湘南美容歯科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン
湘南美容外科が運営する歯や歯科矯正の悩みに答えるwebマガジン

インプラントに隙間があるのはどうして?

インプラントで隙間ができたのは歯茎の衰えが原因になっている可能性があります


インプラントをした後に歯に隙間ができてしまったのは、なんらかの理由で歯茎が痩せたことが影響していると考えられます。

歯茎が痩せる原因でもっとも多いのが歯周病となり、年齢に関わらずどのような人でもかかる可能性があります。
またインプラントの施術の際に、医師が意図的に隙間を作っていることもあります。

食べ物が詰まらないことを前提にインプラントを設計すると、実際に詰まった時に対処しにくくなるためです。
ブラッシングしやすくする目的で隙間があいている可能性もありますが、気になるようであれば医師に相談しましょう。

歯周病は「沈黙の病気」と呼ばれています

歯周病は症状が進んでいても気づきにくいことから、「沈黙の病気(サイレント・ディジーズ)」と呼ばれることがあります。

気づいた時にはすでに症状が悪化していることも少なくなく、歯を失う原因の中でもっとも多いのが歯周病だと言われています。

歯周病は、口内に潜む歯周病菌によって起こる感染症です。
多かれ少なかれ、誰もが歯周病菌を持っていると言われています。
普段から適切なケアを行わなければ、歯周病菌が増殖しやすい環境を作ってしまい、知らない間に歯周病を発症してしまいます。

歯周病は、プラーク(バイオフィルム)が原因となって起こることが判明しています。
プラークは白や黄白色をした粘着性のある物質で、歯の表面に強力にこびりついています。
多くの雑菌と産生物から作られているため、軽いブラッシング程度では落としにくいという特徴があります。

歯周病は歯と歯茎の健康を脅かすだけでなく、全身の病気を引き起こす可能性が指摘されています。
口の中はもともと雑菌や微生物が繁殖しやすく、歯茎は身体の中でもとくに敏感な部位です。

血液の流れに乗って歯周病菌が全身に運ばれ、以下のような全身疾患を引き起こすと言われています。

  • 動脈硬化
  • 呼吸器疾患
  • 糖尿病の悪化
  • 早産、または低体重児出産

歯周病のリスクは誰にでもあるため、日頃からのケアが重要になってきます。

歯茎が痩せるのを予防する方法があります


歯茎は口内環境や年齢とともに少しずつ痩せてきますが、歯茎が痩せるのを防ぐ方法があります。

まずは歯茎を傷つけない、やさしいブラッシングをすること、もうひとつは口の中を乾燥させないことです。

マッサージするようにブラッシングをする

歯や歯茎の汚れを落としたい一心で力強くブラッシングをする方がいますが、これは歯や歯茎にとっては逆効果です。

力が強すぎるブラッシングは歯茎を傷つけ、歯茎が痩せる原因になることがあります。
力を入れなくても、歯や歯茎の隙間に詰まった食べ物のカスなどは落とせます。

やさしい力で小刻みに歯ブラシを動かしてブラッシングすると、隙間に詰まった汚れを落とせ、歯茎のマッサージにもなります。

歯茎の質は人によって異なるため、ちょうどよい力加減も違いが出てきます。
医師に適切なブラッシングの方法を教えてもらうのが、歯周病の予防に効果的です。

口内の潤いを保つ

唾液の量が不足すると雑菌が繁殖し、歯周病が起こりやすくなります。
無糖やキシリトールが入ったガムを噛むと唾液の量が増えて、雑菌の繁殖を抑えると言われています。

インプラントの施術は信頼できるクリニックで受けましょう

そもそもインプラントの上部構造(人工の歯)が合っていないと、隙間が発生する原因になります。

サイズに誤差があれば隙間が生まれ、食事の度に食べ物が詰まりやすくなるのは当然だと言えます。
こうした事態を防ぐためにも、インプラントの施術は信頼できるクリニックにお願いしましょう。

歯の美しさはその人の見た目の印象を左右するだけでなく、健康状態や感情にも大きく影響を与えます。
インプラントの施術を受ける際には、技術の確かなクリニックを選ぶようにしましょう。

食事や会話がしづらい、歯を見せて笑うことができないといった悩みは、大きなストレスになりやすいです。
インプラントにすれば日常生活で不便を感じることもなく、自分に自信が持てるようになるでしょう。

(まとめ)インプラントに隙間があるのはどうして?

1.インプラントで隙間ができたのは歯茎の衰えが原因になっている可能性があります

インプラントで歯と歯茎の間に隙間ができてしまうのは、歯周病によって歯茎が痩せた可能性があります。

ブラッシングしやすくする目的であえて隙間を空けていることもあるため、気になるようであれば医師に尋ねてみましょう。

2.歯周病は「沈黙の病気」と呼ばれています

歯周病は症状に気づきにくく、歯を失う原因の多くが歯周病だと言われています。

適切なブラッシングがされないとプラークがたまって歯に付着し、歯周病を発症しやすくなります。
歯周病は動脈硬化や呼吸器疾患など、全身の病気を引き起こすことがあります。

3.歯茎が痩せるのを予防する方法があります

ブラッシングの際に力を入れすぎると歯茎を傷つけ、歯茎が痩せる原因になります。

医師に正しいブラッシングの方法を尋ねて、自分に合ったブラッシングを実践しましょう。
また唾液の量を保つには、無糖やキシリトール入りのガムがよいと言われています。

4.インプラントの施術は信頼できるクリニックで受けましょう

インプラントは見た目の印象だけでなく、心身の健康にも影響するため、ライフスタイルを大きく変える可能性を秘めています。

施術を考えるのであれば、信頼できるクリニックを選ぶようにしましょう。

69
Return Top