湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

「受け口は絶対に遺伝する」って本当?

受け口は必ずしも遺伝するとは限らないといわれています


受け口は遺伝する可能性があるといわれています。

しかし、子どもの歯並びは必ずしも遺伝で決められるわけではなく、歯並びにおける遺伝的な要素は全体の30%程度だと考えられています。

反対にいえば、受け口ではない両親の子どもが受け口になる可能性もあるということです。

また、生活習慣が原因により成長過程で受け口になるケースもあるようです。

受け口は遺伝が原因とは限らないと考えられています

「子どもは親に似る」といいますが、それは遺伝によるものと考えられています。

遺伝と一言でいっても、実に様々なものがあり、身長や顔のつくりだけでなく、体質、骨格、肌の色、目の色、鼻の高さ、唇の厚さ……と可能性を挙げたらキリがありません。

歯並びも遺伝すると考えられていますが、100%というわけではありません。

子どもの歯並びは必ずしも遺伝で決められるわけではなく、むしろ確率的にはそんなに高くないと考えられています。

歯並びを決める要素のうち、遺伝は30%程度だといわれています。

ですから、受け口においても、100%遺伝するとは限らないと考えられています。

逆にいえば、両親や親戚に受け口の人がいないからといって、必ずしも受け口にならないとは言い切れないということです。

また、遺伝が原因により受け口になった子どもが幼少の頃に受け口矯正の施術をしていたとしても、成人してから受け口が再発するケースもあります。

これは、受け口が100%遺伝によるものでないことを表しているといえます。

受け口になる要因は日常生活にも潜んでいます


受け口が必ずしも遺伝で起こるものではないことがお分かり頂けたと思います。

では、遺伝以外に受け口になる要素にはどのようなものが挙げられるのでしょうか?

日常の癖

下顎を突き出すような癖がある、爪を噛む癖があるなど、日常における癖が受け口の要因になる可能性があります。

また、「舌小帯」という舌の裏側の筋が短い場合、舌で下の前歯を押す習慣がつきやすく、これもまた受け口の要因になるといわれています。

生活習慣

受け口の要因となる生活習慣の一つに、食事が挙げられます。

食事は歯や顎の成長に影響します。

柔らかいものばかりを食べる、咀嚼をあまりしない、歯磨きを怠り虫歯になる……などが受け口の要因に当てはまります。

顎の大きさ

上下の顎の成長がアンバランスな場合も受け口になりやすいといわれています。

顎の骨の成長には遺伝も関係していますが、先に挙げた生活習慣や癖なども大きく関係していると考えられています。

受け口を改善するのにセラミック矯正が効果的だといわれています

直接的に受け口を形成する原因には、顎の大きさなどの骨が関係している場合と、歯の大きさや歯の生えかたなどの歯が関係している場合とがあります。

歯が関係している受け口の場合、セラミック矯正により改善させることが可能だといわれています。

セラミック矯正とは、歯並びを改善したい箇所や周辺に「セラミッククラウン」と呼ばれる審美性の高い素材を用いて美しい歯並びに修正する施術のことをいいます。

個人差はあるものの、数か月で施術が終了することも多く、早ければ三週間で終わることもあります。

セラミック矯正による施術は、突き出てしまった下の前歯を削り、その上からセラミックの歯を被せていく方法で受け口を改善していきます。

歯並びを美しくするだけでなく、歯の形を希望している通りに整えることも可能です。

歯並びの他にも歯を白くする効果も期待できるため、セラミック矯正を行う前と行った後では、見た目に大きなメリットを与えるといわれています。

(まとめ)「受け口は絶対に遺伝する」って本当?

1.受け口は必ずしも遺伝するとは限らないといわれています

歯並びは必ずしも遺伝で決まるわけでなく、受け口に関しても100%遺伝だけが原因とは考えられていません。

歯並びを決める要素として、遺伝は30%程度だといわれており、生活習慣が原因で受け口になるケースもみられます。

2.受け口は遺伝が原因とは限らないと考えられています

歯並びを決定づける要素のうち、遺伝によるものは30%程度だと考えられています。

つまり、受け口は遺伝する可能性もあれば、遺伝しない可能性もあるということです。

また、遺伝以外の要素で受け口になるケースもあるといわれています。

3.受け口になる要因は日常生活にも潜んでいます

遺伝以外に受け口になる要因は、日常生活の中にあるといわれています。

例えば、日常の癖や食生活などがそうです。

それらにより顎の成長にアンバランスさが生じてしまうと、受け口になりやすいといわれています。

4.受け口を改善するのにセラミック矯正が効果的だといわれています

歯の大きさや生え方などの影響による受け口の場合、セラミック矯正により歯並びを修正することで改善されることがあります。

セラミック矯正は歯並びを美しくするだけでなく、歯の形や色を美しくするなど見た目に大きなメリットを与えるといわれています。

9242
Return Top