受け口の矯正には年齢制限がある?

受け口の矯正は年齢制限がなく大人でも可能です


受け口の矯正は、幼児期に限ってできるものだと誤解されがちです。

矯正は、年齢に関係なく、子供から大人まで行うことができます。

むしろ、大人にしかできない受け口の施術方法もありますので、大人だから受け口を治せないと誤解して諦めている方は、ぜひ今からでもはじめてみるべきでしょう。

大人でも受け口の矯正をスタートできます

受け口の施術はなるべく子供の段階で行っておくべきだということを聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

子供の時は、歯の位置がまだ固定されていないため、矯正を行うことで歯が動きやすく、施術しやすい環境にあると言えます。

しかし、だからと言って受け口の施術が子供の時にしかできないというわけではありません。

受け口の施術は大人になってからでもスタートさせることができます。

むしろ、ある程度成長してからでないとできない施術方法もあるほどです。

受け口の症状は、3歳前後で指摘されることが良くあります。

施術を行うのであれば、それくらいの年齢からスタートさせることができますが、いくつまでしかできないという上限は特にありません。

受け口の施術は、幅広い年齢の方が取り組むことができます。

受け口は、施術してみようかなと感じたその時が、施術スタートの最良の時だと言っても過言ではありません。

また、施術にはある程度の施術期間が必要になるケースがあります。

受け口が気になる人であれば、なるべく早めに施術をスタートさせると良いでしょう。

大人になってからしか出来ない受け口の施術もあります


受け口の矯正は子供の時に行うというイメージが強いものですが、実はそうではありません。

受け口の施術の中には、ある程度成長してからでないとできないものもあるのをご存知でしょうか。

受け口の症状が重度の場合、飲食が困難であったり、発音に特徴が見られたりなどの傾向があります。

また、歯みがきがしにくいと感じている人は重度の受け口である可能性があります。

症状が重度の場合は、歯列矯正だけではキレイに治すことは難しくなり、外科的施術が必要になることがあります。

骨格の位置をずらす施術法になるので、外科的施術は骨の成長が止まってからしか行えない施術になります。

子供の時に矯正で行われるマウスピースを使った施術やワイヤーを使った施術などは、大人になってからでもできる施術法です。

他にも、永久歯をけずって人口のセラミック歯をかぶせて受け口を治す方法もあります。

受け口の施術は子供の時に行うものと勘違いしている人も多いものですが、むしろ大人になってからの方が受け口の施術法は選択肢が多いと言い替えることができるでしょう。

大人になってから施術をすることにもメリットがあります

歯列矯正は、歯が動かしやすい子供のころに行うからこそメリットがあると思われがちですが、実は、大人になってからこそのメリットもあるのをご存知でしょうか。

子供の頃の比較的早い段階で施術を行うと、一時はキレイになるものの、その後の成長に伴って、受け口が再発することがあります。

また、受け口は治ってもその後の歯の生え代わりの段階で、叢生と呼ばれる歯が前後ガタガタに並んでしまう状態が現れることもあります。

大人になってから受け口を施術すると、歯の成長が止まっているので、一度キレイにすると、キレイな状態がそのまま保たれることになり、何度も矯正しなくてはならないということには滅多になりません。

大人になってから受け口を施術すると、医師とのコミュニケーションが取りやすく、不安なく施術を進められるということもポイントになります。

特に受け口はその人の外見に深く関係することなので、どのような口元になりたいのか、施術することでどのように改善できるのかなど、納得した上で施術ができるということは非常に大きなメリットだと言えるでしょう。

大人は施術できないと誤解していた方はぜひ医師に相談してみてはいかがでしょうか。

(まとめ)受け口の矯正には年齢制限がある?

1.受け口の矯正は年齢制限がなく大人でも可能です

受け口の施術は幼児期に限ったものではありません。

大人の方でも受け口は治すことができます。

諦めてしまう前に、正しい情報をチェックして、理想的な口元を手に入れましょう。

受け口が治ることで、生活は大きく変わることでしょう。

2.大人でも受け口の矯正をスタートできます

子供の時だけでなく、大人になってからでも施術をスタートさせられるのが受け口です。

大人になったからと諦めてしまっていた人は、ぜひ早めに施術をスタートさせてみませんか?
受け口の施術は、治したいと感じたその時が施術の初め時です。

3.大人になってからしか出来ない受け口の施術もあります

受け口の矯正で外科的施術は、骨の成長が止まってからでないと、施術をスタートすることができません。

子供の頃に出来る受け口の施術方法は、大人になってからでもできます。

受け口は、大人の方が施術方法の選択肢が多いと言えます。

4.大人になってから施術をすることにもメリットがあります

大人になってからの施術は、骨の成長が止まってからスタートするので、受け口が再発しにくく、施術後もキレイな口元をキープすることが容易です。

医師とコミュニケーションを取り、納得のいく施術が選択できるという点も大きいでしょう。

1125
Return Top