受け口はコルギで治る?

受け口はコルギでは基本的に治りません


受け口をコルギで治そうと考えている人は、「コルギで骨格を治して顎の位置を改善できる」というメカニズムを思い浮かべているかもしれません。

確かに、上あごと下あごの位置をずらして調整できるのであれば、受け口は治るでしょう。

しかし、コルギだけで骨を大きく移動させたり、歯並びを矯正したりすることは難しいと考えられます。

コルギは美容目的としてフェイシャルケアを行うのには向いていますが、矯正や外科施術とは異なります。

過度の期待をしてコルギを行うのではなく、歯科施術のプロである歯科医師に相談しながら併用する程度に留めておくことが大切です。

また、施設や施術、個人の体調などによっては悪影響の恐れもあるため、注意が必要となります。

コルギで出来るのは受け口施術のサポートです

コルギは、骨格を動かしたり、骨を刺激したりすることで、顔のゆがみを改善するという施術です。

コルギは、「骨気」と書き、骨と筋肉に圧力をかけて矯正するといわれています。

韓国では約30年前から行われている民間療法ですが、医療とは異なるものです。

そのため、受け口の「施術」としてそれだけに頼るのは少々難しいと考えられます。

受け口は、歯並びや上あご・下あごの成長の問題などで、かみ合わせが悪くなっている状態です。

歯並びが悪いことで受け口のかみ合わせになっているのであれば、歯並びの矯正が必要となりますし、上あごと下あごがずれているのであれば、骨を動かしたり成長を調整したり、切って短くする必要があります。

こうした施術は医療でなければできません。

骨を動かす矯正や成長を調整するには、器具などを使って長期間の施術を行うことが必要です。

コルギでは手技によって骨格を矯正するということですが、受け口を治すまでの働きは期待しにくいでしょう。

ただし、口を開きやすくしたり、顎の痛みを軽減したりする働きを期待して取り入れているクリニックはあります。

コルギだけで受け口を治そうと考えるのではなく、必要に応じて医師の指示でコルギを取り入れるというのが良い利用方法といえそうです。

コルギは美容目的のもので、受け口の矯正とは異なります


多くのサロンなどで取り入れられているコルギは「小顔」や「美肌」などの美容効果を目的とした民間療法になります。

基本的にコルギは、受け口などの歯科施術分野ではなく美容分野のものであり、受け口施術として歯科医師が取り入れることは少ないです。

歯科医師によっては、コルギの手技について懸念を持っている人もいるようで、実際には歯並び矯正の効果はないと考えられています。

ですから、コルギを利用するのであれば、美容を目的として行うと良いでしょう。

コルギを行うことで血流が促進されて、顔のむくみを改善する事ができ、すっきりとしたフェイスラインになることが期待できます。

また、血流が改善されることで小顔だけでなく美肌効果もありそうです。

コルギが受け口の為の施術にはならないという部分は否めません。

ですが、コルギも美容効果を期待することができるため、自分の目的に合っているという場合にはコルギを検討してみるのも良いでしょう。

受け口施術は医師に相談して、コルギは美容に使いましょう

受け口で悩んでいる人は、歯科医師に相談して施術方法を考えましょう。

コルギの顎への効果も一部分においては期待できるようですが、場合によっては悪影響を与えることもあるため注意が必要です。

コルギを受けたい場合には、施設や施術者を慎重に見極めて、問題のないところで受けることが大切です。

コルギを受けたことによって顎の関節になんらかの問題を感じている人もいます。

コルギに興味があるならば、美容目的で行い、受け口が気になる場合には歯科医師のもとで適した施術を行います。

大きなゆがみによって起こる受け口も外科施術によって大きく改善させることが可能です。

また、歯並びの矯正方法としては、即効性のあるものや矯正器具の目立たないものなどもあり、それぞれのお客様の症状に合わせて医師の視点でより良いものを使うことができるでしょう。

子供の矯正施術では、矯正器具の装着によって正常な成長を助けて正しいかみ合わせを作る矯正を行うこともできます。

(まとめ)受け口はコルギで治る?

1.受け口はコルギでは基本的に治りません

上あごと下あごのずれによる受け口は、骨格を治すことができれば改善できそうです。

しかし、コルギによってそこまでの大きな効果は期待できません。

コルギを使う場合には歯科医師の下で相談しながら併用する程度が望ましいでしょう。

2.コルギで出来るのは受け口施術のサポートです

コルギは骨と筋肉に圧力をかけてゆがみを改善する韓国の民間療法です。

受け口を治すほどの効果は期待できませんが、サポートとして医師の指導の下で取り入れたりすると良いでしょう。

3.コルギは美容目的のもので、受け口の矯正とは異なります

コルギの手技は民間療法であり、美容目的の場合が多くなります。

歯並びや骨を治すための施術的な効果は期待できないようですが、小顔効果や美肌効果などを血流の改善によって期待することができます。

4.受け口施術は医師に相談して、コルギは美容に使いましょう

受け口で悩んでいる人は専門の医療機関に相談し、コルギは美容目的で利用すると良いでしょう。

顎の大きなずれなどといった骨格的な問題も歯科医師の下であれば改善することが可能です。

また、コルギを行う場合には信頼できる場所を選ぶことが大切でしょう。

2457
Return Top