受け口だと「どもり」も出やすい?

受け口とどもりには、間接的な関係性があるかもしれません


受け口は、下の前歯や顎が出っ張って、上の前歯が下の前歯よりも奥になっているように見える状態です。

受け口にはいろいろな原因がありますが、受け口もまた、生活上の不便や体の不調の原因となることがあります。

噛み合わせが悪いため、食事が取りにくくなったり、発音しにくい言葉があったりします。

発音のしにくさは会話に消極的な状態を引き起こす原因となるか脳性があります。

どもりも言葉や会話の問題ですが、受け口との関連性は明らかになっていません。

受け口とどもりは直接的に関係していないようですが、間接的には何らかの影響を与えているかもしれません。

受け口がどもりの間接的要因になっている可能性は考えられます

受け口は、正常なかみ合わせとは違い、下の前歯が上の前歯に覆いかぶさるように前に出ています。

そのため、正常な口の機能を果たすことができない場合があります。

口の機能としては、食べることもありますが、コミュニケーションとして会話を交わすことも大切なことです。

受け口は、正常なかみ合わせとは違い、下の前歯が上の前歯に覆いかぶさるように前に出ています。

そのため、正常な口の機能を果たすことができない場合があります。

口の機能というと、食べることもありますが、コミュニケーションとして会話を交わすことも大切なことです。

会話を交わす上では、きちんと言葉を発音することが必要になりますが、受け口の場合には特定の音の発音が上手くいかないことがあります。

受け口の人が発音しにくくなるのは、主にサ行やタ行です。

これらの発音をする時に使う舌の動きが、受け口の場合には制限されてしまい、上手く発音しにくくなります。

「さ」は「しゃ」と聞こえたりして、舌足らずなしゃべり方になり、言葉が聞き取りにくいと言われることもあります。

発音のしにくさは直接どもりに発展しません。

しかし、発音しにくいことによってコミュニケーションに問題が起こり、精神的なストレスからどもりになる可能性は考えられます。

また、見た目の特徴も負担となりやすく、ストレスの原因となります。

どもりは遺伝や脳の働きによって起こりやすくなります


受け口は、どもりと直接的に関係しているわけではありません。

しかし、受け口によるストレスは大きな影響を与える可能性があります。

どもりの原因には、遺伝的なものが関係している場合と、病気や事故などで脳の機能に影響が出たことが関係している場合、また、ストレスによって起こる場合があります。

どもりは、言葉が出てこなくなったり、滑らかに話せなくなったりしてしまう状態です。

脳の認知機能が影響しており、統合失調症などでもどもりが出る可能性が高くなります。

また、研究によって脳の代謝物質が関係していることもわかっており、ストレスが増えると脳内物質の分泌のバランスが崩れてどもりやすくなるようです。

どもりが出ているときに脳はドーパミンを過剰分泌しており、セロトニンの分泌が少ないとドーパミンをコントロールできません。

セロトニンはストレスの影響を受けやすく、過剰なストレスで分泌が減ってしまいます。

このように、ストレスを受けやすい受け口の人には、どもりのリスクもあると考えられます。

どもりと受け口を改善するには適切な施術が大切です

どもりと受け口の関係は明らかではありませんが、受け口によるストレスが関係しているのであれば、どちらも同じように施術やケアを行うことで改善することが大切です。

受け口を改善することでストレスを軽減して、どもりの症状の改善も行うと良いでしょう。

受け口の人は言葉の発音がしにくく、言葉を聞き取りにくい場合があります。

しかし、受け口を治さずに無理矢理言葉だけを改善しようとすることで、よりストレスを感じやすい環境を作る恐れがあるのです。

そのため、受け口で発音がしにくい場合には、専門のクリニックで適切な施術を受けて、根本的な原因の改善することで、発音の悩みを解消してあげることが大切です。

たとえば、歯並びが原因となる受け口であれば、セラミック矯正と呼ばれる短期間で美しい歯並びを作る矯正の施術があります。

矯正というと成長期までに行わなければ、長期間を必要としてしまうというイメージがつきものですが、このセラミック矯正であれば数か月で施術を終わることができます。

また、矯正では治せない骨格が原因となるものであっても、セットバック法と呼ばれる外科的な施術を行うことで改善が期待できます。

受け口は見た目の問題でストレスを感じてしまうこともあり、悪化すれば精神的なケアが必要となる場合もあります。

そうした問題も適切な施術を受けることによって解決へつなげることができますから、どもりの原因を減らすことが可能になるとも言えるでしょう。

(まとめ)受け口だと「どもり」も出やすい?

1.受け口とどもりには、間接的な関係性があるかもしれません

受け口は上の前歯よりも下の前歯が出っ張っているような状態で、かみ合わせが悪く言葉を発音しにくくなることがあります。

どもりも言葉の問題ですが、間接的な影響は考えられるものの、直接的な関係性は明らかになっていません。

2.受け口がどもりの間接的要因になっている可能性は考えられます

受け口は直接どもりには発展しません。

しかし、発音のしにくさや、会話する相手に「言葉を聞き取れない」などと言われることによって、精神的なストレスを感じるようになり、どもりやすくなる可能性は考えられます。

3.どもりは遺伝や脳の働きによって起こりやすくなります

どもりは遺伝でも起こりますが、ストレスによって脳内物質の働きのコントロールが悪くなることで起こりやすくなります。

受け口によってストレスを感じやすくなるため、どもりが起こりやすいとも考えられます。

4.どもりと受け口を改善するには適切な施術が大切です

どもりと受け口はストレスを介して関係している可能性があります。

根本的な原因である受け口を歯科施術で改善し、発音に関する問題や審美的な問題を解決することで良い結果を期待することができるでしょう。

1110
Return Top