受け口は40代以上でも治すことができる?

40代以上でも受け口を治すことは可能です


受け口は生まれつきの場合でなければ、歯や骨の成長過程の段階で矯正の施術を行うのが理想的だといわれています。

しかし、最近では、40代以上になってから受け口を治したいとクリニックに訪れる方も少なくないといいます。

受け口の症状によって施術の方法に制限がかかる場合もありますが、年齢を重ねたから受け口を改善することができないということはないでしょう。

40代以上の方でも、受け口を改善された方は多くいます

40代になってから、受け口の症状が酷くなった気がする、ずっと受け口がコンプレックスだったけどやっぱりどうしても治したい、子どもの頃に矯正したはずの受け口が戻ってきてしまったなど、40代以上の方が受け口の症状に悩んでいるというケースは少なくありません。

しかし、年齢を重ねるにつれて歯並びを改善するのが難しくなるのではないか、成長しきった骨を動かすことは無理なんじゃないかと不安に思われている方もいるのではありませんか?

確かに、生まれつきの受け口でなければ、歯や顎の骨が成長をしている段階で矯正の施術を行うのが理想的だといわれています。

恐らく、成長が終わってしまうと、歯や顎の骨を動かすのが大変になると考えられているからでしょう。

しかし、大人の方が受け口を改善することは可能だといえます。

実際、40代以上になってから受け口を治したいとクリニックに訪れる方も少なくありませんし、受け口を改善された方もいます。

受け口の症状によっては、施術の方法が限られてしまうこともありますが、100パーセント改善ができないというわけではないといえます。

受け口の人は将来健康な歯を失ってしまうリスクが高いといわれています


クリニックに足を運び受け口を改善したいと相談した方の中には、「40代で受け口を治すことはできない」と施術を断られたというケースもあります。

しかし、本来であれば、むしろ年齢を重ねていくからこそ受け口を改善するべきだといえるのです。

受け口であることのデメリットとして、「横顔のEラインが崩れている」「下顎が大きく前に出ている」などの審美的な問題が筆頭に挙げられがちですが、実は健康面にも大きなデメリットをもたらすといわれています。

受け口は「反対咬合」であり、つまり通常の噛み合わせとは逆になってしまっている状態のことを言います。

噛み合わせが悪いと、食べ物を咀嚼する時にきちんと噛み切ることができず、消化不良を起こしやすくなります。

また、胃腸に負担を与えることで、唾液の流れがスムーズにいかず、虫歯や歯周病になるリスクも高まるといえるでしょう。

数百人を対象に80歳の歯の状態を比べたある研究の結果では、歯が20本以上残っている人は全員が正常な噛み合わせだったと出ているそうです。

つまり、受け口の人は、そうでない人に比べ、虫歯や歯周病などで歯を失ってしまうリスクが非常に高いといえるのです。

受け口の改善には様々な歯科矯正が挙げられます

40代以上の方が受け口を改善する方法にはいくつか種類が挙げられます。

ここでは、受け口を改善する矯正方法をご紹介していきます。

セラミック矯正

歯を削り、その上にセラミックの歯を装着するのがセラミック矯正の施術になります。

この方法であれば、歯がボロボロの状態であっても綺麗に治すことができます。

また、同時に複数の歯を施術することも可能です。

マルチブラケット矯正

歯1本1本に四角いマルチブラケット装置を付けるという矯正方法もあります。

矯正にかかる期間は最長で3年程度かかることもあるといわれています。

マウスピース矯正

ブラケットは装着時に目立つというデメリットがありますが、マウスピース矯正では透明な装置を装着するため、ほとんど目立たないといわれています。

自分で取り外せるというメリットがありますが、比較的軽度の受け口にしか対応していないといえます。

受け口を放置することは、現在だけでなく、将来の健康状態にも関わってくるということを頭に置いておきましょう。

(まとめ)受け口は40代以上でも治すことができる?

1.40代以上でも受け口を治すことは可能です

受け口は成長過程の段階で矯正の施術を行うのが理想的とされていますが、40代になってから受け口を治したいと考える人は少なくありません。

実際、40代以上の多くの方が受け口を改善しています。

2.40代以上の方でも、受け口を改善された方は多くいます

歯や骨が成長段階の時に受け口を治すのが理想的とはいわれていますが、40代になってから受け口の症状に悩んでいる方は決して少なくありません。

症状によっては施術の方法が限られますが、40代以上の方が受け口を治せないということはないでしょう。

3.受け口の人は将来健康な歯を失ってしまうリスクが高いといわれています

受け口は審美的な問題が生じることだけでなく、健康面にも大きなデメリットを与えると考えられています。

きちんと咀嚼できないことから消化不良を起こしたり、虫歯や歯周病になるリスクが高くなるといわれています。

4.受け口の改善には様々な歯科矯正が挙げられます

受け口を改善するための方法には様々なものが挙げられます。

同時に複数の歯を施術することができるセラミック矯正、歯1本1本に装置を付けるマルチブラケット矯正、自分で取り外しができるマウスピース矯正などがあります。

1454
Return Top