受け口を目立たなくする方法はあるの?

受け口は施術することで目立たなくすることができます


「受け口をどうにか目立たなくしたい」と思っている人は少なくないと思います。

受け口の施術は一般歯科や矯正歯科などで行えます。

歯並びを整えれば、受け口を改善し目立たなくすることができます。

受け口の施術方法はセラミック矯正や一般的な歯列矯正、外科的な施術やインビザラインなどいくつかあります。

受け口を改善すればコンプレックスも解消され、表情や気持ちまで明るくなれるでしょう。

自分に合った施術法で受け口を改善しましょう

一般的に受け口の施術と言えば、ワイヤーやブラケットなどを歯に付ける歯列矯正を思い浮かべる人が多いかもしれません。

あまり知られていませんが、受け口の施術法はそれだけではありません。

受け口の施術方法についてご紹介していきます。

セラミック矯正

自分の歯にセラミック製の被せ物を入れることで、歯の向きや大きさを整えて受け口を改善します。

受け口の改善に必要な歯のみを施術するため、最短で歯数日、平均でも数ヶ月程度で施術は完了します。

施術期間中は仮歯を入れるため、歯列矯正のように周囲に気付かれてしまうことなく受け口を完了することができます。

また、セラミックは本物の歯と並んでも区別がつかないほど美しく、保険の被せ物のように着色や変色しにくいという特徴があります。

歯列矯正

一般的に「矯正」と言われている施術法で、歯に金属の装置を付けて歯全体を少しずつ動かしていくことで受け口を改善します。

自分の歯を削る必要がないというメリットがありますが、歯を動かすスペースを作るために抜歯が必要になることもあります。

また、金属が目立つことや、歯並びが改善するまでに数年という期間がかかるというデメリットもあります。

インビザライン

マウスピースで歯を少しずつ動かして、歯並びを改善していく施術法です。

使用するマウスピースは透明で薄いため、周囲にバレにくいというメリットがあります。

歯列矯正と同様で歯を動かすのに期間がかかってしまったり、取り外しできるため着用時間が少なければ余計に期間がかかったりすることがあります。

重度の受け口は外科的な施術が必要になる場合もあります


受け口には顎の骨が原因の場合と、歯並びが原因の場合があり、その程度も人それぞれ異なります。

そのため、施術法も適応できる場合とできない場合とがあります。

インビザラインは、これまでマウスピース矯正ではできなかったような症例でも、治すことが可能になってきていますが、それでも歯を動かす力は弱いため限界があります。

受け口の原因が顎の骨の場合など重度の受け口の場合、歯並びだけでなくフェイスラインまで改善するにはセットバック法と呼ばれる外科的な施術が必要になります。

セットバック法とは、歯が付いたままの状態で顎の骨を切り、適切な位置に移動させるというものです。

お口の中から施術するため、顔に傷は残りにくいとされていますから安心です。

外科的な施術というとイメージしにくい部分もあるとは思います。

ですが、通常の矯正では改善できない部分までしっかりと治せるというのは大きなメリットになります。

骨切りをすれば歯並びだけでなく、フェイスラインも美しく整えることが可能になるでしょう。

受け口を施術すると歯の寿命を延ばすことができます

受け口を治すメリットは見た目がよくなることだけなのでしょうか。

実は受け口を放置するデメリットは多く、虫歯や歯周病、咬合性外傷などのリスクが高まります。

受け口を改善することで得られるメリットは多くありますが、歯の寿命を延ばすことができるというのも大きなメリットのひとつです。

8020運動という言葉を聞いたことがあると思います。

「80歳で20本の自分の歯を残しましょう」ということですが、実はこの目標達成者には受け口の人は1人もいなかったというデータがあるのです。

受け口は虫歯や歯周病にかかるリスクが高く、歯にも顎にも負担がかかります。

そのため受け口を放置すると、歯の寿命が短くなってしまうと言えます。

もちろん日頃のお手入れはきちんと行う必要がありますが、受け口を改善すれば今ある歯をより長く使えることができるようになるでしょう。

(まとめ)受け口を目立たなくする方法はあるの?

1.受け口は施術することで、目立たなくすることができます

受け口の施術法はいくつかありますが、施術することで受け口を目立たなく改善することができます。

歯並びを改善するには高い技術や経験が必要となります。

最近は施術できるクリニックが増えてきていますが、実績のあるクリニックを選ぶようにしましょう。

2.自分に合った施術法で受け口を改善しましょう

受け口の施術法にはセラミック矯正や歯列矯正、インビザラインなどがあります。

いずれもメリットやデメリットがありますが、周囲にできるだけバレずに短期間で受け口を改善したい人にはセラミック矯正がおすすめです。

3.重度の受け口は外科的な施術が必要になる場合もあります

受け口の原因には顎の骨の場合と歯並びの場合とがあります。

下顎の骨が大きかったり上顎が小さかったりと、骨に原因のある場合はセットバック法が有効であるとされています。

想像しにくい分野ではありますが、受け口には非常に効果的だと言えるでしょう。

4.受け口を施術すると歯の寿命を延ばすことができます

受け口は虫歯や歯周病になりやすく歯や顎に大きな負担となるため、治すことで歯の寿命を延ばすことができるようになると言えます。

早めに受け口を治して、自分の歯を長く使っていきましょう。

1415
Return Top