湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

インプラントのぐらつきを治す費用はどのくらい?

インプラントのぐらつきを治す費用はクリニックよって異なります


インプラントのぐらつきを治す費用はクリニックによって設定が異なるため、金額に違いがあり一概には言えません。

クリニックが保険適用で施術を行っているのか、保険適用外の自由診療で施術を行っているのかによっても、費用は異なってきます。
基本的に保険適用で施術が受けられるクリニックは費用が安く済みますが、施術の範囲が狭くなる傾向があります。

自由診療を行うクリニックは費用が一般的なクリニックより高くなりますが、オーダーメイドのインプラントなど、納得のいく施術を受けることができます。

インプラントのぐらつきを防ぐためにも信頼できるクリニックを選びましょう

施術を受けた後にインプラントのぐらつきを感じて、施術をやり直すケースが少なくないと言います。

このような事態が起こってしまうのは、施術をする医師にインプラントの技術が不足しているケースが大半です。
費用が安いというだけでクリニックを選んでしまうと、後になってぐらつきなどが発生し、施術をやり直さなければならなくなることがあります。

インプラントは歯の問題だけでなく、全身の健康に関わります。
施術を考えているのであれば、費用の安さだけにこだわらず、技術が高くて信頼できるクリニックを選びましょう。

自由診療のクリニックは費用が高いと感じるかもしれませんが、インプラントのぐらつきが起こるリスクが低いです。
最初にきちんとした施術を受けられれば、施術をやり直す時間も費用もかからずに済みます。

信頼できるクリニックかどうかを見極めるには、次の点に留意してみましょう。

  • 費用についての丁寧な説明があり、費用が明確である
  • インプラントによる施術のメリットだけでなく、リスクについても説明がある
  • 患者さんの状態によって、インプラント以外の施術の提案ができる

良心的な説明ができ、患者さんの立場になってくれるクリニックであれば、信頼性が高いと言えます。
クリニックを選ぶ時は費用だけを重視するのではなく、クリニックの方針や医師の説明の仕方なども含めて考えてみましょう。

インプラント周囲炎もインプラントにぐらつきが生じる原因となります


インプラントのぐらつきはほかにもいくつかありますが、とくに多いのがインプラント周囲炎によるぐらつきだと言われています。

施術後のメンテナンスのやり方によってはインプラントの衛生管理が行き届かず、歯や歯茎にトラブルを起こすことがあります。
インプラント周囲炎はインプラントをした患者さんだけに発症するもので、多くの医師が警戒している症状になります。

毎日歯磨きを欠かさなくても、インプラントが細菌に感染するリスクはどの患者さんにもあります。
インプラント周囲炎を予防するには、クリニックでの定期検診やクリーニングが命綱となります。
丁寧なブラッシングを心がけていても、歯や歯茎に付着したプラークをすべて落とすのは難しいからです。

健康なインプラントであれば歯茎の腫れや出血もなく、歯周ポケットも存在しません。
しかし感染して症状が進むことによって腫れや出血が見られるようになります。
そのまま症状が悪化すると歯周ポケットが深くなり、インプラントのぐらつきが起きて、最悪の場合は抜け落ちてしまいます。

インプラント周囲炎を予防してインプラントの寿命を延ばしましょう

インプラント周囲炎は歯周病と大変よく似た疾患で、適切なメンテナンスを行わなければ誰でも発症する可能性があります。

毎日の歯磨きはメンテナンスの基本になりますが、それだけではインプラントを清潔に保つのは難しいと言えます。
インプラント周囲炎や歯周病は、歯や歯茎に残ったプラークが原因で発症します。
プラークは細菌の塊のような物質で、ブラッシングだけでは落とせない頑固な物質です。

クリニックでの定期な検診やクリーニングは、費用がかかるかもしれません。
しかし長い目で見ればインプラントの劣化を防いで長持ちさせ、施術のやり直しなどの余分な費用をかけずに済みます。

ぜひクリニックで定期的なメンテナンスをしてください。
インプラントの清潔を保って、自分の歯と同じように大切に使い続けましょう。

(まとめ)インプラントのぐらつきを治す費用はどのくらい?

1.インプラントのぐらつきを治す費用はクリニックよって異なります

インプラントのぐらつきを治す費用は、クリニックが設定する金額によって異なります。

一般的なクリニックは費用が安い分、施術の範囲が狭くなる傾向があります。
自由診療のクリニックでは費用が高くなる分、納得のいく施術を受けられるようになります。

2.インプラントのぐらつきを防ぐためにも信頼できるクリニックを選びましょう

インプラントのぐらつきは、施術する医師の技術不足のせいで起こるケースが多いと言います。

クリニックを選ぶ際は費用の安さだけを重視せず、信頼できるクリニックかどうかを見極めるようにしましょう。

3.インプラント周囲炎もインプラントにぐらつきが生じる原因となります

インプラントにぐらつきが起きる原因の中で、インプラント周囲炎の割合が多いと言われています。

歯磨きを徹底していてもプラークをすべて落とすのは難しく、残ったプラークが炎症を引き起こします。

4.インプラント周囲炎を予防してインプラントの寿命を延ばしましょう

どんなに歯磨きを徹底していても、インプラント周囲炎を完全に防ぐのは難しいです。

普段の歯磨きだけでなく、クリニックで定期的に検診とクリーニングを受けて、インプラントを長持ちさせましょう。

74
Return Top