受け口の矯正は40代でも可能?

受け口の矯正は40代でも可能といえます


40代以上の方で受け口の改善を考えた場合、年齢のために歯が動きにくくなっていることを理由に矯正は無理だと断る医院もあるかもしれません。

しかし、実は40代以上の方でも矯正は可能であり、十分に受け口の歯並びを改善することは期待できます。

若い方と同じように矯正をすることができ、費用や矯正の期間も若い方と違いはないといえます。

40代で受け口の矯正を行う方も多くいます

40歳では受け口の矯正は難しいと思われている方もいるかもしれません。

歯科医院を訪れて施術を受けようとしても、年齢のために矯正するのは難しいと、施術自体を断られるというような方もいます。

年齢を重ねると歯が動きにくいと言われていますので、歯を動かす矯正は40代では難しいとなる場合があるようです。

しかし受け口になっており、歯並びを改善したいと考えるなら、実は40代でも矯正は十分に可能です。

大人になってから歯科矯正をする方は大勢おり、60代や70代の方で行なう方は少ないですが、40代の方で行なう方も大勢います。

ただし行なうときは、虫歯や歯周病があれば、先にそれらを施術して改善します。

また年齢を重ねると、歯が動きにくくなるので、矯正期間は若干長くなる可能性はあります。

何よりも矯正で気をつけるべきことは、40代以上となると矯正しても歯が元の位置に戻りやすいので、矯正後のリテーナーを使った保定は、しっかりと行なうようにします。

この保定期間も、若い人の時よりも40代以上の方では、長くなることが多いです。

受け口を矯正するとメリットがたくさんあります


40代となると仕事で忙しくなる時期であり、何かと時間に追われることが多いです。

そんな忙しい時でも、じっくりと時間を作って受け口の矯正を行なうと、受け口で支障が出ていたことが改善できます。

歯周病になりにくい

矯正することによって、歯並びを良くすると、歯磨きがしやすくなります。

そのために、歯石や歯垢が溜まりにくくなり、歯周病になるリスクを減らします。

また歯周病の施術を行なうにしても、歯並びが良くなっているので、施術しやすくなります。

しっかり噛める

歯並びが悪いと食べ物をきちんと噛むことができません。

また噛みやすい歯で噛むために、歯に偏った負担をかけてしまいます。

食べ物をしっかりと噛めるようになるので、食事がしやすくなるというばかりでなく、歯にも均等に負荷がかかるので、知覚過敏を起こすなどのリスクも減らせます。

良く噛んで食べることは、消化も良くして、胃にも優しいです。

コンプレックスを解消

受け口の矯正を行なうと、長年の見た目のコンプレックスも解消できます。

歯を見せることや、笑うこともためらうことが無くなり、見た目のコンプレックスが解消されると精神的にも楽になります。

40代での矯正はセラミック矯正が適しています

40代での矯正となると、若いときとは違い、若い人とは口の中の歯茎や筋肉が違ってきているので、いくつかのリスクはあります。

歯茎が下がる危険がある

歯周病や加齢によってすでに歯茎が下がっていると、矯正で歯を動かすと、さらに歯茎が下がることがあります。

歯が重なっているような部分を矯正すると、歯の根本に隙間が目立つようになる場合もあります。

その結果として知覚過敏になることもあります。

歯の移動が遅い

矯正方法としてはブラケット矯正などが一般的です。

そのときに歯を動かす場合、歯の周囲の組織と一緒に歯が動くので、これらの組織の新陳代謝が動くスピードに大きく関わります。

年齢を重ねて代謝が落ちている方ほど、歯の動くスピードは遅いです。

また先にも記載したとおり動かした歯が、後戻りしやすいので、保定をしっかりと行なわないとなりません。

そのため、40代の矯正は、歯をゆっくり動かして矯正するブラケット矯正よりも、歯を削って人工の歯を被せるセラミック矯正の方が適しているといえます。

セラミック矯正は歯を動かす必要はなく、短期間で矯正が完了するメリットがあります。

(まとめ)受け口の矯正は40代でも可能?

1.受け口の矯正は40代でも可能といえます

40代以上の方でも受け口の矯正をして、歯並びを改善することは可能です。

高齢になったとしても、受け口の矯正を行なうときは、施術方法や費用、矯正期間などは若い方と違いはありません。

2.40代で受け口の矯正を行う方も多くいます

40代になったとしても、受け口の矯正は十分に可能です。

ただし歯が動きにくくなっているので、矯正期間は長くなることが多く、また矯正後の保定のためのリテーナー取り付け期間も長くなります。

3.受け口を矯正するとメリットがたくさんあります

40代でも受け口の矯正をして、歯並びを改善すると、メリットがいくつもあります。

歯周病になりにくくなる、食べ物をしっかりと噛める、コンプレックスを解消できるなどのメリットがあるのです。

4.40代での矯正はセラミック矯正が適しています

40代で受け口の矯正を行なうと、いくつかのリスクは伴う場合があります。

矯正によって歯茎が下がることや、歯の移動が遅く矯正期間が長引くことがあるかもしれません。

これらのリスクを避けるためには、セラミック矯正が適しているといえます。

1004
Return Top