受け口の矯正で歯の逆転を改善できる?

受け口の矯正で歯の逆転の改善が期待できます


受け口というのは、上の歯よりも下の歯が前に出ている状態であり、通常の歯の状態と逆転しています。

歯が噛み合わなくなりますので、いろいろな弊害も出てきます。

受け口を改善するならば、矯正によって行なうことができ、歯並びや見た目を良くすることも期待できます。

矯正といってもその方法はいくつもありますので、お客様に一番適した方法で行なっていきます。

矯正方法はブラケット矯正やセラミック矯正など様々あります

受け口の歯の逆転を改善するには、ブラケット矯正が一般的といわれています。

この矯正方法は、歯の1本1本にブラケットを装着し、ワイヤーで固定し、徐々に歯を動かして正しい位置にして、噛み合わせなどを正しくしていきます。

歯の傾きやねじれを改善できますので、歯が逆転している場合でも、これも改善できます。

ただし、ブラケット矯正の場合は、数年間施術を行なわねばならず、時間はかかります。

また受け口ので歯の逆転が軽度である場合は、簡易的な方法としてセラミック矯正もあります。

歯を部分的に削って、セラミックの歯を被せることで、歯の形を変えて逆転した歯を改善していきます。

こちらはブラケット矯正に比べると、短期間で行なうことができます。

ワイヤーなどの器具を取り付けることもないため、矯正をしていることを周囲に知られたくない場合にも適しています。

もしも歯が逆転し顎にまで影響がある場合は、外科矯正で改善していきます。

これは、外科的な施術を行なう方法であり、顎や歯の位置を施術で強制的に動かし改善します。

ブラケット矯正だけでは、どうしても改善が難しいという場合に、外科矯正を併用します。

矯正は逆転していることに気づいたときに行なうと良いです


歯が逆転し受け口になっているのであれば、いつ矯正を行なうべきなのかというと、歯の逆転に気づいたときに行なうのが良いです。

受け口になる原因としては大きく2つあり、遺伝によって元から前歯が出ている、歯の生え方が悪くて歯が逆転している、日頃から舌で歯を押すような癖があり歯が動き逆転する場合などがあります。

噛み合わせが悪くなっているので、日常生活にも支障が出てきます。

食べ物を噛みにくい、話しにくい、発音しにくい、歯磨きがしにくい、などと様々な弊害が起きるのです。

このために、受け口になっていると気づいたら、すぐに施術を始めるのが良く、受け口を改善するとこれらの弊害も改善できます。

また、どのような矯正方法を行なうにしても、それなりに矯正期間はかかりますので、じっくりと取り組んでいくようにします。

転勤や転校、引っ越しが多く忙しいような時期には矯正はしない方が良いでしょう。

矯正は、開始から完了するまで同じ歯科医院で行ない、アフターケアもしてもらった方が良いため、1年などその医院に通えるときに行なうのが良いです。

受け口を矯正するとメリットがあります

受け口は、人に笑顔を見せるのをためらったり、見た目が良くなかったりなど外見に消極的になることや、食べ物が噛みにくいなど歯並びに関する悩みなどが発生します。

しかし、矯正によって受け口を改善すると、いくつものメリットが生まれます。

そして日常生活も送りやすくなり、歯並びや見た目に関する悩みも改善することができます。

虫歯や歯周病になりにくい

歯並びが改善し良くなりますので、歯の隙間などの少なくなり、これによって歯磨きがしやすくなります。

歯磨きがしやすいと、虫歯や歯周病になりにくくなります。

物を噛める

噛み合わせが良くなれば、歯に負担がかからず、十分に物を噛めるようになります。

しっかりと噛めるので、食べ物を十分に味わうことができ、胃腸への負担も軽くなります。

十分に噛んで食べると、消化にも良いので、健康にも良いのです。

歯の施術をしやすくなる

虫歯で被せ物をするにしても、噛み合わせが悪いと、自然と外れることがあります。

受け口の矯正をすると、歯にかかる力の負担が減り、詰め物や被せ物もしやすく、施術もしやすくなります。

顎への負担が減る

噛み合わせが悪いと、顎への負担も多く、顎が痛くなることもあります。

受け口を改善すると、顎への負担も減り、顎の筋肉や関節の痛みもなくなります。

(まとめ)受け口の矯正で歯の逆転を改善できる?

1.受け口の矯正で歯の逆転の改善が期待できます

受け口で上の歯よりも下の歯が前に出て、歯の並びが逆転している場合は、矯正で改善が可能です。

矯正すると見た目や歯並びを良くすることができ、矯正方法にはいくつか種類があります。

2.矯正方法はブラケット矯正やセラミック矯正など様々あります

歯が逆転している時の矯正方法としては、ブラケット矯正やセラミック矯正があります。

さらには、顎にも影響が出て歯が逆転している場合には、外科矯正を行ない改善していきます。

3.矯正は逆転していることに気づいたときに行なうと良いです

受け口の矯正は、歯の逆転に気がついたときにすぐに行なうのが良いです。

放っておくと日常生活にも支障が出るので、それらを改善するためにも、矯正は早めに始めた方が良いです。

4.受け口を矯正するとメリットがあります

受け口を改善すると、様々なメリットが生まれます。

虫歯や歯周病になりにくくなる、物を噛める、虫歯や歯周病の施術がしやすい、顎への負担が減るなど、いくつものメリットがあります。

889
Return Top