湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

インプラントをするときのスケジュールとは?

インプラントの施術スケジュールには3ヶ月以上の期間がかかるといわれています


インプラントの施術にかかる期間は平均で3~10ヶ月の期間がかかるといわれています。

インプラントをする前には歯や歯茎、顎の骨の状態を確認するために、レントゲン撮影やCTスキャンなどを行います。
現在の口腔の状態がわかったら、インプラントをする場合の種類や通院期間、施術の計画などを最初に立ててからその計画に沿ったスケジュールで施術が行われます。

インプラントの施術時には何回か通院する必要があります

最初に施術のスケジュールが決定したら、そのスケジュールに沿って施術が行われます。

インプラントの施術にはインプラントの土台を埋め込む施術、人工歯を装着する施術があり、施術後にはメンテナンスも必要になります。
インプラントの土台を埋める時には、麻酔を行ってから歯茎を切開しインプラントを埋め込む位置の骨に穴を開けます。

インプラントを埋め込んだ後には歯茎を縫合して2~6ヶ月そのままにして通常の生活を送り、上顎は約6ヶ月、下顎は約3ヶ月その状態でインプラントが骨に定着するのを待つのです。
施術後には消毒やインプラント周辺のクリーニングで月1回程度通院します。

インプラントが骨と結合して定着した後には2度目の施術を行い、歯茎を切開して埋め込んでいたインプラントの頭を出し、ヒーリングキャップを被せます。
この2度目の施術の1~6週間後にアバットメントと呼ばれる人工歯の土台の部分と完成した人工歯のセットをインプラントに装着し、噛み合わせを確認します。

2度目の施術後からインプラントが完成するまでには、歯型取り、施術などで2~3回の通院が必要です。

インプラントの施術には一回法と二回法があります


インプラントはインプラント(下部構造)とアバットメント(被せ物の土台)、人工歯(上部構造)の3つのパーツからできています。

そしてインプラントにはワンピース構造のインプラントと、ツーピース構造のインプラントがあります。
ワンピース構造のインプラントは人工歯とアバットメント、インプラントがすべて1つにくっついているタイプで、2ピース構造のインプラントは人工歯とアバットメントが接着され、インプラントから取り外すことができるようになっています。

どのインプラントを使用するか決定したら、使用するインプラントに適した施術方法を行うことになるでしょう。
ワンピース構造のインプラントの場合には施術が1回ですむ一回法を行い、2ピース構造のインプラントには施術が2回必要になる二回法を行います。

一回法は1度の施術で骨に穴を開けてインプラントから人工歯までセットする方法です。
施術期間が短くすみ経済的という特徴があります。

二回法は2回施術を行う方法で、ワンピース構造よりも施術回数が多く長い期間がかかります。
ですがアバットメントの角度などを調整することができる、上部構造だけを外せるなど、審美性が高くメンテナンスもしやすいとされているのです。

歯周病がある場合にはインプラントの施術前に改善する必要があります

進行した歯周病などのために歯を抜かなければならなくなり、インプラントを入れるという方もいるでしょう。
実際に歯を失う原因の1位と言われている歯周病にかかっている場合には、インプラントを入れる前に歯周病の改善をしなければいけないといわれています。

歯周病は歯の磨き残しなどで口の中に残っていた細菌が増殖したことが原因となって、歯茎が炎症を起こす、歯茎から出血があるなどの症状が発生する病気です。
歯周病が進行すると徐々に細菌が深部まで入り込み、歯を支えている歯槽骨まで溶かして歯がぐらぐらと動くようになります。

歯周病が改善される前にインプラントを装着すると、インプラントの周りに細菌や歯垢が溜まってインプラントを支えている骨を徐々に溶かしていくインプラント周囲炎になる可能性があります。

またメンテナンスをきちんと行うこともインプラント後の大切なスケジュールの1つです。
インプラント装着後には自分で丁寧に歯磨きなどのケアを行い、定期的な歯科検診に通うことが必要といえます。

歯周病などにかかっていない健康な状態でインプラントを入れてから、定期的に正しいメンテナンスをしっかり行うことがインプラント周囲炎の予防につながります。

(まとめ)インプラントをするときのスケジュールとは?

1.インプラントの施術スケジュールには3ヶ月以上の期間がかかるといわれています

インプラントの施術にかかる期間は3~10ヶ月といわれています。

インプラントの施術前には歯や歯茎、顎の骨の状態までCTなどの精密検査で確認してから施術の計画を立てて、計画に沿って施術を受けていきます。

2.インプラントの施術時には何回か通院する必要があります

インプラントの施術にはインプラントの土台を埋め込む施術、人工歯を装着する施術、歯型取りなどの施術があります。

1回目の施術の後にインプラントが骨に定着するまでは2~6ヶ月かかるといわれ、その間も月1回程度通院をします。

3.インプラントの施術には一回法と二回法があります

インプラントはインプラント部分とアバットメント、人工歯の3つのパーツからなります。

すべてのパーツがついたワンピース構造のタイプは一回法の施術で取りつけでき、インプラントと上部構造が取り外せるツーピース構造タイプは二回法の施術で取りつけます。

4.歯周病がある場合にはインプラントの施術前に改善する必要があります

進行した歯周病などのためにインプラントを入れることを決めた場合には、歯周病の改善を行ってからインプラントの施術を始めることになるでしょう。

またインプラントを入れた後の定期的なメンテナンスもスケジュールの1つといえます。

57
Return Top