湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

インプラントは何年もつの?

インプラントが何年もつかは医師の技術やその後のケアによります


インプラントが何年もつかについては、施術をした医師の技術力と、患者さんご自身のその後のケアによって変わってきます。

インターネット上などではさまざまな説が流れていますが、インプラントは劣化しにくいチタン製であるため、それ自体がもろくなることは考えにくいです。
仮にインプラントが劣化する可能性があるとするならば、メンテナンスが行き届いていないか、インプラントを埋め込んだ顎の骨が弱くなったことが考えられます。

インプラントは取り扱う人の手によって長持ちもすれば、そうではない場合もあることを覚えておきましょう。

メンテナンス不足がインプラントの寿命を短くしてしまいます

インプラントが何年もつかについてさまざまな説があるのは、施術後のメンテナンスによってインプラントのもち具合が大きく変わってくるためです。
5~10年という意見もあれば、100年はもつという意見もあります。

できる限りインプラントを長く使い続けるには、適切なメンテナンスを継続して行う必要があります。
インプラントの不具合が起きる原因を探ってみると、施術後のお手入れが不足していたというケースが多くあります。

歯磨きが行き届いていない

インプラントの歯磨きは、一般的な歯ブラシを使うと歯や歯茎の隙間の汚れが落とし切れないことがあります。

歯に付着したプラークは歯周病菌を繁殖させ、インプラント周囲炎を招きます。
インプラント周囲炎はインプラント特有の歯周病で、インプラントを支える歯茎が歯周病菌に侵されます。

症状が悪化するとインプラントが抜け落ちてしまうこともあり、これがインプラントが何年ももたない原因になっています。

歯の噛み合わせが悪い

歯の噛み合わせが悪いことに気づかず、そのままインプラントを使用し続けると、インプラントが破損することがあります。

物を噛んだ時の圧力が分散されず、人工の歯や土台部分に負担がかかることが原因です。
歯磨きの不足も噛み合わせの悪さも、定期的な検診を受ければ事前に予防・改善できるものばかりです。
インプラントをこの先何年も使い続けるためにも、施術後もきちんとクリニックでメンテナンスし、自己管理をしていきましょう。

インプラントを何年も使い続けるために適切な歯磨きを行いましょう


インプラントを何年も使い続けていくためには、適切なメンテナンスを続ける姿勢が求められます。

どのような管理をするべきかを把握し、日々のケアを怠らないようにしましょう。
普通の歯と同じようにインプラントを磨いても、すべての汚れを取り除くのは難しいです。
インプラントを清潔に保つには、まず歯ブラシ選びが重要になります。

インプラントの歯磨きには、毛先が柔らかいタイプを選びましょう。
ヘッドが小さめの方が小回りが利き、歯や歯茎を傷つける心配が少なくなります。
自分に合ったサイズがわからない時は医師に確認して、適切なサイズの歯ブラシを使いましょう。

歯間ブラシもインプラントの歯磨きには必需品です。
使い方を誤ると歯茎を傷つける恐れがあるため、挿入する角度には注意を払いましょう。
歯磨き粉は研磨剤不使用のものを選ぶと、インプラントを傷つけずに済みます。

インプラントの施術は信頼のできるクリニックで受けましょう

インプラントを少しでも長く使い続けるには、信頼できるクリニックで施術を受けることが肝心です。
施術後にいくらメンテナンスを徹底しても、もとのインプラントに不具合があったのでは何年も使い続けるのは困難です。

クリニックを選ぶ際には、次に挙げる項目を参考にしてみてください。

  • 設備が充実している
  • クリニック内が清潔である
  • 費用やスケジュールについての丁寧な説明がある
  • インプラントだけでなく、トータル的に口内の状態を診察する

インプラントは、本来の歯と同じようにケアを続けていく必要があります。
「第二の永久歯」と呼ばれるように、正しいメンテナンスを行えば何年も使い続けられます。
自分の歯と同じように、大切にケアしていきましょう。

(まとめ)インプラントは何年もつの?

1.インプラントが何年もつかは医師の技術やその後のケアによります

インプラントが何年もつかについては諸説ありますが、インプラントを施術した医師の技術力や、患者さん自身のメンテナンスによって変わってきます。

加齢などにより顎の骨が弱くなって、施術したインプラントが使えなくなるケースもあります。

2.メンテナンス不足がインプラントの寿命を短くしてしまいます

インプラントが何年もつのかについては、施術後に適切なメンテナンスしたかどうかにかかっています。

行き届かない歯磨きや定期的な検診の不足が、インプラントの寿命を縮める原因になります。
施術後も定期検診を怠らず、正しい歯磨きを身につけましょう。

3.インプラントを何年も使い続けるために適切な歯磨きを行いましょう

インプラントを何年も使い続けるためには、適切な歯磨きが基本となります。

柔らかめの歯ブラシと研磨剤不使用の歯磨き粉を使用し、やさしくブラッシングしてください。
歯間ブラシも使用して、磨き残しをなくしましょう。

4.インプラントの施術は信頼のできるクリニックで受けましょう

インプラントを何年も使うためには、信頼できるクリニックに施術をお願いするようにしましょう。

医師の技術力の高さも、インプラントの寿命に大きく関わってきます。
自分の歯と同じように、大切に取り扱いましょう。

82
Return Top