受け口と出っ歯、矯正の仕方にはどんな違いがある?

受け口と出っ歯の矯正方法は、基本的には同じだといわれています


受け口は「下顎前突」、出っ歯は「上顎前突」とそれぞれ別の呼ばれ方をしており、いずれも歯列や顎が前に突き出てしまっているような状態です。

受け口や出っ歯の原因には「歯性」のものと「骨格性」のものとが考えられており、歯性のものであれば歯列矯正で、骨格性のものであれば外科的な施術で改善が可能だといわれています。

施術を行う箇所が上顎か下顎かの違いということになります。

それぞれの原因には「歯性」と「骨格性」があるとされています

矯正歯科での相談が多い「受け口」と「出っ歯」ですが、これらにはどんな違いがあり、また、矯正の仕方はどのように異なるのでしょうか?

まず、受け口がどういったものなのかを見ていきましょう。

受け口は別名「反対咬合」「下顎前突」とも呼ばれており、下の歯列が上の歯列よりも前に出てしまっている状態のことを指します。

一方、出っ歯は別名「上顎前突」とも呼ばれており、上の歯列が下の歯列よりも前に出てしまっている状態のことを指します。

このように、片方の歯列または顎が前に突き出ているという点が、受け口と出っ歯の共通点だといえます。

いずれも原因は「歯性」のものと「骨格性」のものとに分けて考えられており、どちらが原因なのかによって、改善方法も異なります。

「歯性」が原因となっている場合、セラミック矯正やワイヤー矯正などの歯列矯正で改善することが可能ですが、「骨格性」が原因となっている場合、歯列矯正では不十分と考えられており、外科的な施術を行わなければ改善が難しいといわれています。

受け口と出っ歯に共通点は多く、施術を行う箇所が上顎か下顎かの違いということになります。

受け口や出っ歯は遺伝や癖などが原因で起こります


受け口や出っ歯でお悩みの方の中には、外見的な問題を改善したいと考えているだけでなく、発音の際に生じる障害を改善したいと考えている方も少なくはありません。

では、そもそも受け口や出っ歯は何が原因で起こるのでしょうか?

考えられる原因について挙げていきましょう。

親からの遺伝

顔のパーツや輪郭は親から遺伝すると言いますが、顎の骨格や歯の生え方なども同様です。

つまり、受け口や出っ歯も親から遺伝する可能性があるということになります。

幼少期の癖

成長過程、特に幼少期の癖は骨格の発達や歯の生え方に大きな影響を与えるといわれています。

例えば、指しゃぶりや舌を歯に押し付けるような癖、唇を噛んだり吸ったりするような癖、爪を噛む癖などが該当します。

口呼吸

本来であれば呼吸は鼻で呼吸するものですが、無意識のうちに口で呼吸をしている人は意外に多いといいます。

しかし、口呼吸は受け口や出っ歯の原因になると考えられているので注意が必要です。

口呼吸を行うと、口周辺の筋肉が緩み、前歯に舌の圧力がかかりやすくなり、前方に押し出されてしまうと考えられるからです。

大人になってから受け口や出っ歯になったという方は、口呼吸が原因になっている可能性が高いです。

改善にはセラミック矯正や骨切り術がおすすめです

受け口や出っ歯を改善する方法には、歯列矯正と外科的な施術の二種類が挙げられますが、前者は「歯性」が原因である症状、後者は「骨格性」が原因である症状に適していると考えられています。

それぞれどのような方法で受け口や出っ歯を改善していくのか、見ていきたいと思います。

セラミック矯正

受け口や出っ歯になっている歯の根っこを残して歯を削り、そこに仮歯を入れて固定します。

歯型を取り、お客様の歯の形状に適した歯を歯科技工士が作成します。

その後、出来上がったセラミックの歯を被せれば施術が終了します。

従来のワイヤー矯正に比べ、費用も期間も最小限に抑えることが可能です。

骨切り術(セットバック)

4番目の歯を抜歯することでスペースを開け、前歯6本と歯茎の骨を後ろに下げる施術が骨切り術と呼ばれています。

この施術を行うことで、横顔の理想的なライン「Eライン」に整えることが可能となります。

骨切り術は、歯列矯正では改善できなかった受け口や出っ歯を治すことのできる施術として、多くの方から選ばれています。

(まとめ)受け口と出っ歯、矯正の仕方にはどんな違いがある?

1.受け口と出っ歯の矯正方法は、基本的には同じだといわれています

受け口と出っ歯の共通点は、歯列または顎が前に突き出ている状態であるところにあります。

また、いずれも原因は「歯性」のものと「骨格性」のものに分けて考えられ、前者であれば歯列矯正で、後者であれば外科的な施術で改善することが可能です。

2.それぞれの原因には「歯性」と「骨格性」があるとされています

受け口は下の歯列が上の歯列よりも前に、出っ歯は上の歯列が下の歯列よりも前に出てしまっている状態のことを指します。

いずれも「歯性」と「骨格性」の原因の二つが考えられており、前者は歯列矯正で、後者は外科的な施術で改善することが可能です。

3.受け口や出っ歯は遺伝や癖などが原因で起こります

受け口や出っ歯の原因は共通している所が多いといいます。

例えば、顎の骨格や歯の生え方が親に似る「遺伝」である場合などが挙げられます。

また、指しゃぶりや舌癖など幼少期の癖が原因の場合もありますし、口呼吸が原因となる場合もあります。

4.改善にはセラミック矯正や骨切り術がおすすめです

受け口や出っ歯の改善方法には歯列矯正と外科的な施術との二種類があります。

前者は歯を削りセラミックを被せるセラミック矯正が、後者は抜歯により骨ごと後方に移動させる骨切り術がおすすめの施術法となっています。

1151
Return Top