受け口は30代からでも治すことができる?

受け口は30代からでも治すことは可能です


受け口などの歯科矯正は成長が止まってしまう前に行うのが良いといわれていますが、成人してからは矯正ができないというわけではありません。

最近では、高齢者になってから受け口の矯正を考え始める人も少なくなく、それは、受け口を改善することにメリットが多いからと考えられます。

30代であれば歯科矯正で、もしくは外科的な施術を行うことで受け口を改善することは十分可能です。

受け口は成人してから改善するケースも非常に多いといいます

受け口は「反対咬合」とも呼ばれている歯列不正の一種で、噛み合わせが通常とは逆になっている状態を指します。

噛み合わせは審美的な問題だけではなく、身体的な問題をも引き起こすと言われています。

噛み合わせの悪さは口周りの筋肉だけでなく、首や肩などの筋肉にも大きな負担をかけると考えられています。

筋肉の過剰な緊張により肩こりや頭痛などの症状を伴う場合もあります。

「30代になってから受け口を治そうと思い始めた」という人の中には、こういった肩こりや頭痛の症状を強く感じ始めたのがきっかけという人も少なくありません。

受け口などの歯科矯正は成長が完全に止まってしまうまでに行うのが良いとされていますが、最近は成人してから歯科矯正を行うケースが増えているといいます。

ですから、30代からでも受け口を改善することは珍しいことではないといえるでしょう。

受け口を改善することにはメリットが多いため、高齢になってから歯科矯正を始めるという方もいるくらいです。

日本臨床矯正歯科医会のある調査によると、10代~50代の男女を対象に「歯並びは人の第一印象を左右するか?」という質問を行ったところ、70パーセント以上の方が「左右する」と答えたそうです。

それほどまでに、歯並びは大切だということです。

30代から受け口を治すことにはたくさんのメリットがあります


心身共に健康であること、歯や歯茎に異常がないことなどの条件が付けられますが、30代からでも受け口を治す施術を受けることは可能です。

また、大人になってから歯科矯正を行うことにはたくさんのメリットがあります。

ここでは、いくつかメリットをご紹介していきましょう。

施術の計画を進めやすい

成人してからの施術は、歯や顎の骨が成長しきっているため、計画が立てやすいと考えられます。

また、何よりも受け口を治したいという意志を持って施術に臨むため、立てた計画がその通りに進みやすいといえるのです。

自分に自信が持てるようになる

これまで受け口がコンプレックスで上手くいかなかったことも、受け口を改善することでスムーズにいく可能性があります。

自分に自信が持てるようになり、人間関係にも良い影響を与えるでしょう。

美容効果が期待できる

一見、何の関係もなさそうな「歯」と「美容」ですが、実は大いに関係しているといいます。

噛み合わせがよくなることで食べ物がきちんと咀嚼できるようになります。

消化不良などを起こすリスクも減り、それまで便秘がちだったり肌トラブルが起きやすかったりする人の悩みが解消される可能性があります。

受け口を改善する方法にはセラミック矯正やセットバック法などがあります

30代から受け口を治すのでは遅いのではないか?と不安に思っている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、実際は受け口の改善に年齢は関係ないといわれているのです。

ここでは、受け口を改善するための施術方法をいくつかご紹介していきます。

セラミック矯正

歯を削る必要がありますが、施術後の審美性が非常に高いことから多くの方に選ばれている矯正方法です。

セラミック矯正では、セラミッククラウンを装着することで歯並びを改善することが可能です。

施術にかかる期間が短く、同時に複数の歯を施術できるのも大きなメリットです。

セットバック法

受け口の原因が「顎変形症」など骨格性のものである場合、外科的な施術をする必要があるといわれています。

このセットバック法は受け口を改善するための施術として知られており、下顎の第1小臼歯、または第2小臼歯を抜き、骨を切ることでスペースを空け、下顎を骨ごと後方へ移動させる施術です。

入院を必要としますが、施術後の見た目に劇的な変化が期待できます。

(まとめ)受け口は30代からでも治すことができる?

1.受け口は30代からでも治すことは可能です

受け口は成人してから、また、30代からでも治すことは十分可能だと考えられています。

受け口を改善することにはメリットが多く、最近では高齢者でも歯科矯正を行う人が増えたといいます。

受け口は歯科矯正、または外科的な施術で改善が可能です。

2.受け口は成人してから改善するケースも非常に多いといいます

受け口は「反対咬合」とも呼ばれており、審美的な問題以外にも、身体的な問題を引き起こすことがあると考えられています。

筋肉の過剰な緊張により肩こりや頭痛を引き起こし、それをきっかけに受け口を改善したいと考え始める30代の方もいらっしゃいます。

3.30代から受け口を治すことにはたくさんのメリットがあります

30代になってから受け口を治すことにはたくさんのメリットが考えられます。

まず、自分自身の強い意志で施術を受けることから、施術の計画がスムーズに進みやすいという点が挙げられます。

また、精神的なコンプレックスの解消や美容効果も期待できます。

4.受け口を改善する方法にはセラミック矯正やセットバック法などがあります

受け口の施術を受けるのに年齢は関係ないといわれています。

30代から受け口を治すのであれば、セラミック矯正やセットバック法などがおすすめです。

骨格性の受け口の場合、セットバック法でないと治せないケースもあります。

1257
Return Top