湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

インプラントのぐらつきは治るの?

インプラントのぐらつきは審美歯科などのクリニックで治るので早めに受診しましょう


インプラントのぐらつきは、美容歯科などの専門のクリニックで治せますので、ぐらつきを感じたら早めに受診しましょう。

歯の状態は全身の健康状態に関わってくるため、放置しないで速やかに対処することが大切です。
インプラントのぐらつきが起こる原因はいくつか考えられますが、施術した医師の技量不足が引き金になることがあります。

はじめて施術を受ける時に信頼のおける医師を見極められれば、インプラントが後々になってぐらつきを起こす可能性は低くなります。
インプラントは、確かな技術を持ったクリニックで受けましょう。

インプラントの施術はインプラント周囲炎に詳しい医師にお願いしましょう

インプラントのぐらつきが起こってしまう原因で多いのは、インプラント周囲炎という歯周病に似た疾患です。

施術をした医師がインプラント周囲炎についての知識に乏しい場合、後になってインプラントにぐらつきが発生することがあります。
インプラントを長く大切に使い続けていくためには、インプラント周囲炎について正しい知識を持った医師から施術を受けましょう。
インプラントは顎の骨に施術を行うため、失った歯を補う施術としてはかなり高度な技術と知識を要します。

「第二の永久歯」とも呼ばれるように、患者さんによっては非常に長い間使い続けることも可能です。
インプラントが持つメリットを最大限に生かすためにも、信頼性の高いクリニックを選びましょう。

他のクリニックで施術したインプラントにぐらつきが発生している場合も、速やかな受診を心がけましょう。
インプラントは少しでもぐらつきがあると、すぐに撤去して再度施術をしなければなりません。

施術を先延ばしにしていても、症状が改善することはありません。
歯や歯茎の不具合は、放置すればするだけ悪化する可能性が高くなり、治るものも治らなくなります。

受診の際には、ぐらつきが発生した時期を医師に伝え、日常生活を送る上での注意点などを聞いておくとよいでしょう。

顎の骨の状態によってはインプラント以外の施術を行う場合があります


インプラントの施術は他の歯の施術と異なり、歯茎を切り開いて顎の骨に直接施術をする必要があります。

そのため患者さんの顎骨の状態によっては、インプラントにぐらつきがあっても再度インプラントを入れるのが難しい場合があります。
インプラントの再施術が難しいと診断される可能性があるのは、インプラント周囲炎などが原因で顎の骨が残っていないケースです。

顎の骨に問題が見つかっても、インプラントの代わりにブリッジで失った歯を補うことは可能です。
インプラントをした箇所の両隣の歯が残っているのであれば、ブリッジでの施術を検討するとよいでしょう。

ブリッジでは、失った歯の両隣の歯に被せ物をして施術を行います。
施術にあたって両隣の歯を削る必要があるため、不安な点があれば医師に確認しましょう。
ブリッジでの施術もインプラントと同様に、天然の歯に近い美しい仕上がりになります。

歯を失う原因の1位が歯周病だと言われています

日本人が歯を失う原因でもっとも多いのが、歯周病だと言われています。

35歳の時点でおよそ8割以上の人が、歯周病にかかっているという調査結果があり、誰もが歯周病になる可能性があると示しています。
歯周病は突然発症するものではなく、若いうちに感染して年齢とともに少しずつ症状が進行していきます。

インプラント周囲炎は、インプラントの患者さんがかかる歯周病です。
インプラントそのものはチタンやセラミックで作られているため、虫歯になることはありません。
しかし歯茎が歯周病菌に感染すると、インプラントをしていても歯周病を発症してしまうことがあるのです。

インプラント周囲炎は、ブラッシングで落とし切れなかった食べ物のカスがプラークを発生させて起こります。
歯周病菌が徐々に歯茎を退化させて、インプラントにぐらつきが出るようになります。
インプラントのぐらつきを防ぐには、日頃からメンテナンスを徹底しましょう。

(まとめ)インプラントのぐらつきは治るの?

1.インプラントのぐらつきは審美歯科などのクリニックで治るので早めに受診しましょう

インプラントのぐらつきは、審美歯科などの専門性の高いクリニックで治すことが可能です。

ぐらつきに気づいた時点で、なるべく早く受診するようにしましょう。
技術力が高い医師に施術をお願いするのが、インプラントのぐらつきを防ぐことになります。

2.インプラントの施術はインプラント周囲炎に詳しい医師にお願いしましょう

インプラント周囲炎は、インプラントのぐらつきを発生させる原因だと言われています。

施術した医師にインプラント周囲炎の知識が不足している場合、後になってぐらつきが起きることがあります。
インプラントの施術は信頼できる医師から受けましょう。

3.顎の骨の状態によってはインプラント以外の施術を行う場合があります

顎の骨の状態によっては、インプラントでの施術が難しいケースがあります。

インプラントの代わりにブリッジによる施術で、失った歯を補うことが可能です。
ブリッジとインプラントの両方を取り扱うクリニックを受診しましょう。

4.歯を失う原因の1位が歯周病だと言われています

歯周病は、日本人が歯を失う原因でもっとも多いと言われています。

インプラント周囲炎は、インプラントをしている患者さんが発症する歯周病です。
症状が悪化すると歯茎が退縮し、インプラントのぐらつきを招きます。

194
Return Top