受け口は放置しても大丈夫?

受け口を放置すると、さまざまなリスクが高まります


受け口をコンプレックスに感じていて、「治したい」と思っていても矯正するとなるとためらってしまう人が多いです。

しかし、受け口を放置してしまうと、さまざまなリスクが高まってしまうため、できるだけ早期に改善されることをおすすめします。

受け口は見た目が悪いだけでなく、虫歯や歯周病、咬合性外傷、発音がしにくくなるなどのリスクが高まってしまいます。

受け口は放置すると、虫歯や歯周病などにかかりやすくなります

受け口で悩んでいても、矯正装置を付けることが恥ずかしかったり、期間がかかったりするからといって諦めてしまう方も多いです。

「見た目は我慢すればいいから」と諦めてしまうのは危険です。

受け口を放置すると、次のリスクが高まります。

虫歯や歯周病

受け口など歯並びが悪いと、食べ物が歯と歯の間に詰まりやすく、さらに歯磨きもしにくいため汚れが残りやすいです。

当然汚れが溜まっていると、虫歯や歯周病にかかりやすくなります。

歯並びが悪いままだと、虫歯の施術をしてもまたそのうち虫歯になるということを繰り返してしまうことも多いです。

そのほか、汚れが溜まることで歯茎が炎症を起こし、歯周病にもかかりやすくなってしまいます。

咬合性外傷

通常であれば噛むと歯全体で力を分散させますが、歯並びや噛み合わせが悪いと特定の歯に力がかかってしまいます。

すると、その一部の歯にだけ大きな力が働き、歯を支えている歯槽骨や歯根膜などの歯周組織はダメージを受けます。

歯の摩耗や破折、噛む際に痛んだり、知覚過敏になったりすることもあります。

歯周病の進行を進めることもあり、力がかかっている歯周辺の骨が減ってしまうこともあります。

そのほか発音がしにくくなったり、食べ物をうまく噛み砕くことができなくなったり、噛み合わせが悪いことで頭痛や肩こり、めまい、腰痛などの原因になることもあります。

受け口の施術方法は、歯列矯正だけではありません


受け口を治したくても施術を受けない人の理由として多く聞かれるのは、やはり見た目の問題でしょう。

一般的な歯列矯正は、歯にブラケットという装置を付けそこにワイヤーを通すため、周囲にバレてしまいます。

次に歯列矯正は施術が完了するまで、数年かかるということです。

歯列矯正は平均でも2~3年、歯並びの程度によってはもっとかかることもあります。

歯列矯正は、何年も矯正装置を付けたままという状態を続けなくてはなりません。

セラミック矯正ならば、歯列矯正のように装置を付けることなく、短期間で歯並びを改善することができます。

セラミック矯正は歯並びが悪い部分の歯を少し削り、その上からセラミック製の差し歯を被せることで歯並びを改善します。

差し歯で並べなおすことで、受け口などの歯並びや噛み合わせを改善することができるのです。

歯列矯正のように歯全体を施術するわけでなく、歯並びを改善するために必要な歯のみを施術します。

そのため平均で数ヶ月という短期間で施術が完了し、費用も歯列矯正よりも抑えられることが多いです。

最短で数日で施術が完了することもあります。

また、セラミックは審美性に優れた材質で、近くで見ても本物の歯と区別がつかないほどきれいな差し歯になります。

受け口を放置すると、さらに歯並びが悪化する可能性があります

矯正をいつまでも敬遠し、そのまま放置しておくと様々なリスクが高まるだけではありません。

歯並びが悪くなる原因

受け口などの歯並びの原因は遺伝的要因もありますが、生活習慣や癖なども大きく影響します。

具体的には口呼吸や頬杖、うつぶせ寝やいつも同じ方を下にしてねる、舌を前に突き出す癖などが考えられます。

このような習慣や癖は、一定方向から歯に力が働くため歯並びが悪くなってしまいます。

大人になっても歯並びは悪化することがあります

歯並びが悪くなるのは子供の頃だけだと思われがちですが、実は力がかかり続ければ大人でも歯は移動します。

そのため、歯並びを悪くする習慣や癖を改善しないまま、受け口を放置すると歯並びはさらに悪化してしまう可能性があります。

受け口を治すのと同時に、このような習慣や癖も改善することが大切です。

(まとめ)受け口は放置しても大丈夫?

1.受け口を放置すると、さまざまなリスクが高まります

受け口は放置すると見た目が悪いだけでなく、虫歯や歯周病、咬合性外傷、慢性的な肩こりや滑舌が悪くなるなど、さまざまなリスクが高まってしまいます。

できるだけ早めに改善することが大切です。

2.受け口は放置すると、虫歯や歯周病などにかかりやすくなります

受け口は放置すると見た目が悪いだけでなく、虫歯や歯周病、咬合性外傷などのリスクが高まり、歯の寿命が短くなってしまう可能性があります。

そのほかにも慢性的な頭痛や肩こり、噛みづらいなどの症状が起こることがあります。

3.受け口の施術方法は、歯列矯正だけではありません

セラミック矯正は、短期間で受け口を治すことができます。

装置などを付けることもなく施術期間中は仮歯も入れるため、周囲にバレることはほとんどありません。

セラミックは本物の歯のような見た目なので、歯の色を白くすることもできます。

4.受け口を放置すると、さらに歯並びが悪化する可能性があります

大人でも一定方向から歯に力がかかり続けると、歯は動いて歯並びが悪くなっていきます。

原因となる習慣や癖を放置していると、さらに歯並びが悪化してしまう可能性があるので、できるだけ早めに受け口を治していきましょう。

1179
Return Top