受け口はインビザラインで治せるの?

受け口はインビザラインでも治すことができます


受け口など歯並びの施術法と言えば、ワイヤーやブラケットを使った一般的なワイヤー矯正をイメージする人が多いと思います。

しかし、受け口を治す方法はそれだけではありません。

インビザラインとはマウスピースを使った矯正のことで、目立ちにくいため周囲に気付かれることはほとんどありません。

そのため、ワイヤーなどの装置を付けることに抵抗がある人にもおすすめです。

インビザラインとは、信頼性の高い最先端のマウスピース矯正です

インビザラインとマウスピース矯正は同じと思っている人もいるかもしれませんが、実はインビザラインとマウスピース矯正は違います。

インビザラインとそのほかのマウスピース矯正との違いについて説明していきます。

インビザラインとは

インビザラインは1997年にアメリカのアライン・テクノロジー社が開発・作製している最先端のマウスピース矯正装置で、これまでに世界中で340万人以上の施術実績があります。

施術の流れ
  1. 精密な歯型をとって、データなどをアメリカのアライン・テクノロジー社に郵送します
  2. スキャニングデータや口腔内写真・レントゲン写真などのデータから、3Dシミュレーション画像が作製され、担当医に送信されます。
  3. 担当の歯科医師がそれをもとに、コンピューターの画面上でどのように歯を動かしていくか計画を立てます
  4. 計画が完成したら、お客様に説明し同意が得られれば、計画に沿った段階ごとのマウスピースが、全て自動で作成されます

一度に全てのマウスピースができるため、歯型をとるのははじめの一度だけになります。

そのほかのマウスピース

  1. はじめに歯型をとります
  2. 歯科技工士が模型上で、歯を少し動かした状態を予測し、マウスピースを作製します
  3. お客様の歯が少し移動したら再度歯型をとり、同じようにマウスピースを作製していきます

その他のマウスピース矯正の場合は、歯が移動したらそのたびに歯型をとるという作業を繰り返します。

インビザラインで治せない場合もあります


インビザラインはワイヤーなどの目立つ装置を付ける必要もなく、信頼度の高い技術です。

歯科医師のインビザラインの経験や知識が必要になりますが、従来のマウスピース矯正では難しいとされていた症例にも対応できるようになってきています。

お客様のお口の状況によっては、インビザラインができないことも

それでも歯並びなどお客様のお口の中の状態によっては、インビザラインで施術できない場合もあります。

そのほか歯の本数が少なかったり、噛み合わせが強すぎたり、歯周病がひどい場合は施術中に歯が抜けてしまう可能性も考えられます。

装着時間が短いと、十分な効果が得られません

インビザラインは自分で食事や歯磨きなどの際に、取り外すことができます。

これはメリットでもあるのですが、マウスピースの装着時間を守らなければ歯は動きません。

失敗してしまわないように、食事と歯磨き以外のときは付けておくようにしましょう。

インビザラインは痛みや通院回数も少なくて済みます

インビザラインのメリットには様々なメリットが存在します。

痛みや違和感が少ない

1つのマウスピースで動かす歯の距離は小さく設計してあるため、他の矯正治療よりも痛みが少ないというメリットがあります。

また、マウスピースの厚みはわずか0.5mm程度と薄いので、違和感も少ないです。

何回も型取りする必要がない

インビザラインは10日~2週間で、次の段階のマウスピースに交換していきます。

型取りが苦手な人も多いですが、インビザラインははじめに型取りをするだけで、全てのマウスピースを自動で作ることができます。

ほかのマウスピース矯正のように何度も型取りをする必要がありません。

通院回数が少ない

ほかの矯正は2~4週間に1回程度通院が必要になりますが、インビザラインの通院は1~3ヶ月に1回程度です。

通院回数は少ないですが、少しずつ動かしていくためワイヤー矯正と変わらないくらい期間がかかります。

インビザラインの施術期間は、平均で2~2年半くらいです。

通院回数や施術期間を減らしたいのであれば、セラミック矯正でも受け口を治すことができます。

(まとめ)受け口はインビザラインで治せるの?

1.受け口はインビザラインでも治すことができます

インビザラインはマウスピースを使った矯正法で、受け口だけでなく、出っ歯やガタガタした歯並びなどを治すことができます。

インビザラインは薄い透明のマウスピースを使用するため、接客業やワイヤー矯正に抵抗がある人に人気の施術法です。

2.インビザラインとは、信頼性の高い最先端のマウスピース矯正です

インビザラインは最初に精密な歯型をとり、コンピューター上で歯の動きなどを予測しい全てのマウスピースを自動で作成します。

世界中で行われており、信頼度が高い施術法です。

そのほかのマウスピースは歯が動くたびに型取りをし、歯科技工士が作成します。

3.インビザラインで治せない場合もあります

インビザラインは歯並びの程度などによって、行えない場合があります。

またインビザラインは治療計画を立てる歯科医師によって、施術の差が大きな差が出るためクリニック選びは慎重に行いましょう

4.インビザラインは痛みや通院回数も少なくて済みます

インビザラインは痛みや違和感はほとんどなく、型取りや通院回数も少なくて済みます。

型取りが苦手な人や頻繁に通院ができないという人にもおすすめです。

受け口を治して、美しい口元を手に入れましょう。

2757
Return Top