湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

犬歯の欠損にはインプラントが向いている?

犬歯の欠損にはインプラントがおすすめです


犬歯が抜けてしまった時には、インプラントで新しい歯を補うことをおすすめします。

ブリッジでも犬歯の欠損を補うことはできますが、ブリッジは両隣の健康な歯を削る必要が出てきます。
歯を削らない施術を望むのであれば、インプラントが適しています。

犬歯が抜けている状態は人目につきやすく、見た目の印象に大きく影響します。
また歯が抜けていると噛み合わせがアンバランスになってしまうため、なるべく早めにクリニックを受診しましょう。

犬歯をインプラントにするメリットがあります

歯の施術にはさまざまな方法がありますが、インプラントにはインプラントならではの大きなメリットがあります。

インプラントは技術の高さゆえに、他の施術と比較すると費用がかかることがあります。
犬歯は人目に触れやすい箇所ですので、金額だけで判断せずインプラントについても検討してみましょう。

施術した箇所がバレにくい

インプラントは見た目が天然の歯との差異が少なく、自然で美しい印象になるのがメリットです。

オーダーメイドでインプラントを選べることもあるため、犬歯などの前歯を失った時の施術に向いています。
部分入れ歯の場合は入れ歯を引っかけるための金具が見えてしまいますが、インプラントにはそのような心配がありません。

歯を削らなくて済む

ブリッジもインプラントと同様に見た目の美しさを追究できる施術になりますが、支えを作るために歯を削る必要が出てきます。
健康な歯を削るのに抵抗がある患者さんには、歯を削らないインプラントの方が適しています。

顎の骨が痩せるリスクが低くなる

ブリッジは骨に噛む力が伝わりにくくなるため、骨が痩せてしまう可能性があります。

インプラントでは歯を失った箇所の骨に土台を直接埋め込むため、本来の歯のように噛む力が伝わりやすいです。
骨が痩せにくいので見た目の印象を損なうことなく、自然な仕上がりになります。

犬歯には大切な役割があります


犬歯の役割と聞いて、どのようなことが思い浮かぶでしょうか。

切歯(前歯)や臼歯(奥歯)の役割についてはイメージできても、犬歯についてはよくわからないという方も少なくないでしょう。
犬歯には、下顎の位置を定める大切な役割があると考えられています。

下顎の骨は頭蓋骨に固定されているのではなく、筋肉やじん帯によってぶら下がっているだけの状態です。
固定されていないために下顎の骨は常に不安定で、位置がずれてしまいやすいと言えます。

犬歯には噛み合わせを整え、下顎の位置を正常に保つという働きがあります。
上下の歯を合わせて、横にゆっくりと動かしてみましょう。
もし先に犬歯があたらず奥歯があたってしまうのであれば、噛み合わせや顎の位置になんらかの支障が起きていると考えられます。

犬歯はすべての歯の中で歯根がもっとも長く、横からの衝撃に強いという特徴があります。
奥歯を守るという役目もあるため、犬歯のトラブルは犬歯だけにとどまらずに、歯全体のトラブルになる可能性があります。

  • 虫歯
    虫歯が犬歯の歯根まで至った場合、抜歯する必要があります。
  • 歯周病
    犬歯を支える骨が溶けると、抜歯するしか方法がなくなります。

犬歯を失う原因はほかにもあります。
何か犬歯にトラブルが起きた時は、速やかに医師に診せましょう。

インプラントは安全性が高い施術です

インプラントは顎の骨に直接土台を埋め込むため、施術に不安を感じる患者さんもいらっしゃいます。

施術の際には局部麻酔が使われますので、強い痛みを感じることはほとんどありません。
どうしても恐怖心を拭えない患者さんには、他の措置が取られることもあります。
個人差はありますが、施術が終わった後の痛みについては抜糸した時と同程度と考えてください。

顎の骨に施術をするため、まったく痛みを感じないわけではないですが、患者さんの負担を考慮して施術が行われます。
インプラントはチタン製の土台を使用しますので、金属アレルギーが心配な患者さんでも安心して受けられます。

犬歯は見た目の印象だけでなく、歯全体の健康にも関わってきます。
医師と相談しながら、インプラントの施術について考えてみましょう。

(まとめ)犬歯の欠損にはインプラントが向いている?

1.犬歯の欠損にはインプラントがおすすめです

犬歯が抜けてしまった時は、歯を削らないインプラントをおすすめします。

インプラントであれば健康な歯を削る必要がなく、見た目の印象にも不自然さがありません。
犬歯の欠損は人目につきやすいため、早めに施術を受けるようにしましょう。

2.犬歯をインプラントにするメリットがあります

犬歯は前歯の一部ですので、審美性の高いインプラントの施術が向いています。

インプラントは自然な仕上がりになるためバレにくく、健康な歯を削る必要がないというメリットがあります。

3.犬歯には大切な役割があります

犬歯には歯の噛み合わせを整え、下顎の位置を正常に保つという働きがあります。

奥歯を守るという役割もあるため、犬歯に不具合が起こると他のトラブルを招く原因になります。

4.インプラントは安全性が高い施術です

インプラントは基本的に局部麻酔を使って施術するため、痛みに対する不安がある患者さんでも心配ありません。

身体になじみやすいチタン製の土台を使用しますので、金属アレルギーが心配な方にもおすすめできます。

64
Return Top