湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

受け口を最短で治す施術法ってあるの?

受け口を最短で治すにはセラミック矯正がおすすめです


日本では「受け口を治したい」と思っていても、仕事が忙しく「通院する時間がない」という人が多いのが現状です。

また、「矯正には費用がかかるから」と諦めてしまう人も少なくありません。

できるだけ早く受け口を治したい、費用をできるだけ抑えたいという人には、セラミック矯正がおすすめです。

日本人は歯並びが悪い人が多いといわれています

2012年にアライン・テクノロジー・ジャパン社が、日本人の歯並びについての調査を行いました。

日本在住の外国人100名に行なった調査によると、76%の外国人が日本人の歯並びは悪いと答えています。

先進国の中で日本は最低の歯並びだと感じている人や、歯科医院がたくさんあるのに日本人の歯並びが悪いことに驚いた人も多かったといわれています。

この調査によると、歯並びが笑顔に影響すると答えた日本人は85%、歯並びは口腔内の健康に影響すると答えた日本人は73.5%と、見た目や健康に対する歯並びの重要性の認識は高いということがわかります。

自分の歯並びに対して自信があるかという質問に対しては、「どちらかと言えば自信がない」34%、「自信がない」29%という結果になっています。

全体の63%の人が自分の歯並びに自信を持てていないことになります。

その一方で、自分の歯並びを歯科医師に相談したことがあるかという質問に対して、相談したことがあると答えた日本人はわずか23.5%でした。

同調査で海外では矯正はプラスなイメージなのに対し、日本はマイナスなイメージを持っている人が多いという結果も出ています。

日本で矯正が敬遠されるのはまだ海外のように歯並びの価値の認識が高くなく、費用がかかることや矯正装置を付けなければならないことに抵抗があるなどマイナスなイメージが強いことが原因かもしれません。

最短で受け口を治す方法としてセラミック矯正がおすすめです


日本では自分の歯並びに自信がないという人は多いですが、それを施術して治そうという人はあまり多くありません。

また、「治したい」と思ってはいても働いている現代人は仕事などで忙しいことが多く、「矯正は期間もかかるし、何度も通院するのは難しい」と諦めてしまう人が多いようです。

実際に矯正のために何度も仕事を休んだり、仕事に遅れて行ったりするのは難しいでしょう。

そのような短期間で受け口を治したいという人には、施術期間が短い「セラミック矯正」をおすすめしています。

最短で受け口を治せるセラミック矯正とは?

セラミック矯正とは一般的なワイヤーなどの装置を付ける矯正とは違い、自分の歯を削りそこにセラミックの差し歯を被せることで、歯並びを改善する施術法です。

自分の歯を削らないといけないというデメリットはありますが、一般的な矯正のように歯を動かすわけではないので短い期間での施術が可能になります。

施術にかかる期間は歯並びや歯の状態、施術する本数や施術内容にもよりますが、最短であれば数回の来院で受け口を治すことができるといえます。

一般的な矯正は2~3年ほどかかりますが、セラミック矯正は平均的に数ヶ月で施術が完了します。

「来院回数を極力減らしたい」、「短期間で終わらせたい」という人にはおすすめの施術方法です。

セラミック矯正は日々のケアが大切です

セラミック矯正はセラミックの差し歯を被せて歯並びをよくしていきますが、注意していただきたい点があります。

毎日のお手入れをしっかりと行う

差し歯に限ったことではないのですが、毎日のケアが大切になります。

「差し歯は虫歯にならない」と思っていらっしゃるお客様が多いですが、実は差し歯も歯茎との境目から虫歯になります。

セラミックは汚れが付きにくい材質ですが、それでも差し歯と歯茎の境目には汚れが溜まりやすいため、しっかりと歯ブラシを当てて磨きましょう。

定期メンテナンスを

自分でいくら頑張って歯磨きをしていても、完全に汚れを落とすことはできません。

そのため定期的に歯科医院にメンテナンスに通うことをおすすめします。

歯科医院で専用の機械で、自分では磨けない部分までキレイに汚れを落としてもらいましょう。

(まとめ)受け口を最短で治す施術法ってあるの?

1.受け口を最短で治すにはセラミック矯正がおすすめです

日本人は自分の歯並びを気にしていても、施術によって治すことを諦めてしまいがちです。

早く治したい、費用を抑えたいと思っている人には、セラミックの差し歯を被せることによって歯並びを改善する「セラミック矯正」がおすすめです。

2.日本人は歯並びが悪い人が多いといわれています

歯並びは笑顔や口腔内の健康に影響するという認識や、自分の歯並びがよくないという自覚があるにもかかわらず、歯並びを治す施術に今一歩踏み出せない人が多いようです。

日本では歯並びの悪さを、個性や可愛いと感じている人もいます。

3.最短で受け口を治す方法としてセラミック矯正がおすすめです

「来院回数が少ない方がいい」、「短い期間で治したい」という人には、差し歯を被せることで歯並びを改善するセラミック矯正がおすすめです。

自分の歯を削るというデメリットはありますが、少ない来院回数・短い期間で受け口を治すことができます。

4.セラミック矯正は日々のケアが大切です

セラミックの差し歯でも虫歯になることがあり、汚れも溜まってしまうため、いつも以上に念入りに歯磨きを行いましょう。

また、定期的に歯科医院にメンテナンスに通うことで、歯や差し歯の寿命を延ばすことが期待できます。

5665
Return Top