受け口は悪化することがある?

受け口は施術をしないと悪化することがあります


受け口は、遺伝的な理由によると思っている人も多いものです。

遺伝が原因で受け口が起こることもありますが、それ以外にも理由があります。

受け口を引き起こす習慣があり、それを続けてしまうことで受け口は悪化してしまいます。

悪化してしまうことによって心身には様々な影響を与えます。

状態を悪化させないためにもきちんと施術することが大切です。

受け口は放置していると症状が悪化することがあります

受け口になる原因は、遺伝的な要素が大きく関わっているとされています。

しかし、遺伝以外にも受け口になってしまう理由がいくつかあるのをご存知でしょうか。

受け口になる原因は、日ごろの習慣が大きく関係しています。

例えば、幼少期の顎の位置がまだ安定していない頃であれば、下あごを前に出す癖がある子供がそのまま受け口になってしまうこともあります。

大人の受け口の場合は、舌の位置が大きく関係しています。

舌の位置が悪く、舌が歯を押すような癖がある人は受け口になりやすい傾向があります。

言い換えると、歯並びにとって良くない習慣を放置し続けることで、その症状が悪化してしまうことがあるのです。

受け口の症状を悪化させないためにも、まずは医師に相談をして、自分の受け口の症状がどのようなものであるか、何が影響していて、どこを整えると症状が改善されるのかということを把握することが大切です。

状態や症状を悪化させるような癖を理解した後、状態に合った施術方法や、今後の施術の進め方を決めていくと良いでしょう。

悪化した受け口にはセットバック法かワイヤーでの施術がおすすめです


遺伝的要素に加えて、習慣によって受け口の状態がさらに悪化してしまった場合、施術法はあるのでしょうか?
大人の受け口は改善できないと思い込んでいる人も少なくありませんが、受け口は、万が一状態が悪化してしまった場合でも、改善することが可能です。

症状が比較的軽い場合は、マウスピースで治すことが可能ですが、悪化すると施術に時間がかかり、また大きな効果も期待することは難しいでしょう。

状態が悪化してしまった場合には、セットバック法という外科的な施術や、ワイヤーを使用した施術を行うことで、改善に効果が期待できます。

これらの施術では、歯の位置を大きくずらすことができるので、悪化した受け口の改善を諦めてしまった人にでも大きな効果が期待できます。

また、セットバック法はワイヤーを使用した施術よりも、短期間で効果が出るため、一刻も早く治したいという人におすすめです。

しかし、セットバック法やワイヤーを使った施術の場合は、マウスピースでの施術よりも費用がかかってしまうことがあります。

コスト面においても、受け口は悪化する前に対処しておくことが大切です。

悪化した受け口が治れば心身ともにメリットがあります

悪化した受け口を放置しておくと、外見だけでなく心身に悪影響を与えてしまいがちです。

では、受け口の状態を改善するとどのような嬉しい効果が期待できるのでしょうか。

体の変化

歯磨きをする際に、嚙み合わせが良くなることによって、これまで届かなかった部分に歯ブラシが届くようになり、虫歯のケアが簡単になります。

口腔内の衛生状態を保ちやすくなり、虫歯や歯周病の予防に役立ちます。

また、しっかりと咀嚼できるようになるため、食事の際の胃腸への負担が軽くなります。

唾液もきちんと分泌されるようになることもポイントです。

一番大きなポイントは外見の変化です。

バランスの取れた口元やスッキリとしたフェイスラインを手に入れることができます。

受け口を治すことで、自然な笑顔を手に入れることができます。

メンタル面での変化

外見が大きく変化することで、それまで少なからず感じていたコンプレックスが取り除かれ、自分に自信が持てるようになる人が多いものです。

自信が湧くと表情まで明るくなります。

発音もしやすくなったと感じる人も少なくありません。

(まとめ)受け口は悪化することがある?

1.受け口は施術をしないと悪化することがあります

受け口になるのは遺伝的な要素の他に、日ごろの習慣が大きく関係しています。

習慣を放置することで、受け口が悪化してしまう可能性もありますので、受け口は放置せずに早めに施術することをおすすめします。

2.受け口は放置していると症状が悪化することがあります

受け口は遺伝だけでなく、日ごろの習慣によって状態を悪化させてしまうことがあります。

幼少期であれば下あごを出してしまう癖などがあり、大人の場合は舌で歯を押すような癖などがあります。

これらの習慣に注意して、ご自身の状態にあった施術を決めていくと良いでしょう。

3.悪化した受け口にはセットバック法かワイヤーでの施術がおすすめです

状態が悪化してしまった受け口でも施術が可能です。

受け口の状態が比較的重度の場合は、セットバック法と呼ばれる外科的施術やワイヤーを使用した施術が有効です。

ただし、軽度の受け口の施術よりも費用がかかる場合もあり、早めに対処することが大切です。

4.悪化した受け口が治れば心身ともにメリットがあります

悪化した受け口を治すことで、心身ともに良い影響が出るケースが多々あります。

受け口が改善され、虫歯ケアが行いやすくなったことをきっかけに、美意識が高まる人も少なくありません。

受け口を改善して、キレイな口元と自信を手に入れたいものです。

1147
Return Top