受け口とすきっ歯の施術方法は?

受け口とすきっ歯には矯正の施術があります


受け口とすきっ歯の施術としては、一般的には矯正を行うことが多くなります。

すきっ歯だけの場合には歯と歯の間に余裕があるため、どちらかというと抜歯の必要のない矯正のみでキレイな歯並びにすることが可能です。

受け口の場合には個々の症状によっては外科施術の検討も必要となるケースがあります。

外科施術は矯正だけでは十分ではない時などに、矯正の施術と併用されます。

受け口の施術はすきっ歯よりも難しいことがあります

受け口は、上の前歯と下の前歯のかみ合わせが悪く、下の歯や下あごが上の歯や顎よりも前に出てしまっている状態です。

そのため、施術を行う場合には歯の問題の改善だけでなく顎の位置の調整なども行わなければいけないこともあります。

顎のズレが受け口の原因となっており、矯正施術だけでは足りない場合には外科施術を行います。

施術を避けられる場合にも、顎の位置を矯正するために矯正器具を用いることが必要となるケースもあります。

また、歯並びを矯正する場合でも、スペースの問題で他の歯がその歯を押し出しているのであれば抜歯が必要となります。

一方、すきっ歯は歯と歯の間が開いてしまっている状態です。

歯と歯には隙間があるため、移動するだけで矯正することができ、受け口の施術と比較すると施術や抜歯の必要性が少ないといえます。

顎の成長と歯の大きさが合わないことが原因ですきっ歯になりますが、受け口とは違って基本的には顎の骨を施術するのではなく、歯を矯正することで施術します。

また、すきっ歯が乳歯の時であれば、永久歯になることで改善されるケースもあります。

同じ歯並びの問題でも、受け口の施術の方が難しかったり大きな施術を行ったりする可能性が高くなります。

舌の使い方を改善しなければならない場合もあります


受け口やすきっ歯といった歯並びのトラブルには、舌の動きが関係していることがあります。

舌の位置や成長、使い方は、顎の発達や歯並びなどに大きな影響を与えるものです。

舌が正しく使えていなくて、正しく発達していないと、受け口やすきっ歯になる可能性があります。

受け口では、舌が正しい位置に収まらないことで上あごが十分に発達しないことがあります。

また、舌で下の歯を押してしまい、下あごの発達が進んでしまい、上あごとのバランスが悪くなることも考えられます。

すきっ歯では、舌と唇によって圧力が加えられて起こることがあります。

こうした舌の正しくない動きや位置を調整して良い状態にするためには、舌のトレーニングも必要です。

歯並びの矯正とともに舌の動きを正していくことで、歯並びが整った後に再び悪くなるのを避けることが期待できます。

舌のトレーニングとしては、舌を意識的に動かす練習や飲み込む時の舌の位置の指導などがあります。

舌をトレーニングすることで舌を正しい位置に置いて、歯を押し出したり歯と歯の隙間に舌を入れたりするクセを改善することが期待できます。

また、食習慣などの見直しも必要です。

受け口とすきっ歯を治さないと口腔内や体に悪影響があります

受け口やすきっ歯は、歯並びが悪いことで見た目に影響があるだけではありません。

虫歯や歯の病気のリスクが高くなるケースや、体の不調が起こるケースもあります。

そのため、早期施術を心がけて、成長とともに変化があったときのために長期的なスパンで見守ることが必要です。

受け口では咀嚼がしにくくなったり、発音が悪くなったりするなどの問題が生じやすくなります。

咀嚼の問題では、胃腸にも悪影響が起こり、顎にも負担がかかってしまいます。

また、発音が悪いことで言葉が聞き取りにくくなることもあります。

受け口の見た目が気になって行動が消極的になる人も多く見られます。

すきっ歯でも発音がしにくくなり、見た目が気になります。

また、受け口でもすきっ歯でも歯の手入れがしにくかったり、歯にものがはさまりやすくなったりと虫歯になりやすくなります。

(まとめ)受け口とすきっ歯の施術方法は?

1.受け口とすきっ歯には矯正の施術があります

受け口とすきっ歯の施術としては、矯正を行うことが一般的です。特にすきっ歯では矯正のみの場合が多く、受け口の場合には症状によっては外科施術を併用することもあります。

2.受け口の施術はすきっ歯よりも難しいことがあります

受け口の施術では、歯並びの矯正以外に外科施術や矯正器具によるあごの調整や抜歯などが行われることもあります。しかし、すきっ歯の施術ではあごまで施術を行うことは少なく、歯の移動を行う矯正も抜歯などの必要がありません。

3.舌の使い方を改善しなければならない場合もあります

受け口とすきっ歯の施術を行う際には、舌の使い方のトレーニングなどが行われることもあります。

受け口やすきっ歯の原因には舌の動きで歯を押したり舌の位置が悪いことなどがあり、正さなければさらに悪化する恐れも考えられます。

4.受け口とすきっ歯を治さないと口腔内や体に悪影響があります

受け口やすきっ歯になると、虫歯になりやすくなったり体や心にも悪影響を与える恐れがあります。

受け口では噛みにくいことで胃腸に問題が起こりやすくなります。

また、見た目の問題で消極的になったり、発音が悪くて言葉が聞き取りにくくなることもあります。

1249
Return Top