湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

受け口の施術をするとむくみが気になる?

受け口の施術後むくみは3ヶ月くらいで引いてくることが一般的です


外科的な方法で受け口を改善しようとする場合、どうしても施術後は腫れなどもあるようですが、腫れ自体は2週間ほどで消えていき、顔のむくみも施術後3ヶ月くらいで落ち着いてくるのが一般的です。

こうした要素も含めて受け口の矯正やそのほかの対処方法を考えていく必要があるので、専門家とよく話し合う必要があります。

受け口の外科矯正は効果的といえます

受け口の矯正を矯正器具でやる場合と違い、外科矯正で施術する場合は受け口自体はすぐに治すことができるといえます。

もちろんそれですべて終わりではなく、歯の噛み合わせなどを調整したり矯正したりしていくのに時間はかかりますが、それでもやはり外科矯正は効果が高いと言えるのではないでしょうか。

外科的施術は入院を含む大掛かりな施術となるために、時間的にも精神的にも踏み出せない人もいるかもしれません。

しかし受け口の矯正はその後の人生においてメンタル面でも健康面でも大きなメリットがあると言えるので、意を決して矯正するのは一つの方法です。

施術後の顔のむくみなど、その都度気になることもあるかもしれませんが、どのくらいの期間でそうしたむくみが収まるかなども最近は情報が多いので、実際に矯正に踏み切る前に事前情報を仕入れて心構えをしておくことができるでしょう。

受け口の矯正は歯を大事にすることにつながります


受け口という問題は見た目の問題に注意が行きがちですが、見た目のコンプレックス以外にも、歯そのものの健康という点で大切な要素となっています。

日本歯科医師会は「80際で20本の自分の歯を残す」ということを目標にするよう勧めていますが、この目標の達成者のなかに受け口の方は残念ながらいなかったというデータがあります。

つまり受け口というのはそれだけ歯に負担をかけてしまうものだということのようです。

自分自身の歯を長持ちさせるためにもなるべく早い段階で受け口の矯正をしておくことは価値があることと言えるでしょう。

そもそもどうして受け口だと自分の歯を失ってしまうような結果につながるのでしょうか。

受け口の人の場合は歯の噛み合わせに問題が出ているケースが予想されますが、それによって食べかすなどが残りやすくなり、噛み合わせが正常な状態の人と比べると虫歯や歯周病になりやすいというのがその原因のようです。

ただでさえしっかりとケアしないと虫歯や歯周病というのは悩みの種となりますので、とりわけそうした状態になりやすい受け口という状態だと、ケアをいくらしっかりしようとしても難しいという部分があるのかもしれません。

輝く口元で自信をアップさせることができます

受け口の施術をするとかなり劇的にルックスの印象が良くなるという意見が多くみられます。

元々目元や鼻はキレイだったのに、受け口によって悩んでいた方などは、受け口が治るだけでとてもキレイに生まれ変わるケースも多いのです。

口元をキレイに整えることは他の人に好印象を与えるためにも重要なファクターとなっています。

当然、歯の噛み合わせなども矯正しながら整えていくケースが多いと考えられますが、歯そのものの美しさも追い求めていく人が多いことでしょう。

せっかく受け口も治って噛み合わせもよくなったのに歯の表面が汚れていたら台無しになってしまいます。

歯を白く美しくするための方法はホワイトニングなどもありますが、最近ではセラミッククラウンという方法もあります。

この方法は歯の表面を削ってその上から被せ物をするという施術方法です。

こうしたクラウンを用いる方法としては内側に金属を使用するメタルボンドというものと、セラミックだけで形成されているオールセラミックがありますが、メタルボンドの方は金属が含まれているため、金属アレルギーなどの方の場合は使用できません。

そのような場合にはオールセラミックを使用し、自然な歯の色を再現して歯をキレイにすることができます。

(まとめ)受け口の施術をするとむくみが気になる?

1.受け口の施術後むくみは3ヶ月くらいで引いてくることが一般的です

受け口の施術のあとはやはり顔の腫れやむくみというものが一定期間あるのが一般的です。

腫れは2週間ほどで消えていきますが、顔のむくみは3ヶ月くらいかけて引いていきます。

こうした要素も含めて対処方法を考えましょう。

2.受け口の外科矯正は効果的といえます

受け口の外科矯正に踏み切るのは勇気がいるかもしれませんが、効果は期待できます。

施術後の顔のむくみなど気になる点が色々あると考えられますが、たくさんの症例や体験談がネット上でも載せられています。

3.受け口の矯正は歯を大事にすることにつながります

自分自身の歯を大切にしたいというのは多くの人が目指すところだと思いますが、その目標をかなえるためにも受け口の矯正は重要です。

受け口だとどうしても噛み合わせが悪くなり、虫歯や歯周病になりやすい口内環境となってしまうからです。

4.輝く口元で自信をアップさせることができます

歯を美しくする方法として今注目されているのが、クラウンを被せるという方法です。

歯を削ってクラウンを被せるわけですが、金属アレルギーの方でも使用できるオールセラミックのクラウンなどがおすすめの方法となっています。

268
Return Top