インプラント1本の価格相場はいくら?審美歯科の適正な治療費とは

インプラント1本の価格相場はいくら?審美歯科の適正な治療費とは
インプラント治療は自由診療のため、他の治療と比べて費用がいくらなのか不安に感じる人は多いでしょう。
ただし、インプラント治療と簡単に言ってもインプラントの種類や部位によっても値段は変わります。
気になるインプラントの価格相場やブリッジの費用との比較を紹介します。

インプラント1本の価格相場

インプラント1本の価格相場
インプラントの料金はインプラントの種類によって違いがあります。
まずはどのような種類のインプラントがあるのか知っておきましょう。
インプラントの値段は、あごの骨の中に埋め込むインプラント本体と上部構造であるかぶせもの、そして連結部であるアバットメント(土台)の3つの価格によって決まります。

メタルボンド・チタン

コストパフォーマンスに優れたインプラントを希望する人にもおすすめなのがメタルボンド・チタンです。
メタルボンド・チタンの相場は15万円前後となっています。

メタルボンド・チタンは上部構造にメタルボンド、連結部にチタンを使用。
金属なので強度があり、セラミックを併用することで変色に強くて天然歯に近い色合いを再現できます。
ただし、内部に金属が使われているため、セラミックメインのものと比べると透明感の点で劣ります。

ジルコニア

ジルコニアは人工ダイヤモンドの周りにセラミックを焼き付けたものです。
20~30万円前後が相場といわれています。
内側がジルコニアになっているため、オールセラミックよりも強度がありますが、費用は高額です。
見た目も美しいことから審美性にこだわってインプラントを受けたい人にもおすすめです。

インプラントの構造による違い

インプラントは構造によっても違いがあります。
ここではそれぞれの構造と適している人の違いを紹介します。

ワンピース構造

ワンピース構造はインプラント本体とアバットメントが一体化した構造のものをいいます。
ワンピースタイプは手術回数が少ないのがメリットですが、あごの骨の厚みによっては選ぶことができません。
また、トラブルが起きた際にはインプラントごと撤去しなければいけなくなるため、その分負担が大きくなってしまいます。

ツーピース構造

ツーピース構造はインプラントとアバットメントの分離が可能な構造です。
手術は一回法と二回法を自由に選ぶことができ、一回法に比べて二回法はアバットメントや人工歯の選択肢が広いのが特徴です。

また、ほとんどの人に適用できることも大きなメリットでしょう。
ワンピース構造と比較すると治療期間は長くなりやすいものの、安全性も高く複雑な症例にも対応可能です。

歯の部位による値段の違い

インプラントは歯の部位によって違いがあります。
ここでは歯の部位ごとの値段の違いをまとめました。

前歯1本の値段

前歯は目立つ部分ですので、治療後の見た目が気になるという人は多いでしょう。
そのため、審美性が重視される前歯は、変色の心配が少ないものを選ぶようにおすすめします。

例えば、アバットメントは歯ぐきを貫通するため、金属だと歯ぐきから色が透けてしまいます。
また、初めは問題なくても加齢とともに歯ぐきが後退した時には、露出して見えてしまうこともあるでしょう。
そのような状態を避けるためには、アバットメントをジルコニアにするときれいに仕上がります。

また、インプラントの手術と合わせて歯ぐきの厚みを増す手術が必要な場合もあるでしょう。
その場合はさらに費用がかかる場合もあります。

前歯のインプラントは審美性が重視されるため、高くなる傾向があります。
しかし、歯ぐきがしっかりと厚い場合や見た目が気にならない場合などは、奥歯と同程度の費用で済むこともあります。

奥歯1本の値段

奥歯の役割はしっかりと噛むことです。
食事をする際はもちろんですが、力を入れる時やスポーツをする場合も奥歯を使います。
しかし、前歯ほど目立つ部分ではないため、前歯ほどの審美性は問われません。
そのため、前歯は審美性をこだわる代わりに奥歯はローコストに抑えるという方法もおすすめです。

全部インプラントにした場合の値段

部分的なインプラントだけではなく、全部の歯をインプラントにする場合は、一部をインプラントにするよりも高くなる傾向があります。

全ての歯をインプラントにする場合は、一度埋め込んでから総入れ歯を固定するインプラントオーバーデンチャーや人工歯をボルトで強く固定するオールオン4などの治療法があります。
具体的な金額は方法によって異なるため、気になった人は確認してみましょう。

インプラントとブリッジの違い

インプラントとブリッジどちらにするか悩む人も少なくありません。
ここでは両者の特徴や違いのポイントを紹介します。

価格の違い

価格面でインプラントとブリッジを比較すると、ブリッジは保険が適用になるため、価格を抑えることができます。
インプラントは自由診療のため、審美性を追求すると価格も高くなる傾向があります。
インプラントのカウンセリングでは費用について把握するとともに、支払方法も確認しておきましょう。

効果の違い

インプラントの場合は、ほかの歯を削る必要がありません。
そのため、残った歯の健康も守ることができます。
さらにインプラントは歯根を取り戻すことができるため、骨が痩せることを防ぐ効果も期待できます。

一方ブリッジの場合は隣にある健康な歯を削ることもあります。
しかし、費用はインプラントよりも安く抑えることができるでしょう。

また、これらの治療には高い技術力が必要となります。
もし効果を求めるのであれば、安価なクリニックよりもい技術と専門性を持ったクリニックを選ぶことをおすすめします。

適している人の特徴

インプラントは、可能な限り歯の審美性や機能を保ちたい人に向いています。
一方、ブリッジは保険を使って治療したいと考えている人におすすめです。

インプラント自体が虫歯になることはありませんが、インプラントを入れたとしてもメンテナンスは必要です。
費用や治療期間についても事前にカウンセリングなどで確認しておきましょう。

(まとめ) インプラント1本の価格相場はいくら?審美歯科の適正な治療費とは

1.インプラント1本の価格相場

インプラントは審美性の高いジルコニアを選択すると高額になります。
ジルコニアの費用相場は大体20~30万円前後といわれています。
インプラントを使用する部位によって、素材の検討をしてもよいでしょう。

2.インプラントの構造による違い

インプラントにはワンピース構造とツーピース構造があり、手術回数や体への負担が違います。
ワンピース構造は回数が少なく費用も安めですが、人によっては受けられない場合があります。
症状によって使用できるインプラントも変わってくるため、適したものを選ぶようにしましょう。

3.歯の部位による値段の違い

インプラントは審美性が問われる前歯と機能性が重視される奥歯では選び方が変わります。
前歯は歯ぐきが痩せやすく目立つ部位なので、ジルコニアのように審美性が高いものを選ぶことがおすすめです。

4.インプラントとブリッジの違い

保険が適用できるため費用を抑えやすいブリッジに対して、インプラントは費用が高額になります。
しかし、審美性や機能回復面でメリットがあります。
ほかにもインプラントの場合は、ほかの歯を削る必要がありません。
しっかりと噛みたい人、健康な歯を削りたくない人はインプラントを検討しましょう。

253
Return Top