受け口はごまかすことができる?

受け口をごまかすことで将来のリスクとなります


受け口を一時的にごまかすことは可能ですが、将来的に大きな不安の材料を残すこととなりかねません。

受け口は、頭蓋骨の骨と下あごの骨がずれて起こります。

また、歯並びにも影響を与えていることがあります。

こうした骨や歯並びの問題は、ごまかしながら放置してしまうことで、徐々に悪化したり、新しい歯の疾患や体調不良を引き起こしたりする可能性を持っています。

噛み合わせの問題は、歯だけでなく脳や体にも影響を及ぼすものです。

長い間ごまかすことで、意外な体調不良や歯のトラブルが起こるかもしれません。

受け口をごまかすと骨のズレが悪化する恐れがあります

受け口は、上の前歯よりも下の前歯が前方に出てしまっている状態です。

本来は下の前歯は上の前歯よりも2ミリ程度後ろに下がっているものであり、上の歯が前に出る形でかみ合わせることができます。

しかし、何らかの原因でかみ合わせが逆になることで受け口になるのです。

受け口の原因には、先天的なものや後天的なものがあります。

前歯の生え変わりが上手く行かないことや上あごが小さいこと、指しゃぶりや舌で歯を押すクセなどが主な原因です。

こうした原因を改善することで受け口を治すことができます。

しかし、かみ合わせが多少悪くても、噛めるからと言ってごまかして過ごしてしまう人もいます。

それほどひどくない場合には見た目をごまかすこともできますが、基本的に治ったわけではないため、かみ合わせの不具合によって顎や口腔内の問題が進むことがあります。

下あごに負担がかかることで、徐々に受け口が進み、口が閉じにくくなったり、咀嚼がしにくくなったりする人もいます。

また、受け口をごまかす咀嚼をしていると、十分に噛めずおなかを壊すこともあります。

受け口をごまかす生活を続けると歯の病気のリスクが高くなります


ごまかす生活を続けていることで、顎の骨のズレが悪化して受け口自体がひどくなることがあります。

また、そこからさらに歯の病気のリスクが高くなってしまうこともあります。

受け口は、正しいかみ合わせが出来ない状態です。

そのため、全ての歯が正しく負荷を受け取ることができず、部分的に負荷がないため弱ってしまう部位ができやすくなります。

かみ合わせによる負荷がなくなると、歯を支える骨が弱っていき、歯がぐらつくことがあります。

特に受け口の人は、前歯でものが噛みにくくなるため、前歯のリスクが心配になるでしょう。

受け口の人は虫歯や歯周病などのリスクが高いと言われています。

また、歯が正常に噛み合わさる時には自浄作用がありますが、受け口の場合にはそれも不足しがちです。

受け口は見た目の面ではごまかすことが出来るかも知れません。

しかし、体の中で起きていることはごまかせません。

始めることに迷いを感じることもあるでしょうが、将来の自分の歯を守るためにも早めの施術が必要となります。

受け口はごまかすことなく矯正施術を行うことが必要です

受け口をごまかすことには、顎の骨のズレが悪化することや虫歯、歯周病の発症などのリスクがつきものです。

そのため、受け口の疑いがあったら、ごまかすことなく矯正施術を始めることが必要となります。

歯が健康なうちに始めることが大切なので、早期受診を心がけましょう。

施術内容としては、矯正施術をはじめ、外科施術の必要性をうかがっていくことも必要となります。

しかし軽度の症状の場合には、矯正施術も目立つ器具などを使うことなく施術をしていることをごまかすことも可能です。

人前に出る際や見られたくない時には一時的にはずすことができる装置もあります。

一時的にはずせるマウスピースの施術は人前でごまかすために便利ですが、はずす時間を長くすると完了まで長引きます。

早期に施術を始めても完了までの期間が長くなったら、その分の期間が無駄になってしまうので注意が必要です。

早期受診と医師の指示をきちんと守って治療を行っていくことで、歯や顎などの健康を維持しましょう。

(まとめ)受け口はごまかすことができる?

1.受け口をごまかすことで将来のリスクとなります

受け口は一時的にごまかすことができます。

しかし、長くごまかし続けることで将来的に歯や体の健康に悪影響を及ぼす恐れがあり、注意が必要です。

骨のズレや歯並びの悪さは徐々に悪化して、歯や体に新たな悪影響を与えるかも知れません。

2.受け口をごまかすと骨のズレが悪化する恐れがあります

受け口をごまかして施術を行なわないでいると、徐々に骨のズレが悪化することがあります。

見た目はごまかすことが出来ても、咀嚼やクセなどが影響して症状が悪化する可能性はあるため、注意が必要です。

3.受け口をごまかす生活を続けると歯の病気のリスクが高くなります

受け口をごまかす生活を続けていると、受け口自体の症状悪化だけでなく、歯の病気のリスクも高くなるかも知れません。

負荷のかからない部分ができてしまうことで、歯を支える骨が弱くなったり虫歯などが出来やすくなったりします。

4.受け口はごまかすことなく矯正施術を行うことが必要です

受け口はごまかすことなく施術を行うことが大切です。特に歯が健康な状態のうちに始めることが必要となります。治療中であることを知られたくない場合には、その対策もあります。

1221
Return Top