受け口で必要なゴムかけの期間は?

受け口のゴムかけの期間は1ヶ月~数ヶ月かかることもあります


受け口では、外科的な施術の他にも矯正の施術を行うという方法があります。

矯正施術は長い期間を矯正器具とともに過ごし、その期間中にはゴムかけという処置を行うこともあります。

ゴムかけは矯正期間の全てに使われるものではなく、矯正中の一部の期間だけ行うことが多いものです。

通常であれば、ゴムかけの期間は1ヶ月から数ヶ月程度かかることとなります。

この期間は口腔内の状況によってそれぞれ個人差があり、短い人は1ヶ月で済みますが、長い人は数ヶ月行うこともあります。

ゴムかけをしている期間は、生活上の注意がありますし、自分で行うものなので自覚を持ってしっかりと行うことが必要です。

ゴムかけを必要とする期間には個人差があります

受け口の施術方法として、外科的な施術よりも矯正を選択したいという人が多いものです。

大がかりな施術は怖いと感じる人も多く、矯正することで改善を目指すことが多くなります。

しかし、受け口の矯正は長期間かかるため、根気の要る施術となるでしょう。

受け口の矯正の中には、ゴムかけという施術があります。

ゴムを矯正器具の間に渡すように引っ掛けて、ゴムの力によって歯を引っ張ることで正しい位置に歯を移動させる目的で行われます。

ゴムかけの施術は、それぞれの歯の状態によって異なり、全ての人に行われる方法ではありません。

また、矯正でゴムかけが必要な場合でも、それぞれの歯の状態によって使用する期間が違います。

短い人では1ヶ月で済むこともありますし、状態によってはそれ以上かかります。

ただし、ゴムかけをさぼってしまうと、歯が戻ってしまい、効果が感じられなくなる可能性があるため注意が必要です。

ゴムかけに使われるゴムは「エラスティックス」と呼ばれ、そのサイズやかけ方もいろいろあります。

基本的な1日の装着時間は18時間以上となっていますが、場合によっては夜だけなどの指示を受けることもあり、これも個人差が関係します。

ゴムかけに自分から取り組もうとする姿勢が大切です


受け口の矯正でゴムかけを行う際には、その人の根気とやる気が必要です。

なぜならば、ゴムかけは、お客様自身が行わなければいけない施術方法だからです。

あまり施術に協力的でない人や施術を理解していない人では効果が出にくい可能性があります。

ゴムかけは、矯正施術の期間中に、矯正器具のフックのような部分にゴムをかけて行う施術です。

上の歯と下の歯にかけてゴムを渡すようにかけることもあります。

そのため、食事や歯磨きなどのタイミングで取り外すことになり、その取り外しは自分で行います。

また、ゴムかけはゴムの引っ張る力で矯正するものなので、ゴムが弱くならないようにゴムを替えなければいけません。

そのため、期間中にはひんぱんにゴムを付け替える動作が必要です。

これらのものは、お客様が自主的に行う気持ちが大切です。

毎日のことですから継続するための根気も必要ですし、最初の頃は痛みを感じることだってあります。

しかし、矯正を行って受け口を治したいのであれば、相応の意志をもって取り組んでいく気持ちが大事でしょう。

施術の期間中は注意を守って行いましょう

受け口の矯正施術でゴムかけを行っている期間には、いくつかの注意を守って生活することが必要です。

注意を守って行わないと効果が出にくくなる恐れがあります。

ゴムかけは、1日18時間以上行うことが基本となります。

ゴムをつけ外しするのは、お客様自身となるため、外している時間を長くしないことが大切です。

食事や歯磨きなどでは外すことになりますし、デートなどで必要があれば外して出かけることも可能です。

しかし、基本的には医師に指示された時間はしっかりと装着して、効果を出すことが必要となります。

外している時間が長くなると効果が現れずに、施術期間が延びることになりかねません。

また、ゴムはつけ外しの際にいつも新しいものを使うことが必要です。

ゴムかけはゴムの弾力によって歯を引っ張って矯正するものなので、弾力の強度が衰えてしまっては意味がありません。

(まとめ)受け口で必要なゴムかけの期間は?

1.受け口のゴムかけの期間は1ヶ月~数ヶ月かかることもあります

受け口施術のゴムかけは、矯正施術で行われます。

ゴムかけはすべての矯正期間中行うのではなく、個々の状態に合わせて数ヶ月程度行います。

期間中は生活の中で注意点を守って過ごすことが必要です。

2.ゴムかけを必要とする期間には個人差があります

受け口の施術で行われる矯正では、ゴムかけという施術を行うことがあります。

ゴムかけの期間や使うゴムのタイプなどは、個人差があり、一人ひとりの症状によって変わります。

3.ゴムかけに自分から取り組もうとする姿勢が大切です

受け口の矯正で行うゴムかけは、お客様自身が行う施術となります。

施術期間中はひんぱんにゴムを付け替える必要があるため、根気とやる気が必要です。

協力的でない人ややる気が続かない人には、効果が出にくいこともあります。

4.施術の期間中は注意を守って行いましょう

ゴムかけの施術を受け口矯正で行う場合には、注意点を守って行うことが大切です。

ゴムをかけている時間を守り、新しいゴムを常に使用することが必要となります。

正しく行わないと効果にも差が出てしまうため、慎重に行いましょう。

8074
Return Top