受け口の具体的な直し方とは?

セラミック矯正やセットバック法が代表的な受け口の直し方といわれています


受け口を改善する方法には、大きく分けて二つあります。

一つは、歯科矯正と呼ばれるもので、歯並びを改善する方法です。

セラミック矯正が代表的な治療法になります。

そしてもう一つは、美容外科で行われる施術で、骨格そのものを変える方法です。

「セットバック法」と呼ばれる施術を行い、顎の位置を後方に移動させることで受け口を直します。

受け口の改善には、セラミック矯正やセットバック法が効果的です

歯並びは見た目の印象や発音、身体機能などに大きな影響を与えるといわれています。

特に、受け口が与える影響は非常に大きいと考えられており、受け口を直したいと考えている人は多いといえるでしょう。

受け口を直すには、受け口の原因に合わせた施術を行う必要があり、その方法には大きく分けて二つが挙げられます。

一つは、歯科で行われる歯科矯正です。

主に歯並びを改善させる目的で行われており、セラミック矯正が代表的な治療法として知られています。

受け口は上下の噛み合わせが逆になっている状態です。

セラミック矯正では、歯並びを改善したい歯を削り、その上にセラミッククラウンを被せることで歯並びを矯正していきます。

そしてもう一つが、美容外科で行われるセットバック法です。

下顎の骨を切ることで顎の位置を後方に移動させる施術となります。

セットバック法は歯並びの矯正だけでは改善できない受け口を直すことが可能といわれています。

ワイヤー矯正なども挙げられますが、審美性が低いことや、矯正が終了するまで長期間を必要とするなどのデメリットが目立ちます。

受け口の原因には歯並びと骨格の二つが考えられます


そもそも、受け口とはどのような状態のことを言うのでしょうか?

受け口は、「反対咬合」「下顎前突」などと呼ばれることもあり、その文字通り、上下の歯の噛み合わせが反対になっている状態や、下顎が前に突き出している状態を指します。

受け口になる原因は、大きく分けて二つあると考えられています。

一つは、先に挙げたように、上下逆になっている歯並びによるものです。

舌で下の前歯を押す癖や頬杖をつく癖などが直接的な原因として考えられます。

もう一つは、遺伝や成長過程で下顎だけが大きくなった、上顎の発達が悪いなど顎の骨格によるものです。

この場合、骨格のバランスが悪いことが歯並びにも影響を与えていると考えられます。

歯並びだけが原因の受け口であれば、セラミック矯正をはじめとした歯科矯正だけで改善できる可能性があります。

しかし、顎の骨格が原因の受け口の場合、歯科矯正だけでは改善が難しいこともあります。

歯科矯正では直らなかった受け口も、美容外科で行うセットバック法を受けたら直ったという例も過去に数多く見受けられます。

受け口を直すことで様々なメリットがあると考えられます

受け口を直したいと考えている方は非常に多く、実際に受け口を直した人の多くは施術を行ったことがメリットになったと言います。

では、受け口を改善することで、具体的にどのようなメリットを得ることができるのでしょうか?

外見のイメージアップに繋がる

受け口の人の多くがコンプレックスを抱くといわれているのは、その特徴的な横顔です。

「下顎前突」という別名の通り、下顎が大きく前に突き出たように見えてしまうからです。

受け口を改善すれば、横顔のラインが整い、外見のイメージを大きく変えることが可能です。

コミュニケーションを取りやすくなる

受け口のデメリットの一つに、発音が悪くなるというものがあります。

特に、サ行やタ行が影響を受けやすく、会話の相手に「聞き取りにくい」と思わせてしまうこともあります。

受け口が直ることで発音も改善され、コミュニケーションを円滑に行うことが可能です。

胃や腸にかかる負担を軽減させる

噛み合わせが逆の状態だと、通常よりも咀嚼力が低いと考えられます。

きちんと咀嚼できないまま食べ物を飲み込むと、胃腸に負担をかけることになります。

しかし、噛み合わせが正常になれば、そういった負担も軽減することが可能です。

(まとめ)受け口の具体的な直し方とは?

1.セラミック矯正やセットバック法が代表的な受け口の直し方といわれています

受け口の直し方には様々なものがあり、代表的なものには、セラミック矯正など歯科矯正で歯並びを改善する方法と、セットバック法と呼ばれる美容外科の施術で骨格を変える方法の二種類があります。

2.受け口の改善には、セラミック矯正やセットバック法が効果的です

受け口の直し方には大きく分けて二つあります。

歯科矯正ではセラミック矯正など歯並びを改善させることで受け口を直すことが可能です。

また、美容外科ではセットバック法と呼ばれる骨切り術で下顎の位置を後方に移動させることが可能です。

3.受け口の原因には歯並びと骨格の二つが考えられます

受け口は別名「反対咬合」などともいわれており、その名の通り歯並びが上下逆になっていることが原因とされています。

また、「下顎前突」と呼ばれることもあり、遺伝や成長過程で下顎だけが発達してしまうことももう一つの原因とされています。

4.受け口を直すことで様々なメリットがあると考えられます

受け口を直すことでコンプレックスになりがちな外見のイメージを大きく変えることができます。

また、発音が改善されることでコミュニケーションが取りやすくなり、噛み合わせが正常になることで食事の際にかかる胃腸への負担も軽減させることが可能です。

1341
Return Top