湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

インプラントが割れるって本当?

インプラントそのものが割れる心配はまずありません


インプラントが割れるという話を聞くことがありますが、インプラントが割れる心配はほぼないと考えて良いです。

正確な表現をするとインプラントは歯根に埋め込む部品にあたり、金属で作られています。

金属製であるため、何かの衝撃で割れる可能性は非常に低いと言えるでしょう。

インプラントが割れると言われるのは、一番上に被せる人工歯が劣化して割れることがあるからだと考えられます。

丈夫さが特徴のインプラントですが、保証期間が過ぎると経年劣化などによって、割れる可能性があるのです。

クリニックでの定期的なメンテナンスが、インプラントの寿命を延ばします。

インプラントの施術を受けるためにはインプラントの構造を理解しましょう

インプラントというと、「上部構造」と呼ばれる人工歯を思い浮かべる方が多いですが、正しくは「インプラント体」という部品を指します。

このインプラント体は顎の骨に埋め込まれる部品で、チタンなどの金属で作られているため、割れる可能性はほとんどありません。

では、インプラントを構成しているパーツを詳しく説明していきます。

インプラント体(歯根部)

直径3~5mm、長さ6~18mmほどの部品で、顎の骨との結合部分です。

チタン製であるため、金属アレルギーが心配な方でも安心して使用できます。

インプラントの施術を行う際は、最初にインプラント体を顎の骨に埋め込みます。

アバットメント(支台部)

インプラント体の上で人工歯を支えるための土台になる部分です。

アバットメントによって、インプラント体と人工歯が連結されます。

材質はチタン製やセラミックが主流になり、インプラント体と同じメーカーのものを使用します。

インプラントには、ワンピース構造とツーピース構造があります。

ワンピース構造はインプラント体とアバットメントが一体になっており、ツーピース構造より価格が抑えられています。

人工歯(上部構造)

一般的にインプラントと呼ばれている部分になりますが、正しくは人工歯、または上部構造という名称です。

合金で作られているものもありますが、美しさと耐久性を兼ね備えたセラミック製がおすすめです。

人工歯はネジやセメントで、アバットメントの上に固定します。

どちらの方法で固定しても取り外し可能なため、修理やメンテナンスを行うことができます。

インプラントをする際は信頼できるクリニックを選びましょう


インプラントの施術は非常に高度な技術を要するため、クリニック選びが重要なポイントになります。

クリニックを選ぶ際は次の点を重視して、信頼が出来るクリニックでインプラントの施術を受けましょう。

きちんとしたカウンセリングを実施している

インプラントに限らず、歯の施術はお客様1人ひとりの要望を聞き、お客様に合わせた施術を行うのが基本です。

カウンセリングのための時間が用意されているかどうかが、クリニックを見極めるポイントのひとつになります。

設備が充実している

技術力を求められるインプラントの施術を行うには、充実した設備が不可欠になります。

CTの設備を整えているクリニックであれば、技術的に安心して施術を受けることが可能と言えるのです。

診断が的確である

CTによって正確なシミュレーションができ、正確な診断が行えるかどうかは重要です。

外科的要素が強いインプラントでは、適切な判断と処置が医師に求められています。

定期的なメンテナンスがインプラントを長持ちさせます

インプラントではほとんどの場合、保証期間が設けられています。

保証期間はインプラントのメーカーや材質によって、年数が異なってきます。

インプラントを少しでも長く使い続けていくには、定期的なメンテナンスが必要です。

メンテナンスを怠ると、保証期間が来る前に人工歯が割れるなど劣化する恐れがあります。

普段の歯磨きだけでは、歯の汚れの50%しか落とせないという調査データがあるのです。

毎日の歯磨きは基本になりますが、落とし切れない汚れがどうしても発生します。

数ヶ月に一度はクリニックに足を運び、歯石のクリーニングなどをしてもらいましょう。

こまめなケアが、インプラントを長く大切に使うコツになります。

(まとめ)インプラントが割れるって本当?

1.インプラントそのものが割れる心配はまずありません

インプラントは正確に言うと、歯根部に埋め込まれる金属製の部品になるため、割れる心配はないと考えられます。

一番上の人工歯には保証期間があり、期間を過ぎると経年劣化によって割れる可能性があるのです。

2.インプラントの施術を受けるためにはインプラントの構造を理解しましょう

インプラントの施術を考えているのであれば、インプラントの構造を理解しておきましょう。

基本的にインプラントは、インプラント体、アバットメント、人工歯に分かれています。

インプラント体とアバットメントが一体になった、ワンピース構造もあります。

3.インプラントをする際は信頼できるクリニックを選びましょう

インプラントは数ある歯の施術の中でも外科的要素が強いため、設備が整ったクリニックを選びましょう。

CTなどの充実した設備が適切な判断を生み、安全性の高い施術に繋がります。

4.定期的なメンテナンスがインプラントを長持ちさせます

インプラントのメンテナンスを怠ると、保証期間が終了する前に人工歯が割れるなど劣化しやすくなります。

歯磨きだけではなく、定期的にクリニックに通ってクリーニングをしてもらいましょう。

54
Return Top