ラミネートベニアは受け口を治してからにすべき?

受け口の矯正や施術をしてからラミネートベニアをするほうが安心といえます


ラミネートベニアは歯を美しくする方法の一つとして注目されていますが、歯の噛み合わせの不具合などによっては割れてしまう可能性もあります。

受け口などの悩みを抱えている人の場合、矯正や外科的な施術を施して良い噛み合わせを作ってからラミネートベニアなどを考えたほうが良いといえます。

いずれにしても専門家の意見をしっかりと聞いてから決めましょう。

ラミネートベニアは短期間で歯を美しくしてくれます

歯を白くキレイにする方法としては「ホワイトニング」という言葉が一番よく知られているかもしれません。

もちろんホワイトニングも歯を美しくするための良い方法ですが、他にも便利なものがあります。

それがラミネートベニアです。

ラミネートベニアではセラミック製の薄いチップを貼るという方法ですが、ホワイトニングなどよりも短期間で完了するため人気が出てきています。

イメージとしてはネイルチップなどを思い浮かべてもらえるとわかりやすいかもしれません。

もちろん簡単に取れるようなものではありません。

ラミネートベニアだと白い歯を手に入れるだけでなく、歯の形を修正することも可能です。

ただしラミネートベニアは自分の歯を削る必要がありますし、一度貼ると基本的に外せないためよく相談して慎重に検討することが大切でしょう。

そしてホワイトニングなどと違い施術をおこなっている医院がまだ限られているようです。

大人になってからでも歯列矯正をする価値があります


大人になってからでも歯の矯正をしたいと考える人が増えているといいます。

20代や30代の方はもちろん、もっと年配の方でも矯正を考える方がいます。

一つには歯の状態を良くすることが、口内だけでなく身体の健康とも関連があるという知識や認識が広まってきたのが要因だと考えられます。

実際のところ受け口をはじめとする口元の悩みゆえに噛み合わせなどが悪い状態でいると、胃腸の不良や肩こり、頭痛など様々な症状に悩まされる可能性があります。

さらに歯を良い状態に保つことは今流行りのアンチエイジングにおいても非常に重要な意味を持つといえます。

若々しく健康でいるためにも歯の健康が重要だといえるのです。

もしも噛み合わせが悪い状態で年齢を重ねていくと、食生活の質の低下につながるかもしれず、健康に影響が及びます。

さらに口臭や口元の見た目のコンプレックスがあると、人とのコミュニケーションに支障をきたすこともあるかもしれません。

現在歯科の世界では歯のケアから始めるアンチエイジングを広めようとしています。

いつまでも健康な歯でおいしく食事をしたり、人とコミュニケーションをとったり笑顔を見せたりすることにより、幸福で爽やかな状態を手に入れることがすすめられているのです。

人間にとって噛む能力は非常に大事です

受け口を放置すると思っている以上に様々な弊害があるとも言われています。

見た目の悪さだけがクローズアップされがちですが、実は外見上のコンプレックス以上に身体に負担がかかる可能性があるのです。

受け口と一口にいっても、歯の問題でそうなっているのか、それとも顎の骨格の問題でなってしまっているのかは人によって違いがあります。

そのため受け口の人でも歯の噛み合わせがどのような状態かは人それぞれでしょう。

しかし噛み合わせが悪いのであれば、食べ物の咀嚼が従来よりもできていない可能性があります。

噛む能力が低下してしまうと、胃腸に負担をかけてしまったり、噛むときに無理な力がかかってしまったりします。

他にも頭痛や肩こりなど様々な体調面でのトラブルにもつながりかねないので、歯の噛み合わせというのは非常に重要な事柄だということがわかります。

そういった意味でも受け口は放置せずに矯正し、歯の噛み合わせなどもしっかりと治すようにしたいものです。

さらに受け口を放置すると発音障害の可能性もあります。

顕著な例としては受け口のせいでサ行の発音がしにくくなるということがあります。

早めの対策が大事ですので、できれば子供のうちに矯正を始めるのがおすすめです。

(まとめ)ラミネートベニアは受け口を治してからにすべき?

1.受け口の矯正や施術をしてからラミネートベニアをするほうが安心といえます

ラミネートベニアは歯の噛み合わせが悪かったりすると割れてしまうこともあります。

受け口などで噛み合わせの問題がある場合は、それを先に治してからラミネートベニアの使用を考えたほうが良いかもしれません。

2.ラミネートベニアは短期間で歯を美しくしてくれます

ラミネートベニアは薄いセラミックのチップを歯に貼り付けるという施術方法ですが、ホワイトニングなどよりも短期間で白い歯が手に入ります。

一方で自分の歯を削らなければいけないので慎重に検討することが必要です。

3.大人になってからでも歯列矯正をする価値があります

大人になってからの歯列矯正に興味を示す方が増えているようですが、歯を良い状態に保つことはアンチエイジングにもつながるという認識が広まってきています。

見た目のコンプレックスの解消と共に健全な食習慣などを守ることができます。

4.人間にとって噛む能力は非常に大事です

受け口の人の場合は歯の噛み合わせも悪くなっている可能性があり、噛み合わせの悪さは胃腸への過度な負担につながってしまう可能性もあります。

ほかにも受け口は発音障害につながる可能性もあるので、やはり子供のうちに矯正を始めるのが良いといえます。

1081
Return Top