受け口の悩みを解消するには?

受け口の悩みを解消するには、歯科矯正が効果的だとされています


受け口は、下顎が上顎よりも前に出ていて見た目の印象も良いとは言えず、外見に自信がもてないのが悩みだという人も多いでしょう。

しかし、大人であっても歯科矯正で受け口を改善することは十分可能だとされています。

軽度な受け口ならセラミック矯正などの歯科矯正で、重度であっても下顎の骨を歯と共に切って、移動させるセットバック法などの外科的施術で治せるケースは多々あります。

発音しにくい、見た目にも悪いなど悩みを持つ人が多いとされています

受け口は、下顎が前に突出しているので下顎が目立ちやすい特徴があります。

前からの見た目もそうですが、特に横から見ると顎がいわゆるしゃくれの状態になるため、コンプレックスに感じている人も少なくありません。

受け口が原因で人とのコミュニケーションが取りづらかったり、自分に自信がもてない、積極的になれないといった悩みを抱えてしまいがちであったりします。

また、見た目の悩みだけではなく、発音しづらい、自分の言葉が聞き取りにくいので相手に聞き返されるのが辛いというコミュニケーションそのものの問題も抱えてしまう場合だってあるのです。

下顎が外に出て上顎が内側に引っ込む形になるので、発音する際に舌が動かしにくく、空気が抜けてしまうので、サ行、タ行の発音がしづらくなる傾向にあります。

また、歯が正しく噛み合わさっていれば、歯や歯茎の汚れが自然に洗い流されるので口の中の清潔が保てます。

しかし、受け口だと噛み合わせが悪いので口内環境が悪化し、虫歯や歯周病にかかりやすくなってしまいます。

他にも、食べ物が咀嚼しにくい、十分に噛めないので飲み込みにくいといった弊害も起こりやすいのです。

受け口は頭痛や肩こりなどの体にトラブルを引き起こします


受け口は、見た目の印象が悪い、食べ物が噛みにくいという悩みの他にも、体の健康に様々な悪影響を及ぼすとされています。

まず、噛み合わせが悪く、噛みづらいが故に必死に食べ物を噛もうとして顎に不自然な圧力がかかり、顎の筋肉や骨が疲弊します。

その結果、口を開け閉めする時に耳の横の骨がカクカクしたり、顎が痛くなる顎関節症を発症するリスクが高まったりします。

さらに、食べ物がしっかり噛めないので消化不良となり、胃腸に負担がかかって胃腸の調子が悪くなる場合もあります。

また、顎から首の筋肉が酷使され、硬くなって血液が流れにくくなって、頭から首、肩や背中、腰にかけて痛みやコリが生じる可能性もあります。

そして、受け口を放置し、長期間経過するとその間下顎に大きな負荷がかかり続けることになるので、さらに下顎が前に突出してきます。

その結果、受け口の度合いが酷くなり、徐々に口が閉じにくくなってしまうリスクも高まるのです。

受け口は軽度のうちに矯正していくことで、更なる悪化や体の不調を防ぐことにもつながるのです。

受け口は歯科矯正や外科的施術で解消できる場合が多いとされています

受け口の悩みは、軽度なら歯並びを正しい位置に戻す歯科矯正でほぼ解消できるとされています。

歯科矯正というと、長期間矯正器具を装着して歯を移動させるワイヤー矯正が一般的ですが、矯正器具を装着せずに、しかも比較的短期間で施術が完了するというセラミック矯正はおすすめです。

自分の歯を土台として、そこへ丈夫なセラミックで作った人工歯を被せる施術なので、自分の思うような歯並びが実現しやすい矯正法とされています。

しかも、見た目の審美性にも優れているので、受け口のコンプレックスが解消されやすいと言われています。

また、下顎がかなりしゃくれている重度の受け口であっても、セットバック法という施術で受け口を治せる場合があります。

下顎分節骨切法といって、下顎の骨を歯と一緒に切って、他の歯を内側に移動させて下顎を引っ込めるという施術です。

外科的な施術ですが矯正歯科でも受けられるので、受け口の程度によって施術法をまずは相談してみることが大事です。

(まとめ)受け口の悩みを解消するには?

1.受け口の悩みを解消するには、歯科矯正が効果的だとされています

受け口は、見た目にもあまり良い印象を抱かれにくく、コンプレックスを感じている人もいるでしょう。

しかし、歯並びを整えたり、顎の骨を切って骨と歯を移動させたりすることで受け口を解消できるケースは多いと言われています。

2.発音しにくい、見た目にも悪いなど悩みを持つ人が多いとされています

受け口は特に横からの見ると顎がしゃくれて見えるのが悩みだと言う人が多いものです。

さらに、舌が動かしにくいので発音しにくい言葉もあり、聞き取れない相手から聞き返されるのが恥ずかしいと感じている人もいます。

3.受け口は頭痛や肩こりなどの体にトラブルを引き起こします

受け口だと食べ物が噛みにくいので消化不良を起こしたり、顎に力が加わることで顎関節症や頭痛、肩こりを引き起こしたりなどのトラブルを抱える可能性があります。

そのまま放置すると、下顎はより前に突出して口が閉じにくくなるといった事も起こり得ます。

4.受け口は歯科矯正や外科的施術で解消できる場合が多いとされています

受け口は軽度から中程度なら、歯並びを正しくするセラミック矯正などの歯科矯正で改善できるとされています。

下顎が大きくしゃくれた重度の受け口でも、セットバック法という外科的施術で治せるケースが多いと言われています。

1225
Return Top