湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

インプラントと義歯の違いとは?

インプラントと義歯の大きな違いは見た目の美しさです


インプラントと義歯には、いくつもの違いがありますが、最も大きな違いは見た目の美しさだと言えます。

セラミックを使用したインプラントは天然の歯に非常に近く、見た目の違和感がほとんどありません。

一方で義歯は見た目で人工歯を入れていると分かりやすく、審美性の面でインプラントに劣る傾向にあります
費用面では義歯の方が負担がなくて済みますが、見た目の美しさを重視したいのであれば、インプラントがおすすめです。

インプラントと義歯は素材や装着法などの違いがあります

インプラントと義歯には、特徴に大きな違いがあります。

まず、施術にかかる費用が義歯の方がインプラントよりも安いです。

義歯の多くが保険適用で施術ができること、インプラントよりも安価な材料を使用していることが理由です。

インプラントと義歯の施術の違いが、費用に反映されています。

また、以下のような違いも挙げられます。

装着方法の違い

義歯が歯茎の上に着脱可能な人工歯を装着するのに対し、インプラントは顎の骨に人工歯を埋め込みます。

インプラントの方が大がかりな施術になるため、義歯に比べて費用が高くなるのです。

義歯は取り外しが簡単ですが、継続して使用しているうちに外れやすくなることがあります。

インプラントは一度埋め込むと外すのが難しいですが、安定感があり、装着時の違和感が少ないです。

見た目の違い

義歯はプラスチックなどの安価な材料で作られていることが多く、不自然さはどうしても隠し切れないでしょう。

金属のバネを使用するタイプの義歯では、金属部分が人目につきやすく、義歯であることがバレやすいです。

インプラントはセラミックでできた人工歯を使用しているため、費用は高くなりますが、自然な印象になります。

周りの歯と馴染みやすく、人に会ってもインプラントだとバレにくいです。

噛む力の違い

噛む力の比較では、インプラントの方が優れています。

インプラントでは、自分の歯と同じくらいの力で噛めるようになるのです。

義歯は噛む力が弱く、もとの力の3割程度しか出ないと言われています。

インプラントに比べて装着時に違和感があり、噛んだ時に痛みを生じることもあるでしょう。

義歯にはいくつかの種類があります


歯の施術には多くの種類があり、義歯だけでも何種類もの方法が存在しています。

基本的に義歯は保険適用となりますが、高価な材料を使った義歯では自由診療となることがあるのです。

保険適応になる義歯とならない義歯について見ていきましょう。

保険適用の義歯

保険適用となる義歯は、材質や構造などが保険制度によって決められています。

義歯に使われるプラスチックは安価であり、費用の負担は少なくて済みますが、破損しやすいという注意点があるのです。

破損を防ぐために金属を埋め込んで補強できますが、金具が目立ちやすいという新たな問題が出てきます。

自由診療の義歯

自由診療の義歯は材質や構造などを見直し、保険適用の義歯がもつデメリットの改善を目指したものです。

金具を使わない「エステティックデンジャー」は、従来の義歯よりも審美性が高く、義歯を使用していることがバレにくいです。

ただし、金具を使わないことで経年劣化が起こる可能性もあり、耐久性でインプラントに劣ると言います。

耐久性と審美性を重視するのであればインプラントを検討しましょう

数ある歯の施術の中で、最も耐久性と審美性に優れているのは、インプラントだと言えます。

義歯は費用が安いこともあり、初めて歯の施術をする方にとってはハードルが低いという面があります。

しかし、劣化する可能性があるため、長い目で見れば耐久性の高いインプラントの方が経済的と言えるでしょう。

また審美性においても、インプラントと義歯には大きな違いがあります。

特に保険適用の義歯は見た目の不自然さが気になりますが、インプラントでは天然の歯と変わりない仕上がりになるでしょう。

インプラントの耐久性と審美性を保つには、日頃のケアが欠かせません。

歯磨きの仕方や食生活、食いしばりのクセなどを改善するだけで、インプラントが長持ちしやすくなります。

施術後のケアも含めて、信頼できるクリニックにインプラントの相談をしてみましょう。

(まとめ)インプラントと義歯の違いとは?

1.インプラントと義歯の大きな違いは見た目の美しさです

インプラントと義歯にはいくつもの違いがありますが、最も大きな違いは見た目の美しさです。

天然の歯に近いインプラントに比べて、義歯は人工的な印象がどうしても強くなります。

義歯の方が費用が安いですが、インプラントの方が技術の高い施術です。

2.インプラントと義歯は素材や装着法などの違いがあります

インプラントと義歯は、かかる費用に差がありますが、特徴の違いが価格差に影響しています。

義歯の方が安価ですが、インプラントよりも噛む力が弱く、見た目の印象が不自然になりがちです。

インプラントは噛む力が強く、自然な印象になるのでバレにくいです。

3.義歯にはいくつかの種類があります

保険適用の義歯は治療費が安く済みますが、義歯が劣化しやすいというデメリットがあるのです。

自由診療の義歯は、プラスチック製の義歯より優れた点が多いですが、耐久性と審美性でインプラントには及ばないと言います。

4.耐久性と審美性を重視するのであればインプラントを検討しましょう

耐久性と審美性を重視したいのであれば、義歯よりもインプラントがおすすめです。

保険適用の義歯は費用が安いというメリットがありますが、劣化しやすく、長い目で見れば経済的とは言えません。

36
Return Top