湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

受け口とよだれの多さには関係がある?

受け口で噛み合わせが悪いと唾液過多になり、よだれが多く出る場合があります


周囲からの見た目ばかりが気になりがちな受け口などの悩みですが、実は体調面や精神面など様々な点で弊害が出る可能性があります。

その一つがよだれが出やすいという問題です。

受け口の人すべてに共通した問題ではないかもしれませんが、噛み合わせが悪いことによって唾液の分泌が過多になってしまうことが有り得るのです。

受け口の人の場合、よだれが垂れやすいなどの悩みが発生する可能性があります。

口元のエチケット向上のためにも受け口の矯正が大事です

ある程度大人になってからよだれが垂れるというのは誰でも悩みの種になります。

特に寝ているときは自分の意識がないですから、起きたら枕によだれがなんてことになると困ってしまいます。

そうした口元のエチケットを向上させるためにも受け口の矯正はしたほうが良いでしょう。

こうしたケースのよだれは歯の噛み合わせが悪いために、唾液量も多くなり起こってしまう可能性が高いです。

場合によっては矯正器具を付け始めて余計によだれの問題が生じることもあるといえますが、やはりしっかりと治して口元を美しくするほうが良いのではないでしょうか。

歯の噛み合わせが悪いという状態はよだれだけでなく様々な問題を引き起こす可能性があります。

受け口が気になるならば、早めに矯正を始めたほうが良いといえるでしょう。

受け口の矯正は積極的に行ったほうが良いといえます


受け口は及ぼす影響や弊害としては、精神的な面と自生活の面があります。

受け口によって見た目のコンプレックスが生じ、特に女性であればそれが長年の精神的悩みの種になっている可能性もあります。

そうしたコンプレックスは性格や生き方にも影響してきますので、強いては人生に影響を及ぼしていると言っても過言ではないはずです。

実際受け口を治すことによって劇的に顔の印象が変わるケースもありますので、受け口の矯正をすることによって明るい自信溢れる性格になれるという可能性もあるのです。

見た目のコンプレックスで悩んでいる人はぜひ専門医に相談してみることをおすすめします。

見た目以外に懸念される影響としては、受け口によって歯の噛み合わせが悪くなっており、歯と歯の間に隙間が生じ、虫歯や歯周病ができやすくなるというものです。

噛み合わせが悪ければ食物の咀嚼も十分にできていない可能性が高いので、その状態で食べ物を飲み込んでいるとやがて胃腸に負担がかかり過ぎてしまうかもしれません。

年齢とともに内蔵機能が低下してきたときにそうした問題が表面化する恐れもありますので、早めに受け口の対処をしておくことは賢い選択と言えるのではないでしょうか。

受け口の矯正だけでなく歯そのもののクリーニングも大事です

一度受け口の矯正を行って悩みが解決したとしても、歯自体のケアを怠ってしまうとせっかくの口元が台無しになってしまいます。

歯そのものをキレイに保つためにもクリーニングやホワイトニングを積極的にしていくのは良いことです。

ところでクリーニングとホワイトニングには違いがあるのでしょうか。

まずクリーニングというのは簡単に言うと歯の表面に付着している汚れを掃除する作業のことです。

歯石や歯垢などを超音波スケーラーやハンドスケーラーを用いて取り除いていきます。

クリーニングでも数回に分けて施術するのが一般的です。

こうした歯の表面の汚れを取り除くことによって虫歯や歯周病の原因を早めになくすことが可能になります。

しかしクリーニングはあくまで表面の汚れを取り除くだけなので、もしも歯そのものが変色してしまっていたりすると、クリーニングをしても白いキレイな歯になるとは限りません。

そのような場合にはホワイトニングが必要になってきます。

漂白やブリーチングという言い方もしますが、ホワイトニングは過酸化水素を使用して葉に染み込んだ着色成分を分解し漂白して歯を白くしていくという方法です。

これにはオフィスホワイトニングと家庭でできるホームホワイトニングがあります。

(まとめ)受け口とよだれの多さには関係がある?

1.受け口で噛み合わせが悪いと唾液過多になり、よだれが多く出る場合があります

歯の噛み合わせが悪いと様々な弊害が出るものです。

その一つが唾液過多によるよだれの問題です。

受け口などの悩みを持っている方は噛み合わせが悪く、こうしたよだれの問題を抱える可能性もあることを覚えておきましょう。

2.口元のエチケット向上のためにも受け口の矯正が大事です

受け口によって歯の噛み合わせが悪く、唾液が多く分泌されよだれの問題が生じる可能性があります。

そのため、口元のエチケットのためにも早い段階で受け口の矯正に踏み切るほうが良いかもしれません。

3.受け口の矯正は積極的に行ったほうが良いといえます

受け口は精神的にも体調的にも弊害となる可能性があります。

見た目が常にコンプレックスになっているという人もいるといえますし、受け口が影響して歯の噛み合わせが悪くなり、それが虫歯や歯周病、胃腸の不調などにもつながっている可能性があるのです。

4.受け口の矯正だけでなく歯そのもののクリーニングも大事です

歯をきれいにするためにはクリーニングやホワイトニングをする必要があるかもしれません。

クリーニングは歯の表面に付着している汚れを落とすだけですが、ホワイトニングは歯に染み込んだ汚れも分解します。

568
Return Top