湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

受け口はセラミックで改善することはできるの?

セラミックで受け口は施術できるといえます


受け口ということは、上下の歯の噛み合わせが本来あるべき状態ではなく下が出てしまっている状態です。

これは歯の生え方が原因となって噛み合わせがズレていることが多いため、オールセラミックを使用することによって人工の歯をかぶせ、歯並びを調整することで受け口を改善できるのです。

受け口はさまざまな影響を与えるといえます

受け口であるということは、上の前歯が下の前歯よりも後ろに下がっていて、噛み合わせが悪い状態になってます。

本来であれば上の前歯が下の前歯よりも前に出ていなければなりませんので、このような状態を反対咬合と呼びます。

受け口になってしまう原因というのは、実は明確には分かっていません。

しかし、遺伝や骨格の成長のバランスが悪くなってしまうことが考えられるのではないかといわれています。

受け口は見た目はもちろん良くありませんが、それだけではなくさまざまな悪影響を及ぼすといわれています。

例えば前歯を上手に使って食べ物を噛み切ることができないために、咀嚼が上手くできず口に入れたものを大きな塊のまま飲み込まなければならなくなります。

その状態で消化をするときに内臓に負担がかかってしまいますので慢性的な消化不良や胃腸炎などの症状を引き起こすこともあります。

また、噛み合わせが悪いことによって、さ行た行の発音が非常に悪くなってしまい、会話をするときに相手に言いたいことが伝えられないことが多くなります。

そのような事からも受け口の人はできるだけ早く施術を受けて、歯並びを改善し、受け口の状態を改善していくことが必要だと考えられているのです。

オールセラミックなら身体に優しく受け口を早く改善できるといえます


歯の生え方が影響して受け口になっている、という場合にはオールセラミックを用いた施術が効果的とされています。

基本的にセラミック矯正というのは、気になっている歯並びを調整する方法です。

つまりそれは受け口の原因となっている歯並びに対しても、非常に有効な手段の一つとして知られています。

前歯を施術するとなると見た目が気になってしまうことも多いと思いますが、セラミックの場合は非常に自然な見た目の人工の歯を作ることができます。

施術を受けた後に歯が変色してしまう、セラミック部分だけが目立つ、といった悪影響もないといわれています。

セラミックで作った人工の歯をかぶせるためには、自分の歯を若干削らなければなりません。

個人差がありますが、場合によっては歯を抜かなければならないことがあります。

本来であれば、削る必要のない健康的な歯を抜いたり削ったりしなければならないので気が引けるかもしれませんが、それでもオールセラミックの施術は試してみる価値のある方法なのです。

オールセラミックを使用することによって金属を使わないので、金属アレルギーの症状を引き起こすこともありませんし、矯正にかかる期間も短くて済むというのも大きなメリットであるといえるのではないでしょうか。

オールセラミックによる矯正で外科的施術が必要になる場合があります

オールセラミックによる施術であれば、本来は外科的施術などは必要ないはずです。

しかしオールセラミックだけでなく、外科的施術が必要になることもあるのです。

例えば顎の骨が著しく前に飛び出していたり、骨格自体に何かしらの問題が起きていたりする場合には、オールセラミックを使用するだけで受け口を完全に治すというのは非常に困難です。

オールセラミックを使用した矯正の場合には、微調整のために元々ある歯を削ったりしなければならないこともあります。

今生えている歯の向きがずれているのであれば、セラミックを使用することで調整することは十分に可能なのです。

しかしセラミックを使用したからといって、骨格の位置を変えることはまず不可能です。

そこまで強力な作用はありませんので、顎の骨が大きくずれているような場合には、まずは外科的な施術を受けることで顎の位置を大幅に調整する必要が出てくるわけです。

歯が生えている顎の骨を削って、そのうえで歯を移動させる方法が特に効果的であるといわれており、セラミックを使用しても治すことができないような場合には多少大掛かりにはなりますが、結果的な施術を受ける必要が出てきます。

(まとめ)受け口はセラミックで改善することはできるの?

1.セラミックで受け口は施術できるといえます

受け口を改善するためにはさまざまな方法があります。

そのなかでも注目すべきは、セラミックを使用することで噛み合わせを改善し、歯並びを調整して受け口を改善するという施術方法です。

2.受け口はさまざまな影響を与えるといえます

受け口は日常生活に悪影響を与えることが多いため、歯並びを改善して、受け口自体を改善していく必要があります。

見た目だけではなく、機能面においてのデメリットが大きいからです。

3.オールセラミックなら身体に優しく受け口を早く改善できるといえます

オールセラミックによる受け口を改善するための施術は身体にかかる負担も小さく、様々なリスクを軽減するうえで効果的な施術法であると考えられています。

そのためには歯を削ったり、抜いたりしなければならないこともあります。

4.オールセラミックによる矯正で外科的施術が必要になる場合があります

オールセラミックの施術で外科的施術が必要になることもあります。

歯並びだけでなく顎の位置が大きくずれている場合には、身体にかかる負担もまた大きくなりますので、外科的施術を受けることになるでしょう。

719
Return Top