受け口になると顔の歪みが発生する?

受け口で顔の歪みが発生する場合もあります


受け口になる原因としては、歯だけ前に出ている場合、または顎もずれて歯に影響が出ている場合の2種類あります。

そして受け口でも、特に顎にも影響が出ている場合は、顔の歪みも発生しやすいです。

顔の歪みは、下顎の成長異常で起きることが多いため、受け口の原因が顎のずれであれば、顔の歪みも発生しやすいのです。

ただし、なかには歯並びが悪く、それも顔の歪みを起こすということもあります。

顔の歪みは下顎のずれが原因で起きることが多いです

顔の歪みというのは、受け口が原因で引き起こっているならば、下顎の異常が関係していると考えられます。

顎の左右で成長に差がある、または左右どちらかが歪みバランスが悪くなるなどで顔の歪みも起きます。

もしも顔の歪みも発生しているならば、受け口の治療は歯並びの改善のみならず、顔全体の歪み改善も考える必要があります。

ただ下顎の異常だけが原因でないこともあります。

下顎は左右の関節で頭蓋に繋がっており、3つの靱帯と筋肉でぶら下がっているに過ぎず、強力に固定はされていません。

下顎がぶら下がっているような状態なので、生活習慣や癖、上下の歯の状態でもすぐに顎はずれていきます。

たとえば歯並びが乱れているので、顎にも影響を与えており、顔の歪みも発生させていることもあります。

受け口になっているような方でも、顔の歪みも発生している方もいます。

それは顎に原因があり起きている場合や、その他頬杖を付くような癖、歯並びが悪いなども関係していることがあります。

顔の歪みはいろいろな弊害をもたらします


顔の歪みは、見た目に変化があるので、見ただけでも歪んでいるとわかります。

顔が歪み顎がずれているような場合は、口周辺に影響を及ぼします。

たとえば、下記のような影響がみられます。

  • 口を大きく開けられない
  • 口を開けると顎から音がする
  • 口がまっすぐに開かない

通常は口は開けると指3本が入る以上に開きますが、そこまで口が開かないということもあります。

顎の歪みから、顎関節の痛み、頭痛やめまい、耳鳴りや肩こりも発生し、年中これらに悩まされる方もいます。

歪みが酷いと、口がほとんど開けられず、食事するのが苦労する、言葉を話すのが大変だということもあります。

痛みが出ると口を動かすこともまともできなくなり、話をする、食事をするなど、日常生活のあらゆる部分に影響が出てきて、痛みが酷いと眠れないということもあります。

人によって痛みが続く、または痛みは発生してもすぐ収まるという方と様々です。

また、本来は使えるはずの顎周辺の筋肉を使わなくなるため、その部分の血行が悪くなり、むくみやすくもなります。

血行が悪くなると、お肌のハリや血色にも影響を与えます。

何よりも顔の歪みが発生すると見た目が悪くなるので、化粧しても上手く決まらないなどのこともあり、第一印象を悪くしてしまいます。

顔の歪みは、歪んだらその状態で止まるのではなく、年々歪みが酷くなっていくという場合もあり、こうなると顎の痛みや頭痛もどんどん酷くなっていきます。

歯科矯正や顎矯正の施術を行ない改善します

顔の歪みが出ている場合は、まずは何が原因で歪んでいるのかを明確にしないとなりません。

それによって改善するには何を行なうかも違ってきます。

歯並びが原因であるか、骨格や顎が原因であるか、顔の筋肉が原因なのかを探る必要があります。

歯並びが原因であれば歯並びを改善すれば良く、骨格や顎が原因になっている場合は顎矯正手術が必要となります。

顎矯正手術にしても、上顎や下顎などの骨全体を手術で移動させる、または顎の骨の一部を切って動かし改善する方法があります。

手術を行なうとなると麻酔をして行なうので、痛みはありません。

中には骨格や顎が原因で顔が歪んでいるけど、そこまで歪みは酷くないという場合もあります。

大きく顔が歪んでいると手術した方が良いですが、このような僅かな歪みのケースでは、手術してまで改善すべきかどうか判断に悩むこともあります。

まずは歯科医院などに行って、何が原因で歪んでいるのかを明確にして、その後医師の方とよく相談し、どのように施術していくか決めるのが良いでしょう。

(まとめ)受け口になると顔の歪みが発生する?

1.受け口で顔の歪みが発生する場合もあります

受け口になると、歯だけ影響がある方、または顎にも異常があるような方がいます。

顔の歪みが発生する場合としては、受け口の原因が特に顎の異常である場合に多いといえます。

2.顔の歪みは下顎のずれが原因で起きることが多いです

顔の歪みが発生するのは、受け口の原因が下顎に異常がある場合だと考えられます。

しかし、その他にも、頬杖を付いて顎に負担をかける癖がある、歯並びが乱れているなどの原因でも顔の歪みが起きることがあります。

3.顔の歪みは色々な弊害をもたらします

顔が歪むと顎にも歪みが生じるため、それにともない色々な弊害が出ます。

顎の関節や筋肉が痛くなる、頭痛やめまいが起きる、口を大きく開けられなくなるなどのことが起きるのです。

4.歯科矯正や顎矯正の施術を行ない改善します

顔の歪みが起きている場合は、歯科矯正か顎矯正手術を行い改善することが可能です。

歯並びが原因か、顎や骨格が原因かでも施術方法が変わってきますので、まずは原因をはっきりとさせるようにします。

1523
Return Top