湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

受け口を改善する施術は唇の形も良くできる?

受け口で唇の形が気になる方は施術で改善が期待できます


受け口は前歯が出ているような状態であり、これによって唇も押し出されて気になる方もいます。

しかし、これを施術によって歯並びを良くして、歯も正常な位置に戻すと、押し出されていた唇も正常な位置に戻るので、改善することが期待できます。

美しい横顔はEラインも美しいです

下顎の突出した部分と鼻先を結ぶ線のことをEラインと呼び、上唇と下唇が、この線の内側にある口元が理想といわれています。

唇の形も様々ですが、このEラインに基づいて考えられており、受け口の方は唇が前に出ていたりするので、気になる方もいるでしょう。

前からの見た目のみならず、横顔も唇が出っ張ったような状態となり、これも気にする方がいるでしょう。

下顎が大きかったり、上顎が小さすぎて受け口の方、下顎が小さかったり、上顎が大きすぎて出っ歯になるような方などいます。

受け口の方は歯並びが悪いことも多いため、歯の見た目も良くないこともあります。

また見た目の問題のみならず、歯並びが悪く歯が凹凸になって並んでいるので、歯磨きもしにくく、これによって歯周病や虫歯へのリスクも高まります。

歯磨きがしにくいので、なかなか上手く歯磨きができずに、歯磨きに時間を取られるということもあります。

受け口の見た目を気にしている場合や、または歯磨きがしにくいなど日常に支障があるような場合は、施術によって改善が可能です。

重度の受け口の方は外科手術が必要ですが、それ以外の場合は歯科矯正や抜歯を追加して施術し改善していくことができます。

施術で受け口は改善します


重度の受け口の方は外科手術が必要ですが、歯だけ前に出ているような方は、歯科矯正でも改善できます。

矯正器具としてはいくつか種類があり、一般的なワイヤーとブラケットを使用した矯正器具、歯の裏側に装着する矯正器具、マウスピースを使用した方法もあります。

ワイヤーとブラケットを使用した矯正器具は最も一般的であり、通常はどちらも金属製なので、歯に取り付けると目立ちます。

しかし、ブラケットをセラミックにして、ワイヤーも白いワイヤーにすると、目立ちにくく、矯正していることが周囲からわかりにくいです。

歯の裏側に装着する矯正器具は、話しにくいというデメリットはありますが、見ただけではほとんど歯科矯正しているのがわからないというメリットもあります。

また歯の裏側に装着するので、歯の表部分はそのまま歯磨きをすることができ、歯周病や虫歯になるリスクを減らせます。

そしてマウスピースを装着して、歯科矯正していくという方法もあります。

こちらは24時間装着し、食事の時や歯磨きの時は外すことが出来ますので、ブラケットを使った矯正よりも生活はしやすいです。

このようにして、その人の歯がどれぐらい出ているかなどにより、使える矯正器具もいくつかあります。

受け口を改善すると見た目以外も良くなります

受け口を改善するには、数年間という長い時間はかかりますが、歯並びや歯の位置を正常な位置に動かしますので、見た目の唇が気になっている方は、見た目の改善が可能です。

自然な口元になり、横顔も自然な形となり、美しい口元になります。

歯並びも良くなりますので、歯の見た目も良くなり、笑ったときも歯を気にせずに済みます。

歯並びが良くなるので、歯磨きもしやすくなり、歯周病や虫歯のリスクも減らせます。

前歯がかみ合うようになるので、食べ物を噛みにくいなどのこともなくなり、食べ物をしっかりと噛んで食べるので、胃にも負担を掛けなくて済みます。

発音もしやすくなるなど、受け口を改善することは、見た目のみならず食事や歯磨きをしやすくなるというメリットもあるのです。

ただ受け口は歯を無理やり動かして正しい位置にすることで改善を行ないます。

このために、歯が正しい位置に動かした後は、数年間はリテーナーという装置を装着し、歯が動かず安定させる必要があります。

もしも歯を舌で押すような癖がある方は、また歯が動く可能性もあるので、施術後には、癖を治さないとならず、舌のトレーニングをすることもあります。

(まとめ)受け口を改善する施術は唇の形も良くできる?

1.受け口で唇の形が気になる方は施術で改善が期待できます

受け口は前歯が出ている状態であり、それにともない唇も押し出されたような状態になります。

これを施術によって歯を正常な位置にすると、唇も正常な位置になり改善されます。

2.美しい横顔はEラインも美しいです

受け口だと唇が前に出ているような状態になるので、横顔なども不自然になり気になる方もいます。

これを施術して改善することは可能であり、外科手術や歯科矯正によって改善していきます。

3.施術で受け口は改善します

歯科矯正で受け口を改善する場合は矯正器具を装着して改善していきます。

矯正器具にも、通常のワイヤーとブラケット、歯の裏側に装着するタイプ、マウスピースタイプといくつかあります。

4.受け口を改善すると見た目以外も良くなります

受け口を改善すると、歯が正しい位置になり、唇や口元の見た目を改善できます。

さらには、歯磨きがしやすくなる、食事がしやすくなる、発音がしやすくなるなどのメリットもあります。

914
Return Top