湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

高血圧でもインプラントはできる?

高血圧でも薬で血圧をコントロールできていればインプラントは可能です


高血圧でも薬できちんと血圧をコントロールできていれば、インプラントの施術を受けることができます。

インプラントの施術は全身の健康に関わってくるため、高血圧の方は事前に医師に申告する必要があります。

血圧が高い状態でインプラントをすると、施術後に気分が悪くなってしまう恐れがあるからです。

施術の緊張で普段よりも血圧が高くなってしまい、施術後の安心感から急に血圧が下がって、めまいやふらつきなどを感じる方もいます。

高血圧を自覚している方は医師に相談をして、万全の体制でインプラントの施術を受けましょう。

麻酔に含まれる血管収縮薬が高血圧に影響する可能性があります

高血圧の方がインプラントをする時に、医師に申告した方が良いと言われるのは、日本で使われる麻酔の多くに血管収縮薬が含まれているからです。

血管収縮薬には麻酔の効果と安全性を高めて、持続時間を長くするという目的があります。

麻酔にはアドレナリンが含まれていますが、高血圧の方に使用すると血圧が上がってしまうことがあります。

高血圧の方が使用しても、副作用が起こりづらい麻酔が増えているため、リスク自体はそれほど高くないと考えられています。

もともとインプラントなど、歯の施術に使用される麻酔には、血管収縮薬はあまり多く含まれていません。

しかし、高血圧がある方は、副作用の可能性を少しでも抑えるために、事前に医師に伝えるようにしましょう。

施術の痛みを緩和するために、麻酔にはさまざまな種類が用意されています。

部分的に麻酔をかける局所麻酔が主流になり、一時的に感覚を麻痺させて痛みが出るのを防ぎます。

浸潤麻酔法

細い針を歯茎に刺して、麻酔を注射する方法です。

以前と比べて細い針が使われるようになり、痛みが出にくいよう配慮されています。

伝達麻酔法

下の奥歯などの麻酔が効きにくい場所には、浸潤麻酔法伝と併用して伝達麻酔法で麻酔をすることがあります。

広範囲に麻酔の効果が持続しやすいのが特徴です。

表面麻酔法

麻酔薬を歯茎の表面に塗って、感覚を麻痺させる方法です。

歯のクリーニングなど、大がかりにならない施術の時に使用されることがあります。

高血圧は血管の壁へかかる血液からの圧力が強い状態です


高血圧とは、血液による血管の壁への圧力が高くなっている状態を指します。

心臓から大動脈へ血液が送られた時にかかる圧力のことを、血圧と呼んでいます。

血圧は自律神経の交感神経の働きによって、上昇するのです。

ストレスなどが原因で、血圧を下げる副交感神経が働かず、血圧が高い状態が慢性化したものが高血圧になります。

高血圧は「サイレントキラー」とも呼ばれており、重大な疾患を招く恐れがあるのです。

血圧をあげてしまう原因には以下のようなことが挙げられます。

ストレス

ストレスは万病のもとだと言えますが、高血圧の原因になることでも知られています。

日常生活において、ストレスを抱える要素は誰もが持っているものです。

趣味を楽しむなど、ライフスタイルに合わせて、ストレスを解消しましょう。

喫煙

タバコを吸うと末梢血管が収縮し、血圧が上がりやすくなります。

歯の審美性から考えても、タバコは控えた方が良いでしょう。

また、タバコの有害物質は、狭心症や心筋梗塞の原因になると言われています。

高血圧改善のために食事内容を見直しましょう

高血圧の改善には、食事内容の見直しが不可欠だと言われています。

塩分やカロリーが高過ぎる食事が、高血圧を招いていると考えられています。

日々の食事を見直して、高血圧を悪化させないように努めましょう。

塩分を抑える

1日あたりの塩分摂取量は、6g以下が望ましいとされています。

自宅で調理する場合は塩、しょうゆ、みそなどの使用量に注意し、薄味を心がけましょう。

カロリーを抑える

油や糖分が多い料理をなるべく避け、肉よりも野菜中心のメニューにしましょう。

どうしても肉が食べたい時は、ササミやヒレがおすすめです。

高血圧でもインプラントはできますが、麻酔のリスクがゼロになるわけではありません。

インプラントは定期的なメンテナンスが必要になり、麻酔を再び使う可能性もあります。

高血圧の自覚がある方は、悪化させないよう気をつけましょう。

(まとめ)高血圧でもインプラントはできる?

1.高血圧でも薬で血圧をコントロールできていればインプラントは可能です

高血圧であっても、薬で血圧をコントロールできていれば、インプラントの施術を受けられます。

施術の緊張感から術後にめまいなどを起こす恐れがあるため、高血圧を自覚している方は事前に医師に申告しましょう。

2.麻酔に含まれる血管収縮薬が高血圧に影響する可能性があります

高血圧の方がインプラントをする時に、医師に申告した方が良いと言われるのは、多くの麻酔に血管収縮薬が含まれているからです。

血管収縮薬は高血圧の方が使用すると、血圧の上昇を招くことがあります。

3.高血圧は血管の壁へかかる血液からの圧力が強い状態です

高血圧とは、血液からかかる血管の壁への圧力が高くなっている状態のことです。

ストレスなどによる自律神経の乱れが原因で、高血圧になると考えられています。

タバコに含まれる有害物質も、高血圧を引き起こすとされています。

4.高血圧改善のために食事内容を見直しましょう

高血圧を改善するには食事内容を見直し、塩分とカロリーの摂り過ぎに気をつけましょう。

インプラントの施術やメンテナンスのためにも、高血圧を悪化させない努力が大切です。

51
Return Top