受け口はプチ整形でも治せるの?

受け口はプチ整形でも治すことができます


受け口の施術といえば一般的なワイヤーやブラケットなどを使う歯列矯正を思い浮かべる人が多いと思いますが、プチ整形でも治すことができます。

歯列矯正の場合は骨格まで改善することができないため、受け口の原因に骨格的な問題があるなど外科的な施術が必要とされる場合に適応されます。

プチ整形をすることで歯並びだけでなく、しゃくれなど骨格的に改善し口元やフェイスラインまで美しくすることができます。

プチ整形とは骨切り術のことを言います

受け口を治すプチ整形とは、「骨切り術」のことを指します。

受け口を改善する骨切り術は2種類あります。

下顎分節骨切り術

下顎分節骨切り術とは抜歯したスペースを利用して顎を引くという施術法です。

通常は左右両方、下の4番目の歯を抜歯し、歯が付いたままの状態で下顎を骨切りし、抜歯したスペース分歯を後方へと移動させます。

施術は口の中から行うため、顔に傷が残ることはありません。

また、下顎分節骨切り術は全身麻酔下で行われるため、眠っている間に施術が終わりますし、痛みも感じません。

費用の相場:35~140万円
施術時間:1~2時間程度
入院期間:2~4日間

下顎枝矢状分割術

下顎枝矢状分割術は抜歯せずに下顎のつけ根あたりの骨を切り、下顎全体を引っ込める施術法です。

下顎枝矢状分割術も口の中で行いますが、顎のエラを数mm程切るため、その部分に目立たないくらいの傷が残ります。

この傷は半年ほどで、薄くなります。

費用の相場:56~76万円
施術時間:1~2時間程度
入院期間:3~10日間

こちらも全身麻酔で施術するため、痛みは感じません。

しかし入院は下顎分節骨切り術よりも長く、8日以上入院することが多いです。

いずれの施術も退院後、半年~1年程度の周期で噛み合わせなどのチェックを行うため、定期的な通院が必要になります。

プチ整形をすれば、顎を引くことができるようになります


受け口は「しゃくれ」とも言われており、顎が前に突き出しているため顎を引くことができません。

プチ整形で骨格的に受け口を改善すれば、骨ごと後方へと移動させるため顎を引くことができるようになります。

そのため歯並びだけでなく、口元や顎、フェイスラインの見た目も美しくなり、理想の顔を手に入れることができるのです。

受け口を改善することでコンプレックスが解消され、精神的なストレスから解放されます。

会話や笑うことへの抵抗がなくなり、自信を持って話したり笑ったりすることができるようになります。

また、受け口が改善されることで、発音や滑舌がよくなるためさらにコミュニケーションを円滑に行うことができるようになるでしょう。

そのほか受け口を改善することで歯並びや噛み合わせが整うため、食事がしやすくなる、虫歯や歯周病にかかりにくくなるなどのメリットがあります。

実績のある歯科医院で行うようにしましょう

最近は美容整形などで気軽にプチ整形ができるような時代になってきています。

ですが、歯並びや噛み合わせは非常に複雑で、施術には高度なスキルや経験が必要になってきます。

美容整形外科などではなく、実績のある歯科などのクリニックで施術を行うことで、より高度で歯にとってもよい施術を受けることができます。

受け口の施術を受ける際に、気を付けておきたいポイントについてご紹介していきます。

プチ整形は実績のある歯科を選ぶ

施術を行うクリニックを選ぶ際は、実績のある歯科を選ぶようにしましょう。

その際に症例写真などを見せてもらうことで、そのクリニックのスキルやイメージなどを見ることができます。

事前にカウンセリングを受ける

通常施術前にカウンセリングを受けますが、いくつか受けてみるのもいいでしょう。

自分の受け口がプチ整形なしで通常の矯正のみで治る受け口なのか、プチ整形が必要な受け口なのかは歯科医師が診断します。

できるだけプチ整形はしたくないという気持ちはわかりますが、プチ整形は見た目だけでなく、機能面や精神面にもメリットを得ることができるためそれだけの価値がある施術と言えます。

(まとめ)受け口はプチ整形でも治せるの?

1.受け口はプチ整形でも治すことができます

受け口に顎の骨格的な原因がある場合、歯列矯正だけで改善することは非常に難しいです。

そのような場合には、プチ整形を行うことで受け口を骨格的に改善し、顎周辺の見た目をよくすることができます。

2.プチ整形とは骨切り術のことを言います

受け口を治すプチ整形とは骨切り術のことを指し、骨切り術には、下顎分節骨切り術や下顎枝矢状分割術の2種類があります。

いずれも全身麻酔下で施術するため痛みは感じませんが、入院と定期的な通院が必要になります。

3.プチ整形をすれば、顎を引くことができるようになります

プチ整形で骨格的に受け口を改善することで、顎を引くことができるようになります。

そのほかコンプレックスや精神的ストレスの解消、人前で歯を見せることへの抵抗感がなくなっていくなど、多くのメリットを得ることができます。

4.実績のある歯科医院で行うようにしましょう

プチ整形は矯正などに詳しく実績のある歯科で受けることで、より高度な施術を受けることができます。

プチ整形は躊躇してしまいがちですが、理想のフェイスラインになれるだけでなく得られるメリットは多いため、受ける価値は十分にあると言えるでしょう。

1074
Return Top