受け口が発音に与える影響とは?

受け口は日本語だけでなく、英語の発音にも影響を与える可能性があります


受け口は別名「反対咬合」とも呼ばれており、下の歯が上の歯よりも前に出てしまっている状態のことを指します。

つまり、反対の噛み合わせになっている状態です。

そのため、発音や滑舌に悪影響を及ぼす可能性があるといわれています。

特に、サ行やタ行などの発音に影響が出やすく、日本語だけでなく英語の発音にも影響を与えることがあります。

受け口はサ行やタ行などの発音に影響を与えるといわれています

受け口の人は、一般的に下顎が上顎よりも前に突き出てしまっているように見えるため、フェイスラインにコンプレックスを抱くことが多いといわれています。

しかし、受け口によるコンプレックスは外見的なものばかりではありません。

受け口は「反対咬合」とも呼ばれており、通常の歯並びとは反対に、下の歯が上の歯よりも前に出てしまっている状態です。

これは噛み合わせが原因となり、発音や滑舌に悪影響を及ぼす可能性があります。

言葉が聞き取りにくく、相手から何度も聞き返されることや、舌足らずな喋り方になるなど、精神面にストレスを与えてしまうこともあるでしょう。

特に、サ行やタ行の発音に影響を与えるといわれており、英語の発音にも支障をきたすことがあります。

例えば、英語の「S」=エスや「Z」=ズィー、「T」=ティー、「d」=ディーなどは、舌先を歯の裏に付けて発音しなければなりません。

受け口による「反対咬合」の状態では、上手く舌先を歯の裏に付けることができないため、発音が不明瞭になってしまうと考えられます。

コミュニケーションを円滑にするためにも必要だといえます


受け口は外見的な問題だけでなく、発音に問題が生じることがあり、ひいてはコミュニケーションに支障をきたす恐れがあります。

ここでは、受け口を直した方がよいといえる理由を、発音の視点から見て挙げていきたいと思います。

日本のグローバル化

2011年に「小学校学習指導要領」が改訂されたことにともない、小学校5、6年生で外国語活動が授業の一環として行われるようになりました。

2020年には東京オリンピックが決定しており、日本はますますグローバル化が進んでいるといえます。

そんな中、英語の発音が上手く行えないのでは、海外の方とのコミュニケーションも円滑に行えないといえるでしょう。

人と関わる仕事には言葉が重要

接客業や営業職など、人と関わることの多い仕事をするのであれば、言葉がかなり重要になってくるでしょう。

例えば、レストランでお客様を案内するにしても、「いらっしゃいませ」「何名様ですか?」「こちらのお席へどうぞ」という言葉は、どれをとっても大切です。

言葉が聞き取りにくいことでコミュニケーションがスムーズにいかない場合があります。

そうなると、相手も自分も歯がゆい思いをしなくてはなりません。

セラミック矯正で受け口を改善することが可能だといわれています

受け口を直すことは、人とのコミュニケーションを円滑にするために非常に有効であることが分かりました。

では、具体的にどのような治療を行えば、受け口を改善することができるのでしょうか?

歯の噛み合わせが直接的な原因となっている受け口の場合、歯科矯正の一種である「セラミック矯正」を行うことで改善が可能だと考えられています。

セラミック矯正は、審美性の高いセラミッククラウンを用いる治療法で、歯並びを美しくする以外に、歯の形や色を希望通りにすることも可能です。

歯並びを改善したい歯を削り、作成したセラミックの歯を被せることにより歯並びを矯正します。

矯正にかかる時間は非常に短く、早ければ2か月、長くても数か月以内で終わるのが一般的です。

歯並びの矯正方法には、「ワイヤー矯正」というものもありますが、こちらはセラミック矯正に比べて矯正にかかる時間が非常に長いという部分があり、症状によっては2~3年かかることもあります。

(まとめ)受け口が発音に与える影響とは?

1.受け口は日本語だけでなく、英語の発音にも影響を与える可能性があります

受け口の噛み合わせは、下の歯が上の歯よりも前に出ている状態で、サ行やタ行などの発音に影響を与えると言われています。

日本語だけでなく、英語の発音にも支障をきたす恐れがあります。

2.受け口はサ行やタ行などの発音に影響を与えるといわれています

受け口の人は、舌先を歯の裏に付けて発音するサ行やタ行などが不明確であることが多いといわれています。

受け口の「反対咬合」が発音に与える影響は多く、本人の精神面にとって大きなストレスとなってしまうことがあります。

3.コミュニケーションを円滑にするためにも必要だといえます

日本はこれからますますグローバル化を進めていくと考えられています。

英語の発音が上手く行えなければ、海外の方とのコミュニケーションも取りづらくなってしまいます。

また、人と関わる仕事をする上でも、コミュニケーションは重要な要素だといえます。

4.セラミック矯正で受け口を改善することが可能だといわれています

歯科矯正の「セラミック矯正」で受け口を改善することが可能だといわれています。

セラミック矯正はセラミッククラウンを被せることで歯並びを美しくするもので、従来のワイヤー矯正に比べて、かかる時間も費用も少ないというメリットがあります。

2372
Return Top