湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

受け口と出っ歯は違いがあるの?

受け口と出っ歯は見た目は似ていても状態が違います


受け口というのは、前歯が出て、噛み合わせが逆になった状態のことをいいます。

これに対し、前歯が出て口がしっかり閉じられない状態を出っ歯といい、歯が出ているのでこのような名前になっています。

ただし、どちらの場合でも日常生活に支障はあるので、改善した方が良いです。

受け口は、反対咬合や下顎前突と呼ばれます

受け口は、反対咬合や下顎前突と呼ばれることもあります。

それぞれの状態を見ていきましょう。

反対咬合

下の歯が上の歯よりも前に出ている状態のことを言います。

1本だけ出ている場合や、全体が逆になっていることもあります。

原因としては、上下の歯の大きさが違うので永久歯が生えてくるときに、向きが悪くなってしまいます。

または、頬杖を付く、舌で歯を押すなどの癖によっても引き起こされます。

下顎前突

下顎が上顎よりも前に出ている状態を言います。

基本的に1本のみならず、奥歯から全体的にずれており、顎の成長が上手くいかない、成長が過度になる、遺伝などが原因です。

どちらの場合もブラケットによる矯正での改善が可能であり、症状が酷いと抜歯が必要な方もいます。

または上下の顎のずれが酷いような方は、外科手術も必要です。

放置しておくと歯の成長を阻害するほか、歯磨きがしにくいために歯周病や虫歯になりやすい、話しにくい、噛み合わせが悪く食事がしにくいなどの障害をもたらします。

また見た目としても悪くなりますので、見た目に自信が持てない方や、笑うと不自然になり笑顔に自信が持てないような方もいます。

施術すれば改善することは可能なので、気になっているならば早めの施術がおすすめです。

出っ歯は上顎前突と呼ばれています


出っ歯は上顎前突という症状であり、上の前歯が通常よりも前に出ているために、かみ合わせると上と下の前歯がかみ合わず、口が完全に閉じられない状態のことをいいます。

通常の人でも上の前歯は若干前に出てはいますが、この前歯の過度に下の歯よりも前に出ると出っ歯と呼ばれる状態になります。

出っ歯になると、食べ物が噛みにくい、口が開いたままの状態になって口の中が乾燥し歯周病になりやすい、顎に負担がかかり顎関節症になりやすい、などがあります。

また、発音がしにくい、前歯は目立つので見た目も悪くなるということもあります。

中には見た目が悪いので、コンプレックスを抱えるという人もいます。

顎の位置は正常でありながら上の歯だけ前に出ている状態の場合と、上顎自体が前に出ていて、それにより上の前歯も前に出ている状態の2種類あります。

どちらの場合でも、噛み合わせがずれていますので、自然と上の前歯が下の前歯よりも押し出されていき、出っ歯特有の歯が突き出た状態になっていきます。

歯科矯正によって改善することも可能ですが、症状が酷い場合は歯科矯正のみならず、外科施術しないと改善できないこともあります。

受け口や出っ歯は改善すると口に良い影響を与えます

受け口や出っ歯は、顎がずれている、歯だけずれている、または舌の癖などで症状を引き起こします。

このような症状は改善することができ、歯科矯正や抜歯、外科手術などの施術を行なっていきます。

まず、このような症状を改善すると、歯並びを治すことができますので、見た目を改善できます。

口元全体の見た目のみならず、笑顔も自然になります。

歯並びが良くなりますので、歯磨きもしやすくなり、歯周病や虫歯を予防しやすくなります。

噛み合わせも良くなりますので、食べ物も噛みやすくなり、余計な力を歯に与える必要もなくなり、自分の歯を長持ちさせやすくなります。

改善すると、見た目が大きく変わるというのはもちろんのこと、これは前からの見た目のみならず、横からの見た目も変わります。

今まで口が出ていたような横顔も、すっきりと整い、口もと全体の見た目が改善できます。

見た目が良くなり、笑顔も自然になりますので、大きく口を開けて気にせずに笑うことも出来、笑うときに口を手で隠すようなこともしなくて済みます。

受け口でも出っ歯でも、顎全体のずれの場合、または歯がずれている場合でも、改善して見た目も良くする事も出来、施術方法によってもその料金は変わってきます。

(まとめ)受け口と出っ歯は違いがあるの?

1.受け口と出っ歯は見た目は似ていても状態が違います

受け口は、前歯が出ていて、上の歯よりも前に出ている状態のことをいいます。

出っ歯も前歯が出ている状態ではありますが、大きく出ており、かみ合わず口が閉じられない状態をいいます。

2.受け口は、反対咬合や下顎前突と呼ばれます

受け口には、下の歯だけ前に出ている反対咬合という症状と、顎全体がずれている下顎前突という症状があります。

どちらも歯科矯正や抜歯、外科手術などで改善が可能です。

3.出っ歯は上顎前突と呼ばれています

上の前歯が下の前歯よりも出ている状態を出っ歯といい、専門用語で上顎前突といいます。

出っ歯には上の歯だけが前に出ている場合と、上の歯を含めた顎全体が出ている状態の2種類あります。

4.受け口や出っ歯は改善すると口に良い影響を与えます

受け口や出っ歯は、歯科矯正や外科手術で改善する事ができます。

施術を行なうと、歯並びを良くしたり、見た目を良くしたりできますので、日常生活での支障を取り除けます。

1224
Return Top