受け口矯正には骨切りが必要なの?

顎の位置が原因である受け口の改善には骨切りが必要な場合もあります


歯並びだけではなく、顎の大きさや位置が原因として関係している受け口を改善するには、外科施術で骨切りをした方が効果的である場合があります。

受け口を改善するための骨切りは、上顎分節骨切り法などと呼ばれ、骨格や噛み合わせなどを正確に把握して、その人のためだけの綿密な計画をたてて行う施術です。

アナログな感覚に頼らず、先進的な機械を用いて検査などが行われるため、歯並びや骨格の正確なデータを入手することが期待できます。

受け口矯正の骨切りと言葉だけ聞くと怖いイメージがありますが、きちんと正確なデータに基づいて行われるため、安心して矯正に臨むことができるでしょう。

病院の設備にもよりますが、一般的には手術から1週間で食事が可能になりますので心身の負担も最低限で済むのがメリットです。

受け口矯正の骨切りは完了までの期間が短いというメリットがあります

骨切りを選ぶ最大のポイントとなるのが、綿密な治療計画をたてられることと、施術にかかる時間が歯科で施術するより早く終わることです。

歯科で行う歯列矯正は1年~2年の時間を要するといわれています。

しかし外科施術を行うと短期間で矯正ができるので、近年は歯列矯正よりもこちらを選ぶ人も少なくはありません。

そして施術とはいっても、口の中のことですから傷口を他の人に見られるという心配も必要ありません。

効果も他の方法と比べても、高いといえるため早く効果を得たい人におすすめしたい矯正方法です。

受け口矯正の骨切り施術を受けると、顎先も削ることになるためほっそりとした顔になるケースがあります。

しかし、受け口矯正は良くも悪くも顔が変わるといわれているため、安易な考えで外科施術を受けるのは控えましょう。

施術を受けるべきかどうか分からない方は病院のカウンセリングをしてもらい、医師のアドバイスを受けるのもひとつの方法です。

受け口矯正の骨切りは少なからずリスクはあります


やはり外科施術ということで、大なり小なりのリスクはあるといえます。

外科施術を受けた場合、噛み合わせが綺麗ではない場合は、別途、歯列矯正が必要となってくるのです。

そして今までとかみ合わせが違うことから違和感を覚える人も少なくはありません。

リスクについては個人差なので、全員に同じ症状が出るとは限りません。

しかし人によっては一時的とはいえ話しづらくなったり、食事をしづらくなったりすることもあるといいます。

特に食事面ではお腹が空いているのに食べるのに時間がかかる、飲み物もすぐに飲めないという状況になることもあるのです。

最後に頻繁にあるわけではありませんが、ごくまれに失敗例もあります。

その際には手術をした病院に相談をしましょう。

しかし、手術を受ける側にとっては失敗は絶対に経験したくないものです。

そういった面も考えて、実績のある医師に手術をお願いすることが良いでしょう。

やはり手術を受ける側としては良い評判の病院や医師にお願いしたいものです。

病院や医師選びは慎重に行いましょう。

受け口矯正の骨切りは慎重に受けましょう

受け口の骨切り矯正は、きちんとした医師が手術を行ってくれるため特別な注意点はありません。

ただし手術をする場合は仕事を最低でも1週間、もしかしたら2週間以上休まなければならなくなるのと、日常生活も限定されることは考えておきましょう。

注意点について強いて言うなら費用が比較的に高いということでしょうか。

技術を必要とする施術ですし、矯正装置料などもかかってくるため、50~100万前後の費用がかかってしまいます。

正確な金額は病院ごとで変わってくるので、外科手術を検討している方は通っている病院に聞くのが良いでしょう。

かといって、いきなりポンと支払える金額ではありません。

外科手術が行える病院は分割払いなどの相談にも乗ってくれることが多いため、ひとりで悩まないようにしましょう。

(まとめ)受け口矯正には骨切りが必要なの?

1.顎の位置が原因である受け口の改善には骨切りが必要な場合もあります

受け口の原因は顎の位置などが関係しており、歯並びの矯正だけでは改善が難しい場合は骨切りが必要になることもあります。

受け口矯正の骨切りは上顎分節骨切り法などと呼ばれ、骨格や噛み合わせなどを正確に把握したうえで行われます。

2.受け口矯正の骨切りは完了までの期間が短いというメリットがあります

骨切りのメリットは治療にかかる時間が短いことです。

他にも傷口は外部から見えないので、他の人に見られる心配もありません。

外科施術を行うことから施術期間は短期間で終わらせることができます。

3.受け口矯正の骨切りは少なからずリスクはあります

外科手術でのリスクは大なり小なりあるといえます。

噛み合わせが綺麗ではない場合、別途歯列矯正も必要になる場合もありますし、一時的に話しづらくなるなどもありえます。

ごく稀に失敗するケースもあるため、手術は実績のある医師にお願いしましょう。

4.受け口矯正の骨切りは慎重に受けましょう

骨切りの施術は1週間以上は休まなければならなくなるのが最大の注意点です。

やはり外科施術を行う以上は入院が必要となってきます。

そして費用が高くなるのも注意して下さい。

外科手術を受ける際は保険対象なのかをきちんと聞きましょう。

2793
Return Top