湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

受け口だとへの字口になることがあるの?

受け口の悩みの一つにへの字口に見えるということがあります


「への字口」というのは受け口の人のよくある悩みの一つといえます。

文字通りの「へ」という形になっているかは個人差があるとして、少しムッとしたような表情に見えやすいので、別に怒っているわけでも気分を害しているわけでもないのに、他の人からマイナスな印象を持たれてしまう可能性があるのです。

表情の面で損をしてしまうというのは受け口の人たちにとって大きな問題の一つです。

受け口のコンプレックスの一つは表情の問題です

受け口は顔のラインや横顔などがコンプレックスになりやすいですが、それ以前に受け口ゆえに見えてしまう表情の種類という問題もあります。

受け口だとどうしても口元がへの字口のような形になってしまい、怒っていないのに怒っているように見えたり、怪訝な表情をしているように見えたりしてしまうケースが多いです。

こうした表情の問題というのは、人間関係、果ては就職活動などにおいても支障をきたす場合があります。

簡単に言うと受け口による表情によって損をしてしまうことが多くなる可能性があるということですので、なるべく早く矯正して、本来の素敵な笑顔を手に入れたほうが良いのではないでしょうか。

単に歯並びを矯正するよりも、受け口が治ることによって大きく顔の印象が変わるケースが多いといえます。

への字口の改善と共に歯も白く美しくするのがおすすめです


口元のへの字口を改善すると周りからの印象も良くなると期待できますが、それなら同時に歯も白く美しくして、笑ったときにキラリとした歯が見えるようにしたいものです。

歯をキレイにしておくとその人の清潔感というのは増すのではないでしょうか。

一般的にどのような方法で歯を白くキレイにするかというと、ホワイトニングという方法を用います。

ではホワイトニングのメリットとはどのようなものでしょうか。

ホワイトニングとは歯の表面に薬剤を添付して施術するので、自分の歯を削ってしまうことなく白い歯を手に入れられる方法となっています。

歯を削らないということは、歯へのダメージが少ないということなので、何度も施術することが可能な方法です。

あまりに真っ白な歯を嫌がる人もいますが、ホワイトニングは施術の回数や期間を調整することによって自分のイメージ通りの明るさに調整することも可能なようです。

一般的に通って行うオフィスホワイトニングは1~3回ほどの通院でできると言われていますし、自分で行うホームホワイトニングの場合でも2週間~数ヶ月でできるといわれています。

この手軽さがホワイトニングの利点かもしれません。

興味のある方はぜひ挑戦してみてください。

受け口は先天的な場合もあれば後天的な理由の場合もあります

受け口になる原因としては先天的な遺伝の場合もありますが、後天的な原因の場合も少なくありません。

多くの場合小さい頃からのクセや習慣によるものですが、指をしゃぶるクセや上唇を噛んだり下顎を突き出したりするなどのクセや習慣があると受け口になってしまう可能性があります。

それで先天的なものでも後天的なものでも受け口は早期に対処することが望まれています。

長い間、受け口を放置しておくと様々な問題が起きる可能性があるからです。

受け口の人は上下の歯の噛み合わせが悪い可能性が高いので、その噛み合わせの悪さゆえに顎が歪んでしまい、その歪みが徐々に身体の歪みへとつながっていってしまうことも考えられるようです。

身体の歪みは様々な体調不良の原因となってきますので、やはりこうした側面を考えても受け口は早めに矯正したほうが良いということがわかります。

他にも噛み合わせが悪いことからくる弊害というものがあります。

顎に負担がかかると肩こりや頭痛を引き起こしやすくなるというのです。

こうした慢性的な問題に悩まされている方は多いと思いますが、それが受け口に起因するものである可能性もあるので、受け口の矯正はする価値のあるものだと言えるでしょう。

(まとめ)受け口だとへの字口になることがあるの?

1.受け口の悩みの一つにへの字口に見えるということがあります

「への字口」は受け口であるゆえにありがちな表情のタイプで、口元が少しムッとしたような表情になりやすいのです。

そのため本人は普通の表情をしているのに、周りから怒っているとか、愛想が悪いなどの印象を持たれてしまうことがあるといえます。

2.受け口のコンプレックスの一つは表情の問題です

受け口の人の場合どうしても口元の形のせいで、不機嫌そうな表情に勘違いされてしまう傾向が強いかもしれません。

そうした誤解を解消するためにも受け口の矯正がおすすめです。

3.への字口の改善と共に歯も白く美しくするのがおすすめです

歯をきれいにして白くするにはホワイトニングという方法がおすすめです。

通って施術するオフィスホワイトニングや家庭にて自分でできるホームホワイトニングなどの方法がありますが、繰り返し施術可能なもので、歯へのダメージが少ないのが魅力です。

4.受け口は先天的な場合もあれば後天的な理由の場合もあります

受け口になる原因は遺伝的なものもあれば後天的なクセや習慣によるものもあります。

噛み合わせの悪さは顎の歪みへと発展し、さらに身体自体の歪みへとつながる可能性もあるので、早めに矯正することがすすめられています。

501
Return Top