすいと言われています。

受け口は矯正などの施術を受ければ、改善することができます

見た目だけでなく口の中や身体の健康にも関係している受け口ですが、矯正などの施術を受けることで改善することができます。

「大人になってからではもう遅い」と思っている方も多いですが、矯正の施術は何歳からでも受けることができます。

大人の受け口を改善する施術方法は、大きくわけて次の3つです。

歯列矯正

一般的に「矯正」と呼ばれている方法で、ワイヤーやブラケットなどの装置を使ったワイヤー矯正や、マウスピースを使ったマウスピース矯正などがあります。

骨格的な原因がなく、歯の生えている位置や向きなどが原因の受け口の場合に適応されることが多いです。

ただし下の歯が大きいなど、前歯を後方へ引っ込めても全ての歯を並べることができない場合は、抜歯が必要になることもあります。

セラミック矯正

こちらも骨格的な問題がない場合、前歯を削ってセラミック製の差し歯を並べて歯並びを改善します。

差し歯の土台で歯の向きを変えることにより、歯並びを整えていきます。

非常に審美性に優れた差し歯なので、歯の色も白くさせ口元を美しくすることができます。

外科的な施術

骨格的な問題があり、上記の施術だけでは受け口を改善できない場合は、外科的な施術が必要になる場合もあります。

施術内容としては下顎の骨を歯が付いた状態で骨切りし、後方へと移動させて固定したり、大きすぎる下顎の骨を切ったりします。

(まとめ)受け口は歯の向きと関係があるの?

1.歯の生える向きや位置などによって受け口になってしまうことがあります

遺伝的要素も大きいですが、最初に生える前歯の位置や習慣などにより、歯の生える向きが乱れてしまうことでも受け口となってしまうことがあります。

受け口はさまざまなリスクを高める可能性があるため、早期に施術することをおすすめします。

2.遺伝や習慣が原因で歯の向きが乱れてしまうことがあります

受け口は遺伝しやすいと言われていますが、大人になってからでも歯に力がかかり続ければ、歯は動いて歯の向きが変化することがあります。

また、離乳が遅れたりいつまでもおしゃぶりをしていたりした人は、受け口になりやすい傾向にあります。

3.受け口は奥歯に負担がかかり、将来すり減りやすくなってしまいます

受け口は前歯で食べ物を噛み切ることができず、食べ物を丸呑みする習慣が付きやすく、消化不良を起こしやすい傾向にあります。

また、前歯がうまく機能しないことで、奥歯に負担がかかり、すり減りが早く歯を失いやすい傾向にあります。

4.受け口は矯正などの施術を受ければ、改善することができます

大人の受け口の施術方法は、「歯列矯正」、「セラミック矯正」、「外科的な施術」の3つに大きくわけることができます。

どの施術を選択するかは、歯並びなどの状況にもよるので、施術を受けたい場合はクリニックに相談だけでもしてみるといいでしょう。

1400
Return Top