湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

インプラントとブリッジではどちらの割合が多い?

インプラントとブリッジ、どちらの割合が多いかはっきりとしていません


インプラントとブリッジは比較されることのある施術ですが、どちらの割合が多いのか、はっきりしていません。

お客様の症状によって適切な施術が変わってくるため、施術内容は人気の高さで選ぶより、自分に合っているかどうかで判断しましょう。

自分に合った施術を受けるためには、信頼できるクリニックを選ばなくてはいけません。

コンビニエンスストアよりも歯科クリニックの数が多いと言われていますが、それゆえに慎重に見極める目が必要になります。

インプラントとブリッジにはかかる費用と時間に違いがあります

歯の施術を受けようと考えた時に、どのような施術が良いのかと悩むことがあると思います。

かかる費用や時間に違いがあるのか、知りたいけれど知識がないという方も多いでしょう。

インプラントとブリッジ、それぞれの違いについて理解するのは、施術を受ける前の心構えとして大切です。

審美歯科のクリニックでは、安全性の高い施術を数多く取り扱っています。

一人で悩むよりも、まずは専門医のカウンセリングを受けて、自分に合った施術について考えてみましょう。

施術にかかる費用

インプラントは自由診療となるため、保険適用の施術と比較すると費用が高くなる傾向があります。

ブリッジは保険適用で施術が受けられることもありますが、保険適用の場合は施術に使用できる材料に制限が出てきます。

歯の耐久性や審美性を重視したいのであれば、自由診療のブリッジを検討しましょう。

ブリッジを自由診療にした場合も、インプラントの方が高額になります。

施術にかかる時間

インプラントもブリッジも高度な技術を用いて施術を行うため、施術が完了するまで時間を要します。

個人差はありますが、インプラントでは歯肉を切開して、埋め込んだ土台と骨を結合させる時間が必要なため、半年から1年ほどかかることがあります。

一方ブリッジの場合は歯を削って人工歯を装着するだけなので、1~3ヶ月程度だと言われています。

インプラントとブリッジには、それぞれメリットとデメリットがあります


歯の施術に限らず、人の身体に施す施術にはメリットもデメリットも存在します。

ただし、施術を行うクリニックでは、メリットを最大限に引き出す努力を重ねています。

インプラントとブリッジのメリットとデメリットを理解し、実際に施術を受ける際の判断材料にしましょう。

インプラントのメリット・デメリット

まずインプラントについて見ていきましょう。

  • インプラントのメリット
    インプラントのメリットは、天然の歯に限りなく近い審美性と、噛み心地の良さにあります。

    ブリッジのように歯を削る必要がないため、他の歯に負担をかける心配がありません。

  • インプラントのデメリット
    歯肉を切開する必要があるため、外科的要素が強い施術になります。

    専門医の施術が必須なので、施術が受けられるクリニックが限られているのです。

ブリッジのメリット・デメリット

次にデメリットについて見ていきます。

  • ブリッジのメリット
    ブリッジのメリットは、セラミックなどの素材を選ぶと、審美性を高められる点にあります。

    固定式なので咀嚼した時の感覚も違和感がなく、食事がスムーズに進むでしょう。

  • ブリッジのデメリット
    患部の両隣の歯を削るため、健康な歯に負担をかける恐れがあります。

    噛む時の違和感は少ないですが、インプラントと比べると劣ると言います。

インプラントもブリッジも施術後のメンテナンスをしっかりしましょう

インプラントもブリッジも、施術が完了したらそれで終わりというわけではありません。

むしろ、施術が終わってからが肝心です。

インプラントやブリッジに不具合が起きてしまうのは、メンテナンスを怠ったことが原因です。

自分本来の歯ではなくても、正しいケアをしなければ歯周病や歯槽膿漏などのリスクが高まります。

メンテナンスの基本は、毎日の歯磨きです。

歯ブラシだけでは掃除が行き届かないことがあるので、歯間ブラシやデンタルフロスも活用しましょう。

正しい歯ブラシの使い方については、医師に確認してください。

歯磨き粉は、研磨剤不使用のものがおすすめです。

研磨剤が施術した歯を傷つける恐れがあるからです。

定期的にクリニックを受診して、歯のクリーニングも行いましょう。

(まとめ)インプラントとブリッジではどちらの割合が多い?

1.インプラントとブリッジ、どちらの割合が多いかはっきりとしていません

いくつか種類のある歯の施術の中でも、インプラントとブリッジの割合のどちらが多いかはっきりしていません。

歯の施術は割合の高さで選ぶよりも、自分に合った施術を受けることが大切になります。

2.インプラントとブリッジにはかかる費用と時間に違いがあります

インプラントとブリッジには、施術にかかる費用と時間に違いが見られます。

比較すると費用も時間もブリッジ割合の方が、お客様の負担が少ないです。

インプラントの方が高度な施術になるため、さまざまな面を考慮して、自分に合った施術を受けましょう。

3.インプラントとブリッジには、それぞれメリットとデメリットがあります

歯の施術に限らず、人の身体に施す施術にはメリットとデメリットが存在します。

インプラントとブリッジのメリットとデメリットを理解した上で、施術に臨むことが大切です。

4.インプラントもブリッジも施術後のメンテナンスをしっかりしましょう

インプラントもブリッジも、施術が終わってからの対応が重要になります。

正しいブラッシング方法については、医師に確認すると安心です。

毎日の歯磨きを基本とし、定期的にクリニックで検診を受けるようにしましょう。

40
Return Top