湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

受け口は矯正して治した方がいいの?

受け口は早めに矯正して治した方が良いといえます


受け口に限らず、歯並びが悪いというコンプレックスを持っている人は少なくありません。

なかには受け口でも、「コンプレックスというほど気にしてはいない」という人もいるかもしれませんが、受け口などの歯並びの悪さが影響するのは、見た目だけではありません。

食べ物をうまく噛み切ることができないことによる消化不良や、発音がしにくいなどさまざまなデメリットがあるといえます。

受け口を治すには「セラミック矯正」がおすすめといえます

受け口を治す矯正と聞くと、一般的な歯列矯正をイメージする人が多いかもしれませんが、「早くキレイな歯並びにしたい」という人には「セラミック矯正」がおすすめです。

セラミック矯正はあまり聞きなれない言葉かもしれませんが、次のようなメリットがあります。

一般的な矯正よりも早い

歯にワイヤーやブラケットを付けて歯を動かしていく一般的な歯列矯正は、歯並びが改善されるまで数年かかります。

さらに矯正が終わってもまた元に戻らないように、リテーナーと呼ばれる装置を付けなければなりません。

セラミック矯正なら早ければ数回の来院で施術が完了します。

歯列矯正のように後戻りもしにくいので、施術が終わればそれで終了になります。

そのためセラミック矯正は「できるだけ早く歯並びをよくしたい」と思っている人におすすめの施術法です。

見た目がキレイになる

セラミック矯正はいわゆる差し歯なので、自分が求める理想的な形や色にすることができます。

歯列矯正では歯を動かして歯並びを改善するため限界がありますが、セラミック矯正はキレイな歯並びに改善し色も白くしたければ白くすることができます。

色を白くしたい場合は周りと色が浮いてしまわないように、周りの歯の施術やホワイトニングなどをする必要がある場合があります。

セラミック矯正のデメリット

セラミック矯正にもデメリットがあります。

費用がかかる

歯列矯正と同じく、保険が利かないため費用が高額になるということです。

しかし、歯全体を動かす矯正に比べると、セラミック矯正は歯並びが悪い部分のみを施術するので歯列矯正よりも安いことが多いといえます。

歯を削らないといけない

セラミック矯正は自分の歯を削らなければなりません。

そのため施術する歯が自分の歯の場合は健康な歯を少し削る必要がありますが、歯列矯正では抜歯が必要になることも多いです。

失った歯は元には戻りませんので、しっかり説明を受けてから施術を決めることをおすすめします。

セラミック矯正は歯を削り差し歯を被せる施術です

セラミック矯正はどのような施術法なのかよくわからないという人もいるかもしれません。

セラミック矯正の施術方法を説明していきます。

セラミック矯正の施術の流れ

歯を削り型取りをし、見た目がおかしくならないように仮歯を入れて調整します。

型取りをして出来上がってきたセラミックの差し歯を調整し、装着します。

装着後のチェックを行い、噛み合わせなど違和感があれば口の中で調整します。

基本的にはこのような流れになります。

もし施術する歯の向きや位置の都合で、神経を取る必要があれば神経を取る施術も行う必要があります。

その場合は、根幹治療という歯の根っこを消毒したり、差し歯の土台をつくったりしなければならないため、通常よりも費用や期間がかかります。

セラミック矯正では歯を削った後は仮歯を被せるため歯がない期間もなく、周囲に矯正しているということを気付かれることもほとんどありません。

セラミック矯正は歯を削りますが骨に影響はありません

セラミック矯正は自分の歯を削る必要があるため「歯の寿命が縮まる」といわれることもあります。

自分の歯を削るのですから、多少そのリスクがあるのは確かです。

では、歯を削らない一般的な歯列矯正は歯の寿命を縮めないのでしょうか。

実はあまり知られていませんが、そうとも限りません。

歯列矯正は大人になる前に行う施術法で、大人に行うと弊害が起こる可能性があります。

子どものように成長期であれば顎骨も柔らかく活発なため、歯の移動が容易で修復も早めに行われ弊害が少ないです。

しかしこれを大人に行うと、歯の移動にも時間がかかり顎骨にも当然負担がかかります。

大人の場合、この顎骨の修復にも時間がかかり、骨が減ってしまう可能性もあるのです。

歯を移動させたり固定させたりすることで、大きな力がかかり歯の根っこが吸収されてしまうことも多いです。

このようなことが起こると歯並びは改善されても、炎症や歯周病のリスクが高まります。

歯の寿命が縮まるといわれているセラミックですが、汚れが付きにくい素材で、日々のケアや定期メンテナンスをしっかりと行っていれば、ちゃんと長く持たせることも可能です。

セラミック矯正は歯は削りますが骨には影響しないので、骨吸収や根の吸収などのリスクはないといえます。

(まとめ)受け口は矯正して治した方がいいの?

1.受け口は早めに矯正して治したほうが良いといえます

受け口など歯並びで悩む人は多いですが、施術をして治す人は多くはありません。

受け口を治すことで、コンプレックスの解消だけでなく健康や発音などにもよい影響を与えてくれます。

2.受け口を治すには「セラミック矯正」がおすすめといえます

受け口を治す施術法にはセラミック矯正や歯列矯正がありますが、早く歯並びを改善することができるセラミック矯正がおすすめです。

セラミック矯正なら歯並びが悪い部分だけを施術するため、費用も比較的抑えることができます。

3.セラミック矯正は歯を削り差し歯を被せる施術です

セラミック矯正は歯を削って型取りをし、セラミックの差し歯を被せることで歯並びを改善する施術法です。

歯並びの改善には隣接する歯も施術する必要がある場合もあるため、興味がある場合は歯科医院に相談してみましょう。

4.セラミック矯正は歯を削りますが骨に影響はありません

セラミック矯正は歯の寿命を縮めると言われることもありますが、歯列矯正の方が歯や骨に負担がかかり歯周病になってしまうリスクが高くなってしまうこともあります。

それぞれのメリットやデメリットをよく理解したうえで、施術方法を選択していきましょう。

992
Return Top