大人のひどい受け口を治す方法はある?

大人のひどい受け口にも施術法があります


受け口は幼少期にしか治せないと勘違いしている人も多いものですが、大人のひどい受け口でも対処できる施術法があります。

受け口の施術は、セラミックによる歯列矯正、外科的施術による矯正(セットバック法)、ワイヤーによる歯列矯正の3種類があります。

医師と相談をして受け口の状態に合わせて施術法を選ぶと安心です。

大人の受け口は矯正できます

受け口の矯正というと、子供の時のマウスピースやワイヤーでの施術であり、大人になってからではできないものだと勘違いしている方が多いものです。

確かに、子供の歯や顎は発達途中のため、歯列矯正が行いやすい状態だと言えます。

しかし、受け口は、大人になってからでも施術することが可能です。

諦める前に、大人でもできる受け口の施術法をチェックしてみましょう。

セラミックによる歯列矯正

受け口の原因になっている部分の歯を削り、セラミックで作った人工の歯を被せて施術します。

受け口の状態によって、必要があれば抜歯や神経の施術も行います。

セットバック法

歯だけでなく骨格ごと施術したい場合に行う外科的施術です。

下あごの歯を骨ごと抜歯し、その部分に前歯をスライドさせるように後方に移動させます。

3つの中では一番大きな施術になるので、入念なカウンセリングと医師の経験が重要になります。

ワイヤーによる歯列矯正

歯にワイヤーとブランケットという器具を取り付け、歯を引っ張ってキレイな形に整えます。

受け口の状態によって、必要があれば1~数本抜歯をすることもあります。

基本はワイヤー、期間重視はセラミック、骨格施術は外科的施術がおすすめです


大きく分けて3つに分かれる大人の受け口の施術法ですが、どれを選べば良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

それぞれの施術法の特徴を知って、最適な方法を選びましょう。

3つの施術法の中で、最もオーソドックスな方法はワイヤーによる歯列矯正です。

歴史の長い施術方法ですが、ワイヤーとブランケットと呼ばれる器具を取り付けるため、食事や会話、歯磨きがしづらいと感じる人もいます。

施術に比較的時間がかかるため、定期的に長く施術を受けられる方に適しています。

セラミックによる施術は、歯を削り被せ物をすることで施術できるので、長くかかっても数か月で終えることができます。

なるべく早く施術を終了させたい人におすすめです。

また、器具を取り付ける必要がないため、人前に出る機会が多い方に適しています。

セットバック法による施術は、歯だけでなく骨格ごと施術するので、見た目の変化が一番大きな施術法だと言えます。

施術後は、顎が引っ込むことにより、顔全体のバランスが大きく変わります。

受け口による外見で深刻に悩んでいる人には特におすすめです。

受け口がもたらすデメリットは様々です

一般的に「受け口」と呼ばれる状態には様々なデメリットがあるのはご存知でしょうか。

受け口のデメリットを知って、自身のためにもしっかりと治していくことが大切です。

外見や発音による精神的な負担

受け口の状態がひどくなることに比例して、外見上の変化も大きくなります。

また、サ行や英語など外国語が発音しにくいなどの影響もあります。

外見や発音の問題は、「相手にどう思われているのだろう」とコミュニケーションにおいては大きな精神的な負担になります。

こういった深刻な悩みを抱えている人は少なくないでしょう。

咀嚼機能の低下

きちんと噛み合わすことができないため、食べ物を大きなままで飲み込んでしまうことがあり、胃腸に負担がかかりやすくなります。

また、正しい位置で噛み合わすことができないため、顎に負担がかかり顎関節症になりやすくなります。

ひどい場合は、肩こりや頭痛を引き起こすこともあります。

虫歯や口臭、歯周病の原因になる

反対咬合は歯ブラシをきちんと隅々まで当てることが難しく、磨き残しの原因にもなります。

虫歯や口臭だけでなく、歯周病や歯肉炎になる可能性もあり、長く健康な歯を残すことに影響が出る場合もあります。

(まとめ)大人のひどい受け口を治す方法はある?

1.大人のひどい受け口にも施術法があります

大人のひどい受け口でも矯正できる方法があります。

施術法は、セラミックによる歯列矯正、外科的施術によるセットバック法、ワイヤーによる歯列矯正の3種類があります。

受け口の状態をチェックしながら、医師と相談しながら進めましょう。

2.大人の受け口は矯正できます

受け口の矯正は大人になってからでも行えます。

セラミックによる歯列矯正、骨格ごと施術するセットバック法、ワイヤーによる歯列矯正の3種類から矯正の方法を選ぶことができます。

諦めずに受け口を治して快適な生活を手に入れましょう。

3.基本はワイヤー、期間重視はセラミック、骨格施術は外科的施術がおすすめです

ゆっくりと治したい人はワイヤーによる矯正、短期間で施術したい人はセラミックによる矯正、骨格ごと施術したい人はセットバック法など、施術法によってメリットが異なります。

受け口の状態を見ながら医師と相談して最適な施術法を選びましょう。

4.受け口がもたらすデメリットは様々です

受け口は外見や発音による精神的負担がかかったり、咀嚼機能の低下により、体に負担がかかり不調を呼び起こす原因にもなります。

また、歯磨きが不完全な状態にもなりやすく、虫歯や歯周病の原因を作りがちです。

心身に大きな不調が出る前に、受け口を治しましょう。

3023
Return Top