受け口の矯正施術に使うバンドってなに?

バンドとは、受け口などの矯正の際に使用される「第一大臼歯に被せる金属の輪っか」のことを指します


受け口などの歯並びを改善するためには矯正など、いくつかの施術方法があります。

矯正装置にもさまざまな種類がありますが、「バンド」とは主に第一大臼歯にはめる金属製の輪っかのことをいいます。

第一大臼歯とは前歯から数えて6番目、親知らずがない場合だと奥から2番目に当たる歯のことです。

バンドは歯を移動させるワイヤーや、そのほかの器具を装着する際に基盤となります。

矯正装置を固定し、ブラケットの脱離を予防する目的があります

矯正装置の種類はさまざまですが、バンドを使用する目的は2つあります。

バンドの使用目的についてご紹介していきます。

矯正装置を固定するため

バンドは矯正装置製作のために使用されることが多いです。

バンドを使用する装置は、固定式拡大装置やトランスパラタルアーチ、リンガルアーチ、ヘッドギアなどがあります。

バンドを使用した矯正装置は、固定式なのでお客様の協力がそれほど必要ではなく、装置の効果を確実に見込めるというメリットがあります。

また、通常矯正装置は小さい装置を使用することも多く、取れてしまうことも多いのですが、バンドは外れにくいというメリットもあります。

バンドの内面に接着剤を付けて装着するので、他の装置よりも接着面積が大きく、外れにくくなっているのです。

差し歯に付けるブラケットの脱離の予防

子供の矯正と違って大人の矯正をする場合は、金属の歯やセラミックの歯などの差し歯が入っている場合が多いです。

しかし、金属やセラミックなどの差し歯は、ブラケットを付けても取れやすいという難点があります。

通常取れたら付け直しますがそれでも何度も取れてしまう場合は、その歯にブラケットを溶接したバンドをはめます。

先述したようにバンドは接着面積が大きいため、その分接着力が向上するため取れにくくなります。

バンドセットは丁寧な手順を踏み、セットしていきます


接着面が広く外れにくいバンドですが、丁寧に基本的な手順を踏む必要があります。

バンドセットの手順を説明していきます。

  1. バンドの試適
    さまざまなサイズのバンドがあるため、その中から使用するバンドを選び、試適し選定します。
  2. 歯面の清掃
    装着する歯の歯面を専用のブラシなどで清掃し綺麗にします。
  3. 防湿
    歯に唾液などが付かないように、しっかりと防湿し乾燥させます。
  4. バンドセット
    バンドの内面に専用のセメントを塗り、歯にセットします。
  5. 余剰セメントの除去
    セメントの硬化後、はみ出た余分なセメントを除去します。

バンドセットの基本的な流れはこのようになっています。

バンドにはフックのようなものが付いているため、奥歯でしっかりと装置を固定することができます。

歯茎の近くまで装置が来るためはじめは違和感がありますが、次第に慣れていくお客様がほとんどです。

バンドセットはセパレーションが必要の場合もあります

通常バンドは隙間のない歯と歯の間に無理やり押し込んでセットしますが、歯と歯の間がきついとバンドが最適な位置まで入らない場合もあります。

このような場合は歯と歯の隙間を空ける必要があります。

その際に行われるのがセパレーションという、歯と歯の間を広げる方法です。

セパレーションについてご紹介していきます。

セパレーターとは

セパレーションを行う際にはセパレーターと呼ばれる、バンド装着の際の歯間分離の器具を使用します。

セパレーターにはゴムや真鍮線でできたもの、ワイヤーなどの種類があります。

一般的にはゴム(エラスティック)タイプのセパレーターが使われることが多いです。

色は透明や青などがあり、メリットとしては装着時の痛みが少ないということが挙げられます。

しかし外れやすいため、次の予約が10日以内である場合に適しています。

セパレーターの特徴

セパレーターは通常、セットしてから数日~10日程でバンドセットに必要な隙間ができます。

ただし歯を動かすため2~3日は痛みや不快感があります。

通常2~3日経てば次第になじんで慣れてきます。

セパレーターは歯と歯の間に十分な隙間ができると外れてしまうことがあり、10日以上日にちが開くとまた隙間は閉じていきます。

4~5日程度では隙間が閉じ切ってしまうことはほとんどありませんが、次の予約までの日数が10日以上開いている場合はクリニックに相談し次の予約前に受診したほうがいいでしょう。

(まとめ)受け口の矯正施術に使うバンドってなに?

1.バンドとは、受け口などの矯正の際に使用される「第一大臼歯に被せる金属の輪っか」のことを指します

バンドとは矯正施術に使われる矯正装置のことで、通常第一大臼歯にはめる金属の輪っかのことを指します。

バンドを使用することで、矯正装置の効果を確実に見込めるというメリットなどがあります。

2.矯正装置を固定し、ブラケットの脱離を予防する目的があります

バンドには矯正装置の固定と、差し歯に付けるブラケットの脱離を防ぐという目的があります。

装着後なれるまでに多少時間はかかるかもしれませんが、ブラケットの脱離のリスクを大幅に軽減することができます。

3.バンドセットは丁寧な手順を踏み、セットしていきます

歯の矯正装置であるバンドをセットする際はサイズを選定し、歯面の清掃後しっかりと防湿させてセメントで付けていきます。

この作業を丁寧に行わないと外れやすくなるため、丁寧にセットしていく必要があります。

4.バンドセットはセパレーションが必要の場合もあります

通常バンドは歯と歯の間に押し込んでセットしますが、歯と歯の間が狭くバンドが十分に入らない場合はセパレーションを行います。

一般的にセパレーターと呼ばれるゴムを歯と歯の間に挟むことで、歯と歯の間にバンドが入る隙間をつくることができます。

2725
Return Top