湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

受け口は顎の外科的な施術をしないと治らないの?

受け口を治すためには顎の外科的な施術が必要な場合もあります


受け口を治したいと思っていても、「外科的な施術しかないかも…」と外科的な施術が怖くて、歯科に相談せずに諦めていませんか?

受け口といってもいくつかのタイプがあり、施術法も複数あります。

必ずしも顎の外科的な施術をしないといけないというわけではありません。

受け口の原因や治す方法についてを知れば、歯科に相談してみる勇気が湧いてくるかもしれません。

受け口の原因は様々あります

受け口は単純に顎の形だけが原因というわけではありません。

受け口の原因は、大きくわけて次のようなことが考えられます。

遺伝によるもの

顔や顎の骨格は遺伝するため、両親のどちらかが受け口であれば何も対策を行わないと、子供も受け口になる可能性が高くなります。

また、歯並びも遺伝するため、顎の骨格だけでなく歯の生え方による受け口の可能性もあります。

舌の癖などによるもの

通常であれば、下の前歯に被さるようにして上の前歯が手前になりますが、受け口ではこの逆で上の前歯よりも下の前歯が前に出ます。

日常的に舌で下の歯を押す癖や口呼吸などの悪習慣があると舌が下の歯を押してしまい、上下の歯の位置が反対になり、受け口となってしまいます。

顎の骨格の発育過剰もしくは発育不全によるもの

あまり知られていませんが、普段の癖などにより顎の成長がうまくいかず受け口になってしまうこともあります。

下顎の発育過剰の場合もありますが、実は上顎が正常に発育できていないという場合が多いです。

特に口呼吸は受け口になりやすいといわれています。

口呼吸を日常的にしていると、鼻と一体化している上顎がきちんと成長できなくなってしまうことがあります。

また、口呼吸の際に舌の位置が下がることで下の歯を前に押してしまうことも、受け口の原因のひとつです。

外科的な施術をしなくても受け口を治すことができる場合もあります

自分では下顎自体が飛び出していると思っていても、歯並びが原因である場合もあります。

また、受け口の原因となる悪習慣や癖などを改善しなければ、矯正してもまた歯並びが悪くなってしまう可能性もあります。

受け口を治す方法について説明していきます。

セラミック矯正

受け口の原因が歯並びの場合は、セラミックの差し歯を使って歯並びを整えることができます。

この施術法は一般的な矯正に比べ、短期間、少ない来院回数で施術が完了します。

歯の状態や本数などにより、期間や回数は異なってきますがだいたい数ヶ月で施術が完了する患者様がほとんどです。

この施術法では自分の歯を削りそこにセラミックの差し歯を並べることで、歯並びを整え受け口を改善していきます。

外科外科的な施術

受け口の原因が歯並びだけでなく、顎の形や大きさなどの場合は、外科外科的な施術が必要となります。

ワイヤー矯正だけでは顎の骨格まで改善することはできません。

下顎の形が大きい、または下顎が上顎よりも過度に成長しすぎている場合などは、外科的な施術が必要になります。

外科的な施術では前から4番目の歯を抜歯し、スペースをつくります。

歯が付いたまま下顎を骨切りし、抜歯した歯のスペースの分を前歯6本ごと後ろに移動させていく施術法です。

下顎の位置の調整を行い、チタンプレートとワイヤーで固定します。

ワイヤーは約3か月後に除去しますが、それから抜歯した歯に隣接する歯のスペースを埋めるための歯科治療を行っていきます。

施術は口腔内で行うので、お顔に傷が付くことはありません。

ワイヤー矯正

歯にブラケットやワイヤ―などの器具を付けて、歯を全体的に動かして受け口を改善していきます。

ワイヤー矯正は少しずつ歯を動かしていくため、平均で2~3年程期間がかかります。

また、ワイヤー矯正も顎の骨格的な問題を改善するには限界があります。

受け口は顎関節症を引き起こしてしまうこともあります

受け口など噛み合わせが悪いと、顎に負担がかかってしまいます。

顎は毎日使うものなので負担が積み重なり、顎関節症になりやすくなるともいわれています。

顎関節症になると、口を開ける際に音がしたり激しい痛みを伴ったり、ひどい場合は口がほとんど開けない状態になることもあります。

また、受け口の方は同時に歯並びもガタガタになってしまっている場合も多く、歯磨きしにくいため虫歯や歯周病のリスクも高まります。

できるだけ早めに改善することをおすすめします。

(まとめ)受け口は顎の外科的な施術をしないと治らないの?

1.受け口を治すためには顎の外科的な施術が必要な場合もあります

受け口にはいくつかタイプがあり、顎の外科的な施術が必要になる場合もありますが、必ずしも外科的な施術が必要というわけではありません。

矯正のみで受け口を改善できることも多いです。

まずは歯科医院に相談してみましょう。

2.受け口の原因は様々あります

受け口の原因は顎の形や大きさなど遺伝的なものだけでなく、悪習慣や舌の癖、歯並びなどが関係していることも多いです。

普段の悪習慣や舌の癖などの受け口の原因がある場合は、まずその習慣などをやめることが大切です。

3.外科的な施術をしなくても受け口を治すことができる場合もあります

受け口を治す施術にはセラミック矯正や外科的な施術、ワイヤー矯正などがあります。

歯並びや悪習慣など顎の骨格的な原因でなければ、矯正で改善が期待できます。

下顎の発育過剰などによる骨格的な問題であれば、外科的な施術が必要となります。

4.受け口は顎関節症を引き起こしてしまうこともあります

噛み合わせが悪い状態で顎を使い続けると、顎に負担がかかり顎関節症を引き起こしてしまうことがあります。

そのほか受け口はうまくものを噛み切ったり嚙み砕いたりすることができず、消化不良を起こしやすいです。

早めに歯科医院に相談しましょう。

1255
Return Top