受け口の施術後に行う「術後矯正」は何のためのもの?

術後矯正は、受け口の後戻りを防ぐためのものです


受け口を改善するための外科的な施術は、別名「骨切り術」と呼ばれるセットバック法になります。

セットバック法は抜歯をすることでスペースを空け、骨ごと下顎を後方に移動させる施術ですが、退院後も半年から1年ほどの術後矯正を必要とします。

術後矯正を行うことで、下顎を引っ込め、受け口の後戻りを防ぐことが可能だと考えられているからです。

外科的な施術では、受け口が後戻りしないために術後矯正を行います

歯性の問題だけで受け口になっている場合は、セラミック矯正やワイヤー矯正、舌裏矯正などの歯科矯正で改善することが可能だといわれています。

一方、骨格性の問題で受け口になっている場合は、歯科矯正では改善できないと考えられており、外科的な施術を必要とします。

受け口を改善するための外科的な施術は「骨切り術」とも呼ばれるセットバック法になります。

セットバック法は、上下左右の4番目の歯(第1小臼歯)を抜歯しスペースを空け、前歯6本と歯茎を骨ごと後方に動かすことで下顎の突出を改善させる施術です。

入院期間は医療機関によっても違いますが、1週間から2週間程度が一般的です。

その後、矯正歯科クリニックに通院し、術後矯正を半年~1年ほど受ける必要があります。

なぜ、術後矯正を受けなければならないのかという理由については、二点考えられます。

  1. 下顎を引っ込め、受け口の後戻りを防ぐため
  2. 噛み合わせを安定させるため

なお、外科的な施術と術後矯正のみで受け口を改善できるケースもあれば、外科的な施術の前に術前矯正を必要とするケースもあります。

術前矯正が必要な場合と、そうでない場合とがあります


受け口を治す際、いきなり外科的な施術を行い、その後術後矯正に入る場合もあれば、外科的な施術の前に術前矯正を行う場合もあります。

術後矯正のみで受け口を改善できる方ばかりではなく、受け口の症状や度合いによって、術前矯正を受けなければならないというわけです。

受け口は「反対咬合」とも呼ばれており、上の前歯よりも下の前歯の方が前に突出している状態を指します。

加えて、上下の歯の噛み合わせが左右にずれてしまっているケースもあり、この場合は術前矯正を必要とすることが多いです。

他にも、歯のガタガタが酷い場合や、歯の傾斜が不正な場合も、外科的な施術を行う前に、まず正しい歯並びに矯正する必要があると考えられるため、術前矯正が必要となるでしょう。

また、上顎もしくは下顎のいずれかの骨格の位置や形状に変形が見られる症状(顎変形症)の場合も、基本的には術前矯正が必要です。

術前矯正を行う場合は、外科的な施術を行う前に、矯正歯科クリニックに通院し、半年~1年半程度の矯正施術を受けることとなります。

受け口の外科的な施術は矯正施術の間に行われます

症状や医療機関によっても異なりますが、受け口を改善するためには、長期間を必要とすることが多いです。

一刻も早く受け口を治したい気持ちは分かりますが、きちんと施術が受けられるように、そして受け口が後戻りしないように、手順を踏んで改善していくことが大切なのです。

ここでは、受け口が治るまでの過程をまとめてみたいと思います。

  1. 術前矯正を行う
    矯正歯科クリニックでの矯正施術。半年~1年半程度かかる。
  2. 外科的な施術(セットバック法)を受ける
    美容外科クリニックでの外科的な施術。数時間で完了することがほとんど。
  3. 外科的な施術(オトガイ形成術)を受ける。下顎の突出が気になる場合は、セットバック法を施術した後にオトガイ形成術を行うことで顎先を整える。
  4. 入院する
    入院を必要としない場合もある。入院する場合は、1週間~2週間程度で退院できる。
  5. 術後矯正を行う
    矯正歯科クリニックでの矯正施術。半年~1年程度かかる。

    また、医療機関によっては、定期的な通院で保定装置のメンテナンスを行う場合があります。

(まとめ)受け口の施術後に行う「術後矯正」は何のためのもの?

1.術後矯正は、受け口の後戻りを防ぐためのものです

セットバック法など、受け口を治すための外科的な施術を行った後、半年後から1年程度術後矯正というものを必要とします。

術後矯正は、受け口の後戻りを防ぐことを目的として行われるものだと考えられています。

2.外科的な施術では、受け口が後戻りしないために術後矯正を行います

セットバック法は外科的な施術になるため、医療機関によっては入院を必要とすることがあります。

その後、術後矯正が半年~1年程度必要となりますが、その理由は、受け口の後戻りを防ぐためと噛み合わせを安定させるためだといわれています。

3.術前矯正が必要な場合と、そうでない場合とがあります

術後矯正のみで受け口を改善できる場合と、術前矯正を必要とする場合とがあります。

噛み合わせが左右にずれている、歯のガタガタが酷い、歯の傾斜が不正、顎変形症などの症状を持っているケースでは、半年~1年半程度の術前矯正を行われるのが一般的です。

4.受け口の外科的な施術は矯正施術の間に行われます

受け口が治るまでの過程はこうなります。

術前矯正を行う(半年~1年半程度)⇒外科的な施術を受ける⇒オトガイ形成術を受ける⇒入院する(1週間~2週間)⇒術後矯正を行う(半年~1年程度)⇒メンテナンス

1643
Return Top