湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

受け口矯正施術後のプレート除去は絶対に必要?

受け口を矯正するための施術後にプレート除去することは絶対に必要というわけではありません

i
受け口の問題で悩んでいる方のなかでも、歯列矯正だけで対処できる場合と、外科的な施術が必要になる場合があります。

外科的な施術をする場合にプレートを用いることがありますが、術後もそのプレートを除去せず身体の中に残ったままにしている人もいるといいます。

もちろんプレート除去の施術をする人も多いといいますが、プレート除去は絶対にしなければいけないということはありません。

吸収性プレートというものも存在しています

外科的な施術を行う場合、固定のためのプレートを使用しますが、このプレートは金属製のプレートが用いられることが一般的でした。

しかし、現在は金属アレルギーの方も多く、身体に入れる類の器具は金属が使われていないものが多くなってきているといえます。

この固定のためのプレートも同様で、現在は金属プレートではなく、吸収性プレートというものが使われてきています。

この吸収性プレートというのはその名の通り、役目を終えたあと身体に吸収されてしまうタイプのものなので、金属が身体に入っているのが嫌だという感覚や、なにかのときにプレートを除去するための施術をまた受けなければならないということがないのです。

こうした物が登場すると外科的な施術に踏み切りやすくなるかもしれません。

口元の審美は周囲からの印象を良くします


受け口の矯正を行う人のうち大多数は見た目の改善を第一の理由として考えているかもしれません。

もちろん受け口やそれにともなう歯の噛み合わせの悪さからくる体調不良などを心配して矯正に踏み切る人もいるでしょうが、なんといっても見た目のコンプレックスから解放されたいという方が多いと考えられます。

そのように受け口が改善されると劇的に顔の印象は変わるものですが、それだけでなく歯そのものを美しくすることによっても周囲からの印象は良いものとなるはずです。

歯を美しく保つことの価値というものは世の中で広く知られるようになっていますが、実際に歯を白くするための施術を経験したことのある人はまだまだ少ないのではないでしょうか。

歯の審美に関する技術は進んでおり、様々な方法が紹介されていますが、いわゆるホワイトニングという方法で歯をキレイにしている人たちも増えてきています。

その名の通り歯をキレイにして白くする作業ですが、ラミネートベニアやセラミッククラウンといった方法と共にホワイトニングも人気の施術の一つです。

芸能人のような美しい白い歯を目指して挑戦してみるのはいかがでしょうか。

大人になっているからといって矯正を諦める必要はないのです

小学生の頃に歯の矯正器具をつけている子を見てもそれほど違和感はなかったかもしれませんが、社会人になってから矯正器具を付けるとなると抵抗を覚える人は少なくないでしょう。

仕事上でも見た目が悪いので嫌だという方もいるかもしれませんが、単に見た目だけの問題ではなく、受け口を含め歯列矯正にはたくさんの健康上のメリットもありますので、大人になってしまったからといって諦める必要はありません。

実は歯列矯正をする大人の人は増えてきているといいます。

様々な情報に通じることができるようになって、歯の状態や噛み合わせの良し悪しがいかに人間の体調に影響を及ぼすかという点で多くの人の認識が上がってきたからかもしれません。

受け口や歯並びの悪さから来る見た目問題に関しては、矯正することによって気持ちも明るくなり笑顔が増えるといった効果があげられています。

もちろん矯正の施術はある程度長い期間がかかるため大変ではありますが、子供時代と違って大人になってからの矯正は自分の意思でやろうと思ってやるわけなので、より前向きに取り組むことができ、しっかりと効果を実感できる人も多いといいます。

すでに大人になっている人でも矯正を諦めないでください。

(まとめ)受け口矯正施術後のプレート除去は絶対に必要?

1.受け口を矯正するための施術後にプレート除去することは絶対に必要というわけではありません

受け口を外科的な施術で対処するには、金属製のプレートなどを用いる場合が少なくありません。

こうしたプレートは術後に除去する場合もあれば、そのまま残しておく場合もあるといいます。

お客様自身や担当医師によっても考え方が違う場合があるといえます。

2.吸収性プレートというものも存在しています

受け口の外科矯正をする場合に以前は金属プレートを使用していました。

現在は吸収性プレートというものが登場しており、身体に吸収されてしまうために後々プレート除去の施術をする必要がありません。

3.口元の審美は周囲からの印象を良くします

口元をきれいにすると周囲の人たちからの印象も良くなるため、受け口の矯正だけでなく、歯を白くするための施術も人気があります。

一般的にはホワイトニングと言われる方法で歯をきれいにする方が多く、短時間で行えるため人気があります。

4.大人になっているからといって矯正を諦める必要はないのです

歯列矯正を大人になってからやる人が増えてきているといいます。

矯正は子供がやるものというイメージを持っている方も多いかもしれませんが、矯正によって単純に見た目の改善だけでなく体調にも良い影響があるという認識が高まっているのかもしれません。

444
Return Top