湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

インプラントのぐらつきと痛みの原因とは?

インプラント周囲炎や歯ぎしりなどの癖、噛み合わせのズレなどが施術後のぐらつきや痛みを招くことがあります


インプラント施術後に、インプラントがグラグラしたり、歯茎に痛みを感じたりするケースもあります。

歯磨き不足により、インプラントと歯茎の間に歯垢がついて歯周病菌が集まり、炎症を招くインプラント周囲炎が要因の一つです。

さらに、インプラントに大きな負荷がかかる無意識の歯ぎしりなどの癖や、歯茎の血流悪化を招く喫煙、調整不足による噛み合わせのズレなども原因と考えられます。

施術後もきちんと歯磨きを行い、審美歯科へ定期的なメンテナンスに通うことが大事です。

不適切な施術やインプラント周囲炎などが原因とされています

インプラントを入れた後で歯のぐらつきや、痛みを感じるのはインプラント周囲炎が原因の1つとされています。

食べかすなどの歯垢(プラーク)がインプラントの根元に溜まると、歯周病菌が増殖し、炎症を起こすので痛みが生じるのです。

そして、徐々にインプラントを支える周囲の歯茎や骨を溶かします。

歯と歯や歯茎の間に隙間ができるので、インプラントの人工歯根は支えを失いぐらついて、最悪の場合抜け落ちることも考えられるのです。

さらに、インプラント施術の段階で調整がうまく行われておらず、上下の歯の噛み合わせがズレていることも要因とされています。

インプラントは埋め込むと移動しませんが、元からある自分の歯は、噛みこむと日々ミクロン単位で動いているのです。

歯の移動を考慮してインプラントが設計されていないと、食べ物を噛む際に、上下の歯が強く当たる際にインプラントに大きな負荷がかかります。

やがてインプラントが歯茎などを傷つけて、痛みが生じたりやぐらつきを覚えたりすることがあるのです。

このようなトラブルを避けるために施術を受ける場所は、信頼できる専門機関を選ぶようにしましょう。

施術後の生活習慣や癖が、ぐらつきや痛みを招く可能性もあります


インプラントのぐらつきや痛みは、施術後の生活の中で歯や歯茎のケアを怠ったことも要因とされています。

歯磨きを短時間で適当に済ませる、もしくは毎日行わず怠ると、先述したようにインプラントの周囲に歯垢が溜まり、歯周病を発症しやすくなるからです。

他にも硬めの歯ブラシで強めにこすることや、研磨剤入りの歯磨き粉を使用するのもインプラントや歯茎を傷めると言います。

インプラントに細かな傷がつき、そこに汚れが入り込んで細菌を増殖させる可能性があるからです。

さらに、喫煙により歯茎の血行が悪くなって痩せ細り、免疫力が低下して炎症が起こりやすくなります。

喫煙習慣も歯周病やインプラント周囲炎を招く可能性があります。

また、寝ている時の歯ぎしりや力を入れること、ストレスを感じた時などに無意識にやってしまう歯の食いしばりなども要注意です。

インプラントに過度な負荷がかかるので周囲の歯茎を傷つけ、インプラントそのものを破損し、ぐらつきや痛みが生じることがあります。

インプラントを守るには、毎日の正しい歯磨きと定期的なメンテナンスが必要です

ぐらつきや痛みを防ぎ、インプラントを長持ちさせるには日々のケアが必要となります。

毎食後の歯磨きを欠かさず行い、歯ブラシは柔らかめのもの歯磨き粉は研磨剤不使用のものを使い、ブラシは小刻みに動かすのがポイントです。

歯と歯の間には汚れが溜まりやすいので、歯間ブラシも併用しましょう。

食いしばりの癖も意識してやらないように心がけ、睡眠中の歯ぎしりが気になる場合は、審美歯科医に相談してマウスピースを作ってもらうのも一つの解決策になります。

加えて、禁煙もしくは減煙も心がけましょう。

そして、忘れてはならないのが審美歯科で定期検診を受けることです。

インプラントは埋めてもらったらもう終わりというわけではありません。

異常がないか調べ、メンテナンスを行うことが見てもらうことが大事です。

歯茎や歯のクリーニングや噛み合わせ、骨のチェックなどを行うことで、異常を早期に発見し、対処することでインプラントを守ることができます。

面倒に思わないで、定期検診は必ず受けるようにしましょう。

(まとめ)インプラントのぐらつきと痛みの原因とは?

1.インプラント周囲炎や歯ぎしりなどの癖、噛み合わせのズレなどが施術後のぐらつきや痛みを招くことがあります

インプラントによるぐらつきや痛みは、歯磨きが不十分で汚れがたまり、歯茎が炎症するインプラント周囲炎による場合があります。

さらに、食いしばりなどの癖や喫煙、調整がうまくいかなかった事で徐々に生じる噛み合わせのズレなども要因とされています。

2.不適切な施術やインプラント周囲炎などが原因とされています

インプラントの根元に歯垢が溜まると炎症を起こすインプラント周囲炎は、ぐらつきや痛みの原因となります。

さらに、施術時の調整不足により徐々に噛み合わせのズレが生じてくることも要因の1つとされています。

3.施術後の生活習慣や癖が、ぐらつきや痛みを招く可能性もあります

インプラントの施術後、歯磨きを怠ったり、歯ブラシの当て方が強いとぐらつきや痛みを招く場合があります。

さらに、喫煙による歯茎の衰え、食いしばりや歯ぎしりなどの癖も要因として挙げられるのです。

4.インプラントを守るには、毎日の正しい歯磨きと定期的なメンテナンスが必要です

インプラントによるぐらつきや痛み防止には、毎日の正しい歯磨きや食いしばり、歯ぎしりをしないことなどが必要です。

また、インプラントを入れたら終わりではなく、歯や歯茎のチェックやクリーニングなど定期健診も忘れずに受けるようにしましょう。

98
Return Top