軽度の受け口にはどのような矯正方法があるの?

軽度の受け口は時間をかけた歯列矯正が一般的です


軽度の受け口であれば、大掛かりな施術などは基本的に必要ありません。

時間はかかるものの、少ない負担で行える歯列矯正程度で綺麗な状態が目指せます。

時間がかかるという点はデメリットに感じられるかもしれませんが、負担が少なく実生活に影響しにくいためむしろ理想的ともいえます。

医療機関によっては外科的施術を勧める場合もあるので、自身で見極めることも大切です。

特殊なワイヤーやゴムを使って自然な施術を行います

軽度の受け口は、顎の骨そのものではなく歯のゆがみによっておこる、いわゆる歯性要因のケースが多いです。

そのため、顎そのものに手を加える外科的施術ではなく、時間をかけて歯を正常な状態へと近づける歯列矯正が一般的だと言われています。

具体的な施術方法としては、専用の特殊なワイヤーやゴムを使って固定する形になります。

外側にワイヤー等を装着したりする、一般的な歯列矯正とそこまで変わりはありません。

ただ、正しい方向にじっくりと負荷をかけて治していくため、長い期間を要するという特徴も伴います。

状態にもよりますが、だいたい1年かけて治していきます。

この矯正方法の場合、見栄えを気にする人も多いのが実際のところです。

ですが、受け口もまた見栄えに繋がる症状であるため、将来的に正常な状態を目指せるのであればそこまでデメリットともいえません。

適切な矯正施術を受けて、自信の持てる見た目を手に入れてみてはいかがでしょう。

軽度であっても外科的施術を勧められるケースに注意しましょう


前述の通り、受け口の程度が軽度なのであれば、歯列矯正による改善が有効です。

これには、大掛かりな施術が伴わないことにより実生活への負担を抑えられるというメリットも伴います。

ですが、かならずしもそうした診断が下されるとは限りません。

自分では軽度の受け口だと思っていても、骨格や歯並びの度合いにより、外科的な施術を勧められることもあるでしょう。

もちろん、その方法ならば改善が期待できますが、どうしても生活への負担は避けられません。

抜歯程度なら数日の腫れで済むかもしれませんが、骨切り施術や入院なども伴うとなれば、大きな影響が出ます。

また、費用に関してもより負担が大きくなるかもしれません。

大学病院などで要外科的施術と診断されても、また違う機関では矯正のみで問題ないとおすすめされることもあります。

より理想的な施術に繋げられるよう、自信でもある程度知識を持って希望を伝えられるとより安心です。

セカンドオピニオンを利用して、複数の医療機関における意見を参考としても良いでしょう。

自分の体のことですので、しっかりこだわりましょう。

軽度であっても受け口を矯正することにはメリットがあります

今回、軽度であっても受け口が気になる人向けに情報をご紹介しました。

ですが、逆に軽度であればそこまで気にならないという人も、わりと多いことでしょう。

顎骨そのものでなく、歯の向き程度が要因となっているわけですから、そこまで深刻な病気ともいえません。

とはいえ、それでもなお受け口の矯正はおすすめであるといえます。

なぜなら、受け口を放置すると以下のような症状も併発するかもしれないためです。

コリ症状に悩まされる

歯性要因による受け口ということは、歯並びが悪い状態であるとも言い換えられます。

そして歯並びの悪さは、首や肩のコリに繋がることで知られています。

噛み合わせに偏りが生まれるため、バランスよく力を込められなくなるためです。

その点、矯正が完了すれば受け口と同時にコリ症状も改善されることが期待できます。

気分が明るくなる

受け口は見栄えに影響する症状です。

そのため、コンプレックスとしている人も少なくありません。

事実、受け口を改善することにより、見栄えどころか目の輝きまで見違えたというケースもあるそうです。

気分、さらには人生までをも明るい印象のものにできるかもしれません。

晴れやかな気持ちで人生を送るという意味でも、有効な施術となることでしょう。

(まとめ)軽度の受け口にはどのような矯正方法があるの?

1.軽度の受け口は時間をかけた歯列矯正が一般的です

軽度の受け口は、時間をかけて行う歯列矯正による改善が一般的です。

外科的施術よりも負担が少なく、実生活に影響も出にくく安心です。

医療機関によっては外科的施術を勧める場合もあるため、個人での見極めも大切です。

2.特殊なワイヤーやゴムを使って自然な施術を行います

軽度の受け口は、主に歯性要因のゆがみが一般的です。

そのため、特殊なワイヤーやゴムを固定して行う、歯列矯正施術が効果的です。

期間は1年ほどかかりますが、長年の悩み解消に繋げられる有効な手段となります。

3.軽度であっても外科的施術を勧められるケースに注意しましょう

軽度の受け口であっても、医療機関によっては大掛かりな外科的施術が勧められることもあります。

その場合、実生活への負担や費用的な問題も気になります。

後悔しないよう、何でも医師任せにせず、自分の意思もしっかり伝えることが大切です。

4.軽度であっても受け口を矯正することにはメリットがあります

軽度だからといって、受け口は軽視すべきでありません。

噛み合わせの悪さから首や肩のコリを起こしたり、またコンプレックスとなってストレスに繋がったりするかもしれないためです。

的確な矯正で解消できれば、そうした部分についても改善が期待できます。

2867
Return Top